「消費税」カテゴリの記事:22件

生活の中で一番身近な「消費税」。経理担当者としても一社会人としても、もっとも関わることが多いといっても過言ではありません。ここでは、消費税の制度に関する情報お届けしています。増税や軽減税率の導入など、経済情勢に合わせて変わりゆく制度に対応するべく、最新のニュースも合わせてご紹介しています。また、仕入税額控除の対象となる取引のほか、課税売り上げ割合や納税額の計算方法も詳しく解説しています。

記事一覧

消費税還付を受けられる条件とは 仕組みや仕訳方法を学んで賢く節税

消費税還付を受けられる条件とは 仕組みや仕訳方法を学んで賢く節税

消費税還付とは 消費税の課税事業者は、課税売上や課税仕入によって受け払いする消費税から納付税額を計算し、期限内に消費税の確定申告と納税を行わなければなりません。納付税額は、課税売上から計算した消費税額と、課税仕入にかかる消費税額から計算した仕入控除税額との差額のこと。この額は概ねおおむね、受け取った […]

消費税の超基本!軽減税率導入に合わせて消費税をおさらい!

消費税の超基本!軽減税率導入に合わせて消費税をおさらい!

ついに日本でも導入された軽減税率(多段階税率)。適切に対応するためにも、まずは「消費税の基礎」について知っておく必要があります。誰が負担する税金なのか、どうやって納税額は計算されるのか、その概要について学んでいきましょう。 消費税には国税と地方税が混ざっている 消費税は国税と地方税に分けられます。一 […]

軽減税率開始で経費精算も一波乱?面倒な対応を効率化する方法とは

軽減税率開始で経費精算も一波乱?面倒な対応を効率化する方法とは

令和元年(2019年)10月1日から消費税増税に伴い軽減税率制度が導入されました。これにより経理部門の様々な業務に影響が出ていますが、その中でも毎月発生する「経費精算業務」がさらに面倒くさくなった、とお悩みの方も多いのではないでしょうか。 今回は、軽減税率制度を改めて確認し、経費精算業務における軽減 […]

調整対象固定資産で必要な対応とは ポイントは消費税計算にあり

調整対象固定資産で必要な対応とは ポイントは消費税計算にあり

消費税額の計算は、基本的には単年度ごとに計算が行われます。しかし、一部の設備投資については、複数年度に渡って納税額に影響を及ぼすものがあります。今回は調整対象固定資産について確認をします。   調整対象固定資産とは まず調整対象固定資産の定義について確認します。 「調整対象固定資産」とは、棚卸資産以 […]

軽減税率でいつから何がどう変わる? 基本を押さえて正しく対策

軽減税率でいつから何がどう変わる? 基本を押さえて正しく対策

1989年の消費税導入以降、日本では単一税率(すべての商品やサービスに同一税率が適用)が採用されてきました。しかし、欧州などでは軽減税率(多段階税率)の採用が一般的です。今回は日本における軽減税率制度について確認をしていきます。 軽減税率とは 軽減税率とは、低所得者対策などを理由に一定分野の商品など […]

消費税の経過措置とは 今から経理担当者ができること

消費税の経過措置とは 今から経理担当者ができること

2019年10月に消費税率が引き上げられました。それにあわせて、消費税については経過措置が設けられています。いわゆる「軽減税率」と混同されがちな本制度について、あらためて確認をしていきましょう。 消費税の経過措置とは 消費税の経過措置とは「税率変更の前後にまたがる取引についての取り扱い」をまとめたも […]

仕入税額控除の要件と計算方法、計算の変更方法を整理しました

仕入税額控除の要件と計算方法、計算の変更方法を整理しました

仕入税額控除とは 仕入税額控除とは、消費税の課税売上にかかる消費税から課税仕入にかかる消費税を控除することです。消費税の課税事業者は、課税売上と課税仕入から計算した消費税の差額を納税しなければなりません。例えば課税売上から計算した消費税が100円で、課税仕入から計算した消費税が20円であれば、差額の […]

消費税で簡易課税を採用できるのはどんなとき?メリット・デメリットを解説

消費税で簡易課税を採用できるのはどんなとき?メリット・デメリットを解説

消費税の仕組み お店で物を買うと、消費税がかかります。この消費税を支払うのは、物を買った人(消費者)ですが、実際に税金を納めるのは物を売ったお店です。お店は消費者から受け取った消費税を税務署に納めなければなりませんが、お店も商品を仕入れする際に、仕入れ業者に対して消費税を支払っています。そのため、お […]

簡易課税とは―事業区分を正しく知ろう!

簡易課税とは―事業区分を正しく知ろう!

消費税の簡易課税とは 消費税として税務署に納める金額は、次の計算方法で計算します(原則課税)。 課税売上に関して受け取った消費税額-課税仕入に関して支払った消費税額=納めるべき消費税額 例えば、売上よりも経費が多い場合や輸出取引を行っている場合などで、課税仕入に関して支払った消費税額が課税売上に関し […]

消費税の中間納付・中間申告 押さえておきたい対象者と申請方法

消費税の中間納付・中間申告 押さえておきたい対象者と申請方法

消費税の中間申告とは 消費税の課税期間は原則として1年間ですが、消費税の中間申告制度が設けられており、中間申告の対象となる人は、中間申告と納税をしなければなりません。この中間申告は、課税期間で確定申告することにより決める年税額の前払いをしているイメージです。そのため、中間申告で税金を納めたときは、確 […]