通勤手当の課税・非課税のルールとは?交通費の非課税上限額を解説

通勤手当の課税・非課税のルールとは?交通費の非課税上限額を解説

業務上で発生する交通費は大きく次の2種類に分けられます。

  • 役員や従業員の「通勤手当」
  • 出張や移動などの「旅費交通費」

いずれも会社の経費となりますが、それぞれ課税上の注意点が存在します。ここでは交通費の中でも「通勤手当」の非課税限度額や社会保険料などについて詳しく解説します。

通勤手当は非課税?

よく交通費については、「通勤手当をいくら支給すればよいですか?」という質問が聞かれます。通勤手当は、あくまで会社が定める任意の金額で支給することが可能です。ただし従業員に支給される手当は、基本的に従業員個人に対する所得税の課税対象です。たとえば住居手当や残業手当、扶養手当など、全ての手当が課税対象となります。

ところが通勤手当の場合、課税方法が他の手当と異なります。通勤手当は一定基準の範囲内であれば、所得税は非課税です。その理由は、通勤手当の性質が会社に出勤するための単なる実費の補てんであり、所得に馴染まないからです。

通勤手当と交通費との違い

通勤手当と間違いやすいものとして交通費というものがあります。どのような違いがあるのかしっかりと理解しておきましょう。
まず、交通費とは従業員が営業先に行く際、また遠方に出張をする際などに発生する費用を指します。たとえば、電車やバス、飛行機などの公共交通機関が対象となります。

一方で通勤手当は自宅から会社までにかかる通勤の費用を会社が手当てとして支給することを指します。
交通費は実費精算が一般的であるのに対して、通勤手当は社員の通勤方法によって支給額や計算方法が異なります。詳しくはこの後解説します。

非課税となる通勤手当とは

通勤手当であれば、交通費がいくらでも非課税になるわけではありません。非課税となる金額は、限度額があります。ここからは3つのケースに分けて見ていきましょう。

1.車両や自転車などの交通用具で通勤する人

車やバイク、原付、自転車は、通勤距離で非課税限度額が定められます。車であっても自転車であっても、非課税限度額が変わりません。そのため、不公平感はあるかも知れませんが、経理側としては覚えやすくてありがたい規定です。計算時は、往復距離、月の労働日数、ガソリン代、平均燃費などで算出をします。

なお、平成28年1月1日以後適用分の例では次のように定められています。

区分課税されない金額
改正後(平成28年1月1日以後適用)
通勤距離が片道2km未満である場合(全額課税)
通勤距離が片道2km以上10km未満である場合4,200円
通勤距離が片道10km以上15km未満である場合7,100円
通勤距離が片道15km以上25km未満である場合12,900円
通勤距離が片道25km以上35km未満である場合18,700円
通勤距離が片道35km以上45km未満である場合24,400円
通勤距離が片道45km以上55km未満である場合28,000円
通勤距離が片道55km以上である場合31,600円

適用する際は、必ず国税庁のホームページ等で最新の非課税限度額を確認しましょう。

(参考)国税庁 通勤手当の非課税限度額の引上げについて

車の場合、2点補足があります。
1点目は駐車場代です。会社に駐車場がない場合、近隣の月極駐車場を利用することがあるでしょう。この駐車場料金を会社が負担するかどうかは、会社の自由です。ただし負担する場合は全額課税となりますので、非課税の通勤手当に含めることはできません。
2点目は有料道路を使用する場合です。通勤途中に有料道路を使用する際は、距離に応じた非課税限度額に有料道路の通行料金を合計した金額が非課税限度額となります。たとえば片道の通勤距離が60㎞で、うち30㎞が有料道路(通行料が5,000円)の場合、

31,600円(55km以上の非課税限度額)+5,000円=36,600円

となり、36,600円が非課税限度額です。ただし、1ヶ月で15万円が上限となります。

経理プラス:車通勤の交通費精算方法は?非課税限度額などの注意点を解説

2.公共交通機関を使って通勤する人

運賃全額が非課税となりますが、1ヶ月15万円が上限金額です。ただし運賃について、国税庁の通達では「通勤のための運賃・時間・距離等の事情に照らして、最も経済的かつ合理的な経路及び方法で通勤した場合」としています。たとえば、グリーン車の利用料金は交通費とはいえ非課税となりません。新幹線の場合は上限に収まっていれば非課税扱いとなります。

また、公共交通機関を使い実費精算を行っている場合は、毎回の申請が煩雑になりがちです。Suica®やPASMO®を使い効率的に申請する方法もありますので、併せてご覧ください。
経理プラス:Suica®やPASMO®の履歴印字や請求書発行の手順と交通費精算の効率化について

3.複数の交通手段を使い通勤する人

たとえば、自宅から2㎞以上離れた最寄り駅まで自転車で行き、電車に乗る場合などが該当します。非課税限度額は前述した1・2の合計で、1ヶ月15万円が上限です。一方で徒歩通勤者に通勤手当を支給している場合は、当該通勤手当は課税対象となります。

課税通勤手当は年末調整で給与に含める

課税通勤手当を支給した場合は所得税を課税するため、年末調整で給与に含める必要があります。
給与計算ソフトを使用して課税・非課税を分離していると自動計算してくれるため、交通費の計算に間違いは起きにくいでしょう。ただし、もし手書きの給与明細書や社内で作成したエクセルなどで対応している場合は注意が必要です。毎月の給与明細の上で、通勤手当の課税と非課税を確実に分けて記録しておきましょう。

通勤手当の消費税は?

消費税の納税義務者である会社の場合、通勤手当が課税仕入となるか、非課税仕入となるかを迷うかもしれません。
しかし、通勤手当の所得税が非課税となる理由は実費補てんです。所得の性質に馴染まないので、消費税には関係ありません。そのため、基本的に通勤手当は全額課税仕入れとなります。税額控除の区分は、その従業員が課税売上にのみ貢献している場合を除き、共通課税仕入で処理しましょう。

通勤手当の具体例

それでは、いくつか具体例を挙げながら交通費に伴う通勤手当について見ていきましょう。

<パターン①:徒歩+電車>

  • 条件
     自宅~最寄りのA駅:徒歩
     A駅~B駅:電車(1月の定期券代10,000円)
     B駅~会社:徒歩
     通勤手当10,000円支給
  • 課税・非課税の別
     課税通勤手当:0円
     非課税通勤手当:10,000円
  • 仕訳
     借方金額貸方金額
    給与10,000円現金預金10,000円

<パターン②:車+有料道路あり>

  • 条件
     自宅~会社:車30㎞(非課税限度額は、18,700円)
     有料道路:1,000円
     通勤手当:20,000円支給
  • 課税・非課税の別
     課税通勤手当:300円
     非課税通勤手当:19,700円
  • 仕訳
     借方金額貸方金額
    給与20,000円現金預金20,000円

<パターン③:2㎞未満>

  • 条件
     自宅~会社:車1.8㎞
     通勤手当:2,000円
  • 課税・非課税の別
     課税通勤手当:2,000円
     非課税通勤手当:0円
  • 仕訳
     借方金額貸方金額
    給与2,000円現金預金2,000円

仕訳で非課税・課税に分ける必要はありません。エクセルで給与計算を行う会社の場合は、補助科目で課税・非課税を分けておくと、年末調整の際に残高試算表で付け合せがしやすくなるでしょう。

社会保険料の計算には通勤手当が含まれる

交通費について通勤手当を支給する場合に迷いやすいのが社会保険料の算定です。多くの会社が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)の場合、社会保険料は従業員ごとの「標準報酬月額」に基づき、健康保険料は都道府県ごとに定められる保険料率で、さらに厚生年金保険料は全国一律の保険料率を掛けて計算されます。実際には都道府県ごとの保険料一覧表があるため、難しい計算は不要です。

迷いやすいのは、この「標準報酬月額」を算定する算定基礎届の手続きの際に非課税の通勤手当を含めるかどうかです。結論から言えば、これは含めます。ここで、例を挙げて考えていきましょう。

<例>

  • 月給25万円
  • 住宅手当1万5,000円
  • 課税通勤手当800円
  • 非課税通勤手当4,200円

これらを毎月支給する従業員の標準報酬月額は、27万円です。

非課税通勤手当はあくまで所得税が非課税というだけで、他の税や保険料が非課税となることはありません。また、毎月計算する雇用保険料の計算も、通勤手当を全額含めて計算します。上記の例で言えば、27万円にそれぞれの事業に応じた保険料率を掛けて計算する形です。

在宅ワーク時の通勤手当の扱い

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、在宅ワークが浸透したことにより、通勤手当の支給について見直しを検討している企業もあるのではと思います。こうした背景から企業の対応状況を調べるために一般社団法人労務行政研究所では「新型コロナウイルス感染症への企業の対応アンケート」という調査が行われました。

この調査によると感染拡大後に在宅ワークを導入していた企業のうち、87.1%が定期券代などを支給しているため、特別な対応は取っておらず、9.6%が実費精算のため、在宅ワーク時は通勤手当を支給しないという結果でした。
今回一時的に在宅ワークを実施した企業では自社の状況を踏まえて今後どのような制度にするかしっかりと検討する必要があるでしょう。
経理プラス:テレワーク導入時の経費は課税?非課税?区分を確認しておこう

まとめ

最後に、交通費に伴う通勤手当のチェックポイントについてまとめます。

  • 受け取った側の所得税が一定要件下で非課税となる
  • 交通機関を使う場合は基本的に全額非課税
  • 車両など交通用具は距離に応じて非課税限度額が変わるが、2㎞未満は全額課税
  • 非課税額の上限は15万円
  • 所得税以外の扱いでは課税・非課税の区別が不要

また、交通費・経費精算システムの「楽楽精算」なら、交通費精算だけでなく経費精算業務全体の時間短縮・効率化できる機能が豊富です。定期区間控除のチェックや検算作業など、毎月の処理が大変と感じている方は、交通費精算システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この内容は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」

監修 公認会計士 白井 敬祐

2011年11月 公認会計士論文式試験合格
2012年1月 清和監査法人 入所
2014年3月 新日本有限責任監査法人 入所
     財務会計アドバイザリーサービス所属
2015年5月 公認会計士登録
2016年1月 有限責任監査法人トーマツ 入所
     IFRSアドバイザリーグループ所属
2018年9月 株式会社リクルートホールディングス 入所
     ファイナンス本部経理統括室連結グループ所属
2020年1月 公認会計士YouTuberくろいちゃんねる開設
2021年7月 白井敬祐公認会計士事務所開業

白井敬祐公認会計士事務所