「税金」カテゴリの記事:75件

消費税や地方法人税、固定資産税など、経理担当者が把握しておくべき税金に関する情報をご紹介しています。また、課税対象になる場合とならない場合の違いや、税率や売り上げの計算方法、それぞれの申告先や赤字だった場合の対処法についてなど、さまざまな情報をお届けします。また、複雑化する経理業務を効率化するための経費精算システムもご提案しています。

記事一覧

収入印紙は課税取引?非課税取引? 仕訳と勘定科目の見極め方

収入印紙は課税取引?非課税取引? 仕訳と勘定科目の見極め方

収入印紙の勘定科目 収入印紙とは、文書に対して発生する「印紙税」という税金を納める手段などに使われるもの。印紙税は課税対象となる文書の作成時に、その文書に収入印紙を貼付することで納税となります。 収入印紙は郵便局や法務局などで購入できますが、その購入代金の全額を経費にすることはできません。そのため、 […]
追徴課税を受けたら 影響範囲と会計処理について

追徴課税を受けたら 影響範囲と会計処理について

あまり聴きたくない追徴課税(ついちょうかぜい)という言葉。どんなときに使われる単語で、どのように経理処理をするのでしょうか。その概要について確認をしていきます。 納税額に不足があった場合 追徴課税という言葉は、正式な税法の用語ではありません。そのため、人によって解釈が少し異なっており、以下の2つに大 […]
消費税の超基本!軽減税率導入に合わせて消費税をおさらい!

消費税の超基本!軽減税率導入に合わせて消費税をおさらい!

ついに日本でも導入された軽減税率(多段階税率)。適切に対応するためにも、まずは「消費税の基礎」について知っておく必要があります。誰が負担する税金なのか、どうやって納税額は計算されるのか、その概要について学んでいきましょう。 消費税には国税と地方税が混ざっている 消費税は国税と地方税に分けられます。一 […]
軽減税率開始で経費精算も一波乱?面倒な対応を効率化する方法とは

軽減税率開始で経費精算も一波乱?面倒な対応を効率化する方法とは

令和元年(2019年)10月1日から消費税増税に伴い軽減税率制度が導入されました。これにより経理部門の様々な業務に影響が出ていますが、その中でも毎月発生する「経費精算業務」がさらに面倒くさくなった、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 今回は、軽減税率制度を改めて確認し、経費精算業務における軽減 […]
調整対象固定資産で必要な対応とは ポイントは消費税計算にあり

調整対象固定資産で必要な対応とは ポイントは消費税計算にあり

消費税額の計算は、基本的には単年度ごとに計算が行われます。しかし、一部の設備投資については、複数年度に渡って納税額に影響を及ぼすものがあります。今回は調整対象固定資産について確認をします。   調整対象固定資産とは まず調整対象固定資産の定義について確認します。 「調整対象固定資産」とは、棚卸資産以 […]
軽減税率でいつから何がどう変わる? 基本を押さえて正しく対策

軽減税率でいつから何がどう変わる? 基本を押さえて正しく対策

1989年の消費税導入以降、日本では単一税率(すべての商品やサービスに同一税率が適用)が採用されてきました。しかし、欧州などでは軽減税率(多段階税率)の採用が一般的です。今回は日本における軽減税率制度について確認をしていきます。 軽減税率とは 軽減税率とは、低所得者対策などを理由に一定分野の商品など […]
特定支出控除で会社員も経費申告 経理に求められる対応とは?

特定支出控除で会社員も経費申告 経理に求められる対応とは?

会社員(給与所得者)でも「経費申告」ができる特定支出控除があります。これは一定の要件を満たす経費を所得税から控除できる制度であり、該当する人は積極的に利用したほうが所得税の負担が少なくなる可能性が高いため、節税として有利でしょう。しかし、制度を利用するためには、給与支払者の証明書が必要になるため、経 […]
消費税の経過措置とは 今から経理担当者ができること

消費税の経過措置とは 今から経理担当者ができること

2019年10月に消費税率が引き上げられました。それにあわせて、消費税については経過措置が設けられています。いわゆる「軽減税率」と混同されがちな本制度について、あらためて確認をしていきましょう。 消費税の経過措置とは 消費税の経過措置とは「税率変更の前後にまたがる取引についての取り扱い」をまとめたも […]
EU各国で進むデジタル課税の導入検討 その影響は?

EU各国で進むデジタル課税の導入検討 その影響は?

EUを中心にデジタル課税と呼ばれる税制の導入が検討されています。デジタル課税はどのような税制で、どういった背景からその導入が検討されるようになったのでしょうか。その仕組みについて簡単に確認するとともに、背景にあるタックスヘイブン問題、それに対応するBEPS、そして現状の行き詰まりについて解説します。
寄附金で法人税が安くなる?寄附金による損金算入と税額控除

寄附金で法人税が安くなる?寄附金による損金算入と税額控除

個人については「ふるさと納税」の名目ですっかり一般化した寄附金。法人が支出した寄附金については、どのような取扱いとなるのでしょうか。今回は「企業版ふるさと納税」と呼ばれる制度も含め、寄附金の概要を確認していきます。 交際費と寄附金の判別方法 実務においてまず課題となるのは、支出した金銭が「接待交際費 […]