「その他」カテゴリの記事:97件

記事一覧

複式簿記と単式簿記はどこが違う?決算書との関係も解説します

複式簿記と単式簿記はどこが違う?決算書との関係も解説します

経理担当者であれば、日頃から簿記に触れていることでしょう。簿記には単式と複式の2種類がありますが、多くの場面で複式簿記が使われていると思います。 この記事では、2種類の簿記の違いや決算書の仕組み、経理担当者が簿記で気を付けるべきポイントなどについて詳しくご紹介します。日常の経理業務をスムーズに進める […]
労働保険料とは 年度更新で必要な計算方法と仕訳処理をわかりやすく解説!

労働保険料とは 年度更新で必要な計算方法と仕訳処理をわかりやすく解説!

労働保険、労働保険料という言葉をご存知でしょうか。これらの言葉について「正確に理解している」と自信を持って言える方は、意外と少ないかもしれません。 労働保険は、従業員を雇用する企業であれば必ず関わることになりますが、健康保険や年金などと混同してしまうケースも少なくありません。今回は、この労働保険につ […]
資産除去債務の会計処理 原状回復費用の扱いと割引率の計算方法は

資産除去債務の会計処理 原状回復費用の扱いと割引率の計算方法は

資産除去債務と聞いて、具体的に何のことか思いつく方は少ないと思います。資産除去債務は抽象的かつ会計的な概念なので難しい部分もあると思いますが、近年注目されているIFRS(国際会計基準)やUS-GAAP(米国会計基準)では以前から採用されている会計慣行です。 資産除去債務とは有形固定資産の除去に関する […]
収益認識基準とは 2021年から適用の基本ルールと導入のポイントをわかりやすく解説!

収益認識基準とは 2021年から適用の基本ルールと導入のポイントをわかりやすく解説!

2021年4月から「収益認識に関する会計基準」の適用が開始されました。全ての企業が適用の対象になりますが、中小企業においては従来どおりの処理も可能とされています。ここでは、収益認識基準の基本から、導入のポイントまでをわかりやすく解説します。 「収益認識に関する会計基準(新収益認識基準)」とは 収益認 […]
会計基準はどう変わる!?2021年度の「会計上の見積り開示」

会計基準はどう変わる!?2021年度の「会計上の見積り開示」

2018年11月、公益財団法人財務会計基準機構(FASF)内での諮問会議において、「見積りの不確実性の発生要因」にかかわる注記情報等について検討され、2020年3月31日に見積り開示会計基準が公表されました。 企業であれば、財務諸表の項目の金額を算出する上で、会計上の見積りを行う機会も多いでしょう。 […]
差入保証金とは?仕訳や会計処理、税務上の取り扱い方法を解説

差入保証金とは?仕訳や会計処理、税務上の取り扱い方法を解説

賃貸契約の敷金など、一時的に現金を預ける取引について計上する勘定のことを差入保証金といいます。社宅や店舗の賃借において敷金・保証金はよく出てくるものですが、これら全てが差入保証金として計上できるわけではないため注意しなければなりません。 では、具体的にどのようなケースが差入保証金に当てはまるのでしょ […]
簿記を知らないと会計ソフトは使えない? 実務で必要な簿記知識とは

簿記を知らないと会計ソフトは使えない? 実務で必要な簿記知識とは

会計ソフトが本格的に普及し始めて約10年。経理に関する知識がない人でもある程度の会計処理を行うことができるようになりました。しかし、会計ソフトで怖いのは「間違っていてもなんとなく形になってしまうこと」です。そこに気づくためには、やはりソフトを使う人が正しい会計知識をもっていることが必要です。今回はそ […]
証憑とは?証憑書類の種類や保存期間など基礎知識を徹底解説!

証憑とは?証憑書類の種類や保存期間など基礎知識を徹底解説!

証憑とは、取引の成立を証明する書類のことです。会計上では証憑書類とも呼ばれ、記録や計算など会計処理の基礎的な資料のことを指します。証憑書類は会計処理の正確性などを証明する書類として税務監査などで確認され、また一定期間の保存が義務付けられています。ここでは証憑について、その種類や保存期間について解説し […]
慶弔見舞金とは 相場や種類、税務上の取り扱いについて紹介

慶弔見舞金とは 相場や種類、税務上の取り扱いについて紹介

福利厚生の一環として会社が独自に設けることができる「慶弔見舞金制度」があります。この制度は法的に義務化されてはいませんが、多くの会社が設けています。今回は、慶弔見舞金の目的や相場などについてご紹介していきます。 慶弔見舞金とは何か 慶弔見舞金とは、会社が雇用する社員の離職防止目的や、社員のモチベーシ […]
テレワーク時の経費対象とは 経理処理方法と注意すべきポイント

テレワーク時の経費対象とは 経理処理方法と注意すべきポイント

新型コロナウイルス感染症拡大防止の手段として、企業ではテレワークの対応が急速に進んでいます。完全テレワークの勤務体制や、週2日~3日のみをテレワークにするなど、企業によって対応はさまざまです。 また、政府はテレワークが企業に普及していることを受け、テレワーク中の通信費や電気代などの経費を一部非課税に […]