「棚卸資産」カテゴリの記事:17件

記事一覧

実施棚卸の方法とは?実施棚卸の必要性から後の処理方法までまとめて解説!

実施棚卸の方法とは?実施棚卸の必要性から後の処理方法までまとめて解説!

期末には必ず倉庫の棚卸を実地しているという会社も多いのではないでしょうか。実地棚卸をしっかりと行うことで横領などの不正をチェックすることができます。今回は、実地棚卸の方法とその後の処理をみていきます。 実施棚卸とは 実地棚卸とは、期末など一定時点にある在庫について、実際に数量などをカウントし、帳簿上 […]
棚卸しはなぜ必要なのか 基礎知識や作業方法、計算方法を解説

棚卸しはなぜ必要なのか 基礎知識や作業方法、計算方法を解説

定期的に行われる棚卸しは、企業の大切な業務の一つです。慣例的になっているため、棚卸しの必要性についてきちんと理解できていない方もいるかもしれません。そこで今回は、棚卸しの基礎知識や注意点などについて詳しくご紹介していきます。 棚卸しとは 棚卸しとは、材料、製品、商品などの現物の数量と評価額を正確に確 […]
棚卸資産の評価方法をマスター! その8:最終仕入原価法

棚卸資産の評価方法をマスター! その8:最終仕入原価法

最終仕入原価法とは 最終仕入原価法とは、原価法による棚卸資産の期末評価方法の1つです。最終仕入原価法では事業年度の最終の仕入価格、つまり決算日に最も近い仕入価格を1単位あたりの取得原価とし、すべての期末棚卸資産を評価する方法になります。 例えばある商品について、1事業年度での仕入価格が 1回目は@1 […]
棚卸資産の評価方法をマスター! その7:売価還元法

棚卸資産の評価方法をマスター! その7:売価還元法

売価還元法とは 売価還元法は原価法による棚卸資産の評価方法の1つで、会計基準、税法ともに認められた評価方法です。売価還元法には「売価」を使った評価方法であること、そして商品グループごとに棚卸資産の期末評価を行えるという2つの特徴があります。 経理プラス:棚卸資産の評価方法をマスター! その1:原価法 […]
棚卸資産の評価方法をマスター! その6:移動平均法

棚卸資産の評価方法をマスター! その6:移動平均法

棚卸資産の評価で、平均原価法のひとつに移動平均法があります。期中での棚卸資産の把握ができるため、会社の業績をリアルタイムに知れる方法となりますが、どのような処理方法なのかは、知らないという人も多いでしょう。今回は、移動平均法とは何か、移動平均法のメリット・デメリットの他に実際の計算方法などの実務内容 […]
棚卸資産の評価方法をマスター! その5:総平均法

棚卸資産の評価方法をマスター! その5:総平均法

総平均法とは 総平均法とは原価法による棚卸資産の期末評価方法の1つで、平均原価法とよばれる評価方法に該当します。 経理プラス:棚卸資産の評価方法をマスター! その1:原価法 総平均法では、事業年度中に仕入れた棚卸資産の仕入価格の総額から1単位あたりの平均原価を計算し、その平均原価に期末の棚卸資産の残 […]
棚卸資産の評価方法をマスター! その4:先入先出法

棚卸資産の評価方法をマスター! その4:先入先出法

先入先出法とは 先入先出法は原価法による棚卸資産の期末評価方法の1つです。 特徴として、先に仕入れた棚卸資産から順次払い出したと仮定して取得原価を算定する点があります。 経理プラス:棚卸資産の評価方法をマスター! その1:原価法 棚卸資産の仕入単価は、仕入先や仕入時期、仕入量などによって変わります。 […]
棚卸資産の評価方法をマスター! その3:個別法

棚卸資産の評価方法をマスター! その3:個別法

個別法とは 個別法とは原価法による棚卸資産の期末評価方法の1つで、棚卸資産の個別の仕入価格をそのまま取得原価とする評価方法です。これにより、期末の棚卸資産の評価額はもちろん売上と原価も完全に対応することから、もっとも正確な評価方法といえます。その一方で個別法は、現物の受け払いと会計帳簿が合致していな […]
棚卸資産の評価方法をマスター! その1:原価法

棚卸資産の評価方法をマスター! その1:原価法

原価法とは 原価法とは、棚卸資産の期末評価の方法です。在庫として残された棚卸資産の「取得原価」を算定し、その取得原価に基づいて棚卸資産の期末評価を行う方法です。 それでは、なぜ取得原価をわざわざ算定する必要があるのでしょうか。在庫商品の仕入価格は、同じ商品でも仕入れた量や時期、仕入先などによって仕入 […]
棚卸資産評価損とは? 正しい評価方法と発生したときの対処法

棚卸資産評価損とは? 正しい評価方法と発生したときの対処法

棚卸資産評価損とはどのようなものであるか、なんとなくイメージはあるものの、詳細には理解していない人も多いのではないでしょうか。損失というからには棚卸が減少するということになりますが、決算ではどのように扱われるのか、曖昧な場合もあるでしょう。ここでは、棚卸資産評価損の概要や評価損になりやすいもの、決算 […]