「接待交際費」カテゴリの記事:6件

記事一覧

接待交際費の損金算入 知っておくべき経費計上のルールとポイント

接待交際費の損金算入 知っておくべき経費計上のルールとポイント

企業に必要な経費として、接待交際費があります。得意先などとの円滑な取引を行う上で、相手先との飲食代などは日常的に発生します。今回は、接待交際費の概要や損金算入の範囲、接待交際費と間違えやすい経費などについて解説していきます。今後の会計処理で迷わないようにしっかりと理解しておきましょう。 「接待交際費 […]

交際費が「使途不明金」になる基準とは?追徴課税に要注意!

交際費が「使途不明金」になる基準とは?追徴課税に要注意!

意外と気軽に扱ってしまう「交際費」ですが、その費用のすべてが損金扱いとなるわけではありません。また、使い道を明確にしていなければ「使途不明金」として判断され、その後、追徴課税をされることもあります。そこで今回は、交際費と判断される範囲や、使途不明金と判断されるのはどのようなものか、また、使途不明金の […]

これは損金不算入?接待交際費の範囲と間違いやすい科目9選

これは損金不算入?接待交際費の範囲と間違いやすい科目9選

交際費等とは、一般的に、外部との付き合いで発生します。打ち合わせなどで発生する交際費、商談の前や親交のある企業との親睦を深めるための接待費などの費用です。資本金の額などによって損金算入が可能な金額に関して一定の措置が取られており、原則として、接待交際費に関しては、その全額が損金不算入とされています。 […]

よく間違える会議費と接待交際費の税務上の違い

よく間違える会議費と接待交際費の税務上の違い

年末年始、年度の切り替わりの時期などは、接待交際費の支出が増えるシーズンではないでしょうか。また、関与先との会議を含んだ食事会など開かれることもあるでしょう。会議費と接待交通費に関しては間違いやすいものの代表格としてあげられます。税務上の区分をしっかりと把握し間違えないようにしましょう。   […]

接待費用になる、ならない?グループ会社との交際費など実例3選

接待費用になる、ならない?グループ会社との交際費など実例3選

企業経営を行う上で、販路拡大や営業実績の上昇を狙う為に欠かせない支出が「接待交際費」ですね。自社の商品やサービスがどれ程素晴らしくて、どれだけ貢献できるものなのか、一般に店頭で紹介するだけではどうしても限界があります。そこで、様々なシーンで自社のアピールを行う必要が出てきます。法人が得意先、仕入先そ […]

交際費等の損金不算入制度改正による影響とは?

交際費等の損金不算入制度改正による影響とは?

従来、一定の場合を除き損金不算入だった交際費に関する税制が、2014年(平成26年)の所得税法等の一部改正により消費促進のために緩和されました。ここでは改正のポイントについて解説します。なお、損金不算入制度は2020年(令和2年)3月31日まで適用期間が延長されており、以降の期間についても2年延長さ […]