「財務」カテゴリの記事:59件

記事一覧

当座比率と流動比率の違いは?2つの比率による経営分析方法も紹介

当座比率と流動比率の違いは?2つの比率による経営分析方法も紹介

企業の財務を分析する指標の一つに「当座比率」があります。これは資金繰りの状況を判断するのに有効なものですが、類似する指標の「流動比率」と混同しやすいため注意しなければなりません。 そこで今回は、当座比率について詳しく解説するとともに、流動比率との違い、計算の仕方、分析の活用方法などをご紹介していきま […]

流動比率と当座比率の違い 自社分析に役立つ目安や改善方法を紹介

流動比率と当座比率の違い 自社分析に役立つ目安や改善方法を紹介

流動比率と当座比率は、どちらも短期的(1年以内)な返済能力を表す指標です。分かりやすく言えば、「1年以内に返済すべきお金を、1年以内に現金化できるお金でまかなえるか」ということです。どんな大企業でも、キャッシュが回らなければ倒産してしまいます。流動比率と当座比率が100%未満の場合、何らかの方法で現 […]

短期借入金とは?長期借入金との違いや会計処理方法を徹底解説

短期借入金とは?長期借入金との違いや会計処理方法を徹底解説

企業経営において自己資金で資金繰りができない場合、金融機関から借り入れることがあり、これを借入金と言います。借入金には短期借入金と長期借入金の2種類があり、今回の記事では短期借入金と長期借入金の違いやそれぞれのメリットなどについて解説していきます。 短期借入金とは 短期借入金とは、返済期限が1年以内 […]

ROEとは?計算方法から改善方法、ROAとの違いについても徹底解説!

ROEとは?計算方法から改善方法、ROAとの違いについても徹底解説!

「会社は株主のもの」という意識の高まりに合わせて、株主目線の指標であるROE(株主資本利益率)を重要指標としてかかげる会社が増えてきました。しかしROEについて、実際のところ正しく理解できている方は少ないかもしれません。ここではROEの計算方法、目安、改善方法、またROAとの違いなど網羅的に解説しま […]

在庫回転率とは?計算方法と在庫管理の改善方法をご紹介

在庫回転率とは?計算方法と在庫管理の改善方法をご紹介

商品の流れを把握する在庫回転率について、耳にしたことがある方も少なくないでしょう。活用すると良いとは聞いていても、なんとなく在庫数を見ながらおおよその判断で進めている方もいるかもしれません。そこで今回は、在庫回転率について詳しくご紹介するとともに、回転率の計算方法、活用の仕方や改善するときの方法など […]

仕入債務回転期間の基本 資金繰りを理解して改善する方法とは?

仕入債務回転期間の基本 資金繰りを理解して改善する方法とは?

仕入債務回転期間とは 仕入債務とは商品や材料を仕入れて、その仕入れ代金を支払う義務のことを言います。「ツケ」と言う言葉を用いるとイメージが湧きやすいかもしれません。そして仕入債務回転期間とは、商品や材料を仕入れてから支払うまでの期間を示す指標です。つまり、仕入債務が発生してから同債務が消滅するまでの […]

オフバランス化で企業価値を高められる!?効果的な活用方法とは?

オフバランス化で企業価値を高められる!?効果的な活用方法とは?

オフバランスという言葉を耳にしたことがあっても、しっかりと理解できている方は少ないのではないでしょか。資産と負債に関係するオフバランス化は、経営改善に効果的とされています。今回は、オフバランスについて詳しく解説するとともに、メリット・デメリット、オフバランス化の手法などについてもご紹介していきますの […]

貸借対照表の超基本 財務三表の関係性について徹底解説!

貸借対照表の超基本 財務三表の関係性について徹底解説!

財務諸表とは、企業の一定期間の経営成績、財政状態、キャッシュフローの状況を利害関係者に報告するための書類のことです。その中でも貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3書類は、総称して「財務三表」といわれます。この記事では、財務三表について詳しく解説していきます。 財務諸表の目的 財務諸表の […]

内部留保が企業を守る!? コロナ禍で注目される理由とは

内部留保が企業を守る!? コロナ禍で注目される理由とは

内部留保とは企業の所有する資産のうち、借入金や株主の出資ではなく自己の利益によって調達した部分を指すものです。社内留保や社内分配と表現されることもあります。 会社が上げた利益は、最終的に株主に帰属するものです。しかし、会社の利益がすべて株主に還元されるわけではありません。利益の一部は株主に配当や自社 […]