「税金その他」カテゴリの記事:12件

記事一覧

圧縮記帳で課税所得を相殺!適用できるケースや処理方法を解説

圧縮記帳で課税所得を相殺!適用できるケースや処理方法を解説

圧縮記帳とは 圧縮記帳とは、一定要件を満たす資産の取得があった場合にその政策的背景から一時に課税することが適当でないものについて圧縮損を計上し、課税所得を相殺する処理をいいます。圧縮損は圧縮記帳を適用した後の減価償却費を減少させるため、トータルの課税所得は同じです。したがって、圧縮記帳とは課税の繰り […]

追徴課税を受けたら 影響範囲と会計処理について

追徴課税を受けたら 影響範囲と会計処理について

あまり聴きたくない追徴課税(ついちょうかぜい)という言葉。どんなときに使われる単語で、どのように経理処理をするのでしょうか。その概要について確認をしていきます。 納税額に不足があった場合 追徴課税という言葉は、正式な税法の用語ではありません。そのため、人によって解釈が少し異なっており、以下の2つに大 […]

EU各国で進むデジタル課税の導入検討 その影響は?

EU各国で進むデジタル課税の導入検討 その影響は?

EUを中心にデジタル課税と呼ばれる税制の導入が検討されています。デジタル課税はどのような税制で、どういった背景からその導入が検討されるようになったのでしょうか。その仕組みについて簡単に確認するとともに、背景にあるタックスヘイブン問題、それに対応するBEPS、そして現状の行き詰まりについて解説します。

2020年から電子申告が義務化!概要と必要な準備を整理しよう

2020年から電子申告が義務化!概要と必要な準備を整理しよう

2020年(平成32年)から、電子申告が義務化されます。電子申告とは、法人税や消費税の申告をインターネット(e-Tax)で行うものですが、どのような企業が対象となるのか、いつからの事業年度が対象となるのかなど、あいまいな部分もあるのではないでしょうか。今回は、電子申告の義務化の概要や、メリット・デメ […]

2019年から出国税が施行 海外への出張精算はどう変わる?

2019年から出国税が施行 海外への出張精算はどう変わる?

日本から出国する際に課税される「国際観光旅客税」、いわゆる「出国税」が、2019年1月から施行されます。これにより出張費精算の在り方がどう変わるのか、海外への出張が多い企業では不安に感じているのではないでしょうか。そこで今回は、出国税の概要や、出張費精算での注意点などについてお伝えします。 出国税と […]

交通費の課税は大丈夫?通勤手当の課税・非課税の判断方法

交通費の課税は大丈夫?通勤手当の課税・非課税の判断方法

業務上で発生する交通費は大きく次の2種類に分けられます。 役員や従業員の「通勤手当」 出張や移動などの「旅費交通費」 いずれも会社の経費となりますが、それぞれ課税上の注意点が存在します。ここでは交通費の中でも「通勤手当」の非課税限度額や社会保険料などについて詳しく解説します。 通勤手当は非課税? よ […]

租税公課とは?販管費科目との関連性について

租税公課とは?販管費科目との関連性について

租税公課についてどの程度理解しているかと聞かれて、自信がある方は少ないかと思います。 会計上は、販売費及び一般管理費(いわゆる販管費)の部に計上されますが、法人税法上は損金算入・不算入の是非が問題となり、基準が分かりにくいことが背景にあります。 今回は、この租税公課について基本的な知識を確認した上で […]

固定資産税はいくら?地方税の仕組みと一緒に解説

固定資産税はいくら?地方税の仕組みと一緒に解説

固定資産税に関する税制を理解していますか。固定資産税という言葉は日ごろよく耳にしますが、軽減税率の制度などが複雑なこと、また頻繁に税制改正が行われることから、制度を正確に理解していると自信を持っていえる方は、決して多くないと思います。 今回はまず、固定資産税を含む地方税制度について基本的な知識を確認 […]

地方拠点強化税制とは?拡充型と移転型の違いとメリット

地方拠点強化税制とは?拡充型と移転型の違いとメリット

地方にある本社機能(※)を強化したり、大都市圏から地方へ本社機能を移転した場合に、大きな税制優遇を受けられる税制があることをご存知でしょうか?それを「地方拠点強化税制」と言います。 地方創生の一環として、平成27年度税制改正で創設された新しい税制で、「雇用促進税制」とも関わりの深い制度となっています […]

所得拡大税制ってなに?制度の概要と特色を解説!

所得拡大税制ってなに?制度の概要と特色を解説!

はじめに 所得拡大税制とは、賃上げに対する優遇税制です。春闘のような従業員のベースアップに対して、税制面でバックアップのもちろん、実力のある人にインセンティブとして支給しても優遇が受けられるのが特長です。雇用を促進する優遇税制と違って、新たに従業員と雇用契約を結ぶことにより生じるリスクを背負う必要は […]