「法律」カテゴリの記事:49件

【経理ニュース速報】財務省がペーパーレス化を推進!2020年度税制改正大綱に電子帳簿保存法の緩和改正を盛り込む方針へ

【経理ニュース速報】財務省がペーパーレス化を推進!2020年度税制改正大綱に電子帳簿保存法の緩和改正を盛り込む方針へ

財務省は2020年度の税制改正大綱に企業の税務手続きに関して、ペーパーレス化(電子化)を推進するための改正方針を盛り込むことを発表しました。 税制は普及するクラウド上の会計サービスへの対応が後手に回っていた。財務省が改正を検討する電子帳簿保存法もその一つだ。11月から本格的に始まる与党の税制調査会で […]

法定福利費まとめ 計算方法や福利厚生費との違いをマスターしよう

法定福利費まとめ 計算方法や福利厚生費との違いをマスターしよう

近年、社会保険についてさまざまな動きがありました。「社会保険に入っていない業者は現場に入れない」「加入対象の社員が拡充された」など、経営に直結するような話が増えています。今回は社会保険と経理の関係を学ぶということで「法定福利費」という勘定科目について確認していきます。   法定福利費とは […]

産業競争力強化法はどんな法律?改正でM&Aが変わる

産業競争力強化法はどんな法律?改正でM&Aが変わる

産業競争力強化法という法律をご存知でしょうか。あまり馴染みのない法律ではありますが、該当するものがあれば税金が軽減されるなどメリットのある法律です。詳しく確認していきましょう。 産業競争力強化法ってどんな法律? 産業競争力強化法とは、いわゆるアベノミクスの一つで、日本経済の再興のための産業競争力の強 […]

実践!電子帳簿保存法!対象範囲の検討など効果の出る電帳法対応

実践!電子帳簿保存法!対象範囲の検討など効果の出る電帳法対応

電子帳簿保存法(以下、電帳法)が注目されている理由 昨今の労働力人口の減少に伴い、働き方改革に取り組んでいる企業は多いのではないでしょうか? この働き方改革において、「1.業務の生産性を高め、無駄な残業時間を削減すること」「2.リモートワークなど働き方の多様化を促進すること」の両面を実現できるのが紙 […]

【2019年度税制改正大綱】中小企業の成長を狙う2つの改正と企業支援

【2019年度税制改正大綱】中小企業の成長を狙う2つの改正と企業支援

2018年12月14日、平成31年度税制改正大綱が発表されました。これを発表した与党は、少子高齢化が中長期的な経済成長を制約する中、持続的な経済成長の実現のためにはイノベーション促進によって生産性を高めていくことが不可欠であるとしています。 経済規模で優る米中両国の研究開発費支出が今なお日本より高い […]

【2019年度税制改正】中小企業と地域経済の活性化策による優遇措置

【2019年度税制改正】中小企業と地域経済の活性化策による優遇措置

2018年12月14日、与党が平成31年度税制改正大綱を発表しました。 与党は、アベノミクス推進により、景気回復基調にあるとのスタンスをアピールしています。 また、経済環境の好転と景気拡大の恩恵が地方・中小企業まで広く波及するよう、今回の税制改正大綱でも中小企業を対象とした様々な優遇税制の設置・拡充 […]

【2019年度税制改正】電子帳簿保存法の規制緩和で何が変わる?

【2019年度税制改正】電子帳簿保存法の規制緩和で何が変わる?

電子帳簿保存法という法律をご存知でしょうか。なんとなく「帳簿を電子的に保存する」ということはわかるかと思いますが、実際に運用するには超えなければならない壁も存在します。その概略について学ぶとともに、2019年度の税制改正による影響についても確認しましょう。 電子帳簿保存法の大前提は「省力化」「省スペ […]

【2019年度税制改正】 経理担当者必見!知っておくべき3つの改正点

【2019年度税制改正】 経理担当者必見!知っておくべき3つの改正点

2018年12月14日、与党が平成31年度税制改正大綱を発表しました。 今回の改正点は、2019年4月1日以降に開始する事業年度から原則適用されることになります。 2019年10月に控える消費税率引上げを前に、自動車税負担の軽減や住宅ローン減税の拡充などの個人に対する負担緩和策が提案されています。ま […]

税効果会計の改正点を解説!2018年度 会計基準改正のポイント

税効果会計の改正点を解説!2018年度 会計基準改正のポイント

2018年2月16日、企業会計基準委員会より会計基準の改正点が公表されました。 主に税効果会計に関わる改正が行われています。今回は、これらの改正点について、代表的なものをご紹介していきます。   2018年の会計基準改正点 会計基準の改正点は以下にて公表されています。 企業会計基準第28号 […]

おさえておきたい連結納税制度の基本と特定同族会社の目的

おさえておきたい連結納税制度の基本と特定同族会社の目的

「特定同族会社」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。 連結納税制度の下で、いわゆるファミリー経営の企業が特定同族会社の要件を満たす場合、特別の税制の適用対象となります。 ファミリー経営で事業を運営しておられる方や、そうした企業にお勤めの方、ファミリー経営の企業と取引のある企業の方は、特定同族会社 […]