「融資」カテゴリの記事:17件

記事一覧

融資は企業の原動力 賢く使いわける証書貸付・手形貸付・当座貸越

融資は企業の原動力 賢く使いわける証書貸付・手形貸付・当座貸越

借金というのは、なんとなく気が重たい言葉です。しかし、借金を有効活用することは事業経営の可能性を飛躍的に高めることでもあります。今回は「融資の活用」という観点から、その目的や融資の種類について概要を確認していきましょう。 なぜ融資は事業経営で重要なのか? 融資の効能は「時間の確保」です。例えば「新規 […]

中小企業の資金調達で抜け落ちている視点とは

中小企業の資金調達で抜け落ちている視点とは

企業が資金を調達する方法はいくつかありますが、一般的にイメージしやすい調達方法は、①外部からの出資と、②金融機関からの融資になるでしょう。出資は返済する必要がないお金であり、借入金と違って利息も担保も必要ありません。しかし、中小企業が安易に出資を受けることには注意が必要です。   出資は融 […]

企業の方向性を左右する投資キャッシュフローの活用方法

企業の方向性を左右する投資キャッシュフローの活用方法

キャッシュフロー計算書とは何か 以前「投資キャッシュフローを見るときのポイントとは?」という記事でキャッシュフロー計算書について簡単に説明しました。キャッシュフロー計算書とは会社の1年間のキャッシュ(現金や預金など)の変動を表す財務諸表のことです。 さらに資金の入出金を、営業活動、投資活動、財務活動 […]

銀行員は忙しい。金融機関への正しい「決算説明」を教えます

銀行員は忙しい。金融機関への正しい「決算説明」を教えます

中小企業において、金融機関とのお付き合いは、重要な経営課題の1つです。日本政策金融公庫の調査では、10人以上の規模の借入がある中小企業で、2018年に追加借入をした比率は54.1%。半数以上の企業が、何らかの借入を続けている状況です。昨今は金利が下がってきており、借りやすくなったとはいえ、金融機関に […]

銀行との融資交渉を優位に進めるために経理担当者が出来ること

銀行との融資交渉を優位に進めるために経理担当者が出来ること

会社運営をある程度継続していれば、設備投資や資金繰りなどで融資を受けたいという機会が訪れる可能性もあるでしょう。しかし、出来るだけ優位に融資交渉をしたいと考えていても、その具体的な方法までは把握出来ていない会社もあるかと思います。そこで今回は、経理担当者が知っておくべき金融機関の融資の種類や特徴、融 […]

制度融資の活用メリット・デメリットを知ろう

制度融資の活用メリット・デメリットを知ろう

「制度融資」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。主に、中小企業やスタートアップ企業が利用する融資制度で、自治体が主導しているものです。 自治体が経済政策支援の一環として実施する制度ですので、民間の金融機関の融資制度に比べて、様々な利点があります。今回は、この制度融資の概要と、活用するメリット・デ […]

知ってる?経営者が勘違いしがちな融資(借入金)の仕訳処理

知ってる?経営者が勘違いしがちな融資(借入金)の仕訳処理

事業を始めたり発展させたりするために用いられる融資(借入金)。今回はお金を借りたとき、返したときの経理処理について学んでいきましょう。   借入金とは負債のこと 融資を受けたときには、以下のような仕訳をします。 借金をしたことで「現預金という資産」と「借入金という負債」が増加した、という取 […]

銀行との借り入れ条件交渉を有利にすすめるために経理担当者が出来ること

銀行との借り入れ条件交渉を有利にすすめるために経理担当者が出来ること

経営を考える上で、欠かせないのが銀行との借入れ交渉。小規模事業者であれば、経営者自らが銀行に赴くことも多いです。しかし実は、借入れを有利にすすめるために、経理担当者の力が必要なことが多いのです。今回は、経理担当者が銀行交渉に向けてやるべきこと、交渉を有利にすすめるコツをご紹介します。   […]

中小企業の資金調達の王道、制度融資について

中小企業の資金調達の王道、制度融資について

中小企業が利用しやすい資金調達として「制度融資」があります。御社も利用しているのではないでしょうか。 もし、まだ利用していないということであれば、非常に使いやすい融資ですので、是非、利用をご検討されてみてはいかがでしょうか? 今回はこの制度融資について、その概要や利用対象者、保証料率などを解説いたし […]

融資担当者はここを見ている -償却・引当金編-

融資担当者はここを見ている -償却・引当金編-

融資を判断する金融機関の担当者は、決算報告書だけではなく、法人税の申告書もチェックしています。 今回は、減価償却や引当金について、どのような視点で融資担当者が申告書を見ているのかについてみていきましょう。   古典的だけど使われる減価償却での調整 利益が少ないとき、利益を多く見せたいときに […]