「減価償却」カテゴリの記事:13件

企業の会計処理上で重要なキーワードとなる、固定資産や減価償却について詳しく解説しています。難解かつ複雑なルールを正確に把握し、正しく申請できるように必要な処理方法や、計算する際に気をつけた方が良いポイントと、取り扱い方についてご紹介しています。また、資産ごとに定められている耐用年数に関する情報もお届けします。

記事一覧

減価償却は企業会計の一大テーマ! 押さえておきたい仕組みと処理方法

減価償却は企業会計の一大テーマ! 押さえておきたい仕組みと処理方法

企業会計の一大テーマである減価償却。今回はその概要について学ぶとともに、特例措置などについても確認していきます。 減価償却とは 減価償却とは「固定資産の費用配分をするための処理」です。これだけではわかりづらいと思いますので、まず企業会計の目的から確認します。 現代の企業会計における目的=適正な期間損 […]

減価償却累計額と減価償却 同じ「減価」でも勘定科目や仕訳は違う?

減価償却累計額と減価償却 同じ「減価」でも勘定科目や仕訳は違う?

減価償却累計額と減価償却費との違いはどのような部分なのか、はっきりと区別して理解している人は少ないのではないでしょうか。どちらも固定資産の減価償却であることには違いないのですが、その性質は異なります。ここでは、混同しやすい減価償却累計額の概要や減価償却費との違い、仕訳処理の仕方などについて解説します […]

見えない固定資産?無形固定資産とは 概要と減価償却方法

見えない固定資産?無形固定資産とは 概要と減価償却方法

無形固定資産とは 固定資産というと建物や機械、備品といった「形のあるもの」がイメージされやすい資産でしょう。しかしながら、会社の資産は形があるものに限られません。 例えば、特許権や商標権、製品のアイデアやブランド力は、商品の売上を長期間にわたって生み出してくれる会社の大切な資産です。このような資産は […]

【保存用】固定資産と減価償却 必要な処理方法を総まとめ

【保存用】固定資産と減価償却 必要な処理方法を総まとめ

固定資産に関する経理処理は、数ある取引の中でも特に難解なものです。今回は総論として、その処理方法についてあらためて学んでいくとともに、固定資産税についてもその概要を把握しましょう。   固定資産と減価償却の概要 固定資産とは「高額で長く使える仕事用の財産」をいいます。建物、機械装置、車両運 […]

減価償却まるわかり!「定率法」と「定額法」の違いと計算方法

減価償却まるわかり!「定率法」と「定額法」の違いと計算方法

減価償却とは 減価償却でおさえるべき2つのポイント 資産価値に影響するもの 資産には時間的経過や新製品発売によって、または使用により劣化することで資産価値が減少していく傾向にあります。そこで、取得価格が10万円以上で一年以上使用する見込みのある資産については、実態に合わせて減価償却処理することが必要 […]

減価償却を徹底解説!4つの計算方法や自己金融効果を理解しよう

減価償却を徹底解説!4つの計算方法や自己金融効果を理解しよう

企業は、活動を行っていくために様々なものを購入します。その中でも、建物や設備、備品などの有形固定資産を購入した際には「減価償却」という会計処理をする必要が生じます。この「減価償却」という会計処理は、とても分かり難いと思っている方も多いのではないかと思います。ここでは、「減価償却」とはそもそも何なのか […]

減価償却とは?資産ごとに異なる耐用年数

減価償却とは?資産ごとに異なる耐用年数

減価償却の経理処理に携わったことはあるでしょうか。減価償却は、特定の資産について経年による、価値の減少分を費用化する処理です。 実際の処理方法や耐用年数は細かく規定され、資産ごとに耐用年数が異なりますので、しっかりと把握しておくことが必要です。今回は減価償却について基本的理解から資産の種類ごとに異な […]

一括償却資産はどう扱う?償却資産税の取扱いは?

一括償却資産はどう扱う?償却資産税の取扱いは?

>>国内No.1の経費精算システム「楽楽精算」について詳しくはこちらから 一括償却資産とは何か?少額減価償却資産との違い 一括償却資産とは、取得価額が10万円以上20万円未満の資産について、個別に減価償却をせずに、使用した年から3年間にわたって、その年に一括償却資産に計上した資産の取得価額の合計額の […]

減価償却を完全マスター 計算する際に気を付けたいポイント3つ

減価償却を完全マスター 計算する際に気を付けたいポイント3つ

建物や機械装置などの有形償却資産は、原則として代金を支払ったときに費用計上するわけではありません。 なぜなら、それら有形償却資産を使って生み出される商品やサービスを販売したときの売上は、有形償却資産を購入した期だけではなく、その翌期も翌々期もずっと発生するためです。会計上は費用収益対応の原則というも […]