交際費等の損金不算入制度改正による影響とは?

交際費緩和

従来、一定の場合を除き損金不算入だった交際費に関する税制が、2014年(平成26年)の所得税法等の一部改正により消費促進のために緩和されました。ここでは改正のポイントについて解説します。なお、損金不算入制度は2020年(令和2年)3月31日まで適用期間が延長されており、以降の期間についても2年延長される見込みです。

交際費とは

交際費とは

営利を追求する企業活動において「交際費」はとても重要なものです。費用として計上される交際費は法人税を計算する際に原則として損金に算入されないため、損金算入させるためには所定の要件を満たす必要があります。

租税特別措置法第61条の4第3項(一部改編)によると、交際費等は次のように定められています。

交際費等とは、交際費、接待費、機密費その他の費用で、法人が、その得意先、仕入先その他事業に関係のある者等に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為(「接待等」)のために支出するもの(専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用等その他政令で定める費用を除く。)をいう。

つまり、計上されている科目に関係なく、接待等に要する費用が該当することになります。

交際費課税の改正

改正

交際費はこれまでも改正を重ねており、損金算入できる金額が徐々に大きくなっています。
例えば平成18年の交際費課税改正により、1人当たり5,000円以下の飲食費については交際費等の金額から除外されることになりました。この5,000円の要件については、従前どおり、交際費に該当しないこととされています。また、この要件は中小法人か否かに関係なくすべての法人に適用されます。

2014年(平成26年)の改正のポイント

2014年(平成26年)4月1日以降に開始する事業年度から適用される改正により交際費課税に関して変更された点は次のようになります(図1)。
(1) 交際費等の額のうち、接待飲食費の額の50%に相当する金額は損金の額に算入できるようになりました。
(2) 中小法人は、上記(1)の接待飲食費の額の50%相当額の損金算入と定額控除限度額(年間800万円)までの損金算入のいずれかを選択できるようになりました。

交際費課税の変更点

図1

改正前における交際費の損金不算入額は次のとおりでした。損金算入を認める対象が拡大していることがわかります。
(1) 中小法人以外の法人は支出する交際費の全額が損金不算入
(2) 中小法人は支出する交際費の額のうち年間800万円を超える部分の金額が損金不算入
(ここでの中小法人とは、事業年度終了の日における資本金の額又は出資金の額が1億円以下の法人をいい、普通法人のうち事業年度終了の日のおける資本金の額または出資金の額が5億円以上の法人などの一定の法人による完全支配関係がある子法人等を除きます。)

接待飲食費とは(飲食費の範囲)

接待飲食費とは

交際費等のうち接待飲食費は「飲食その他これに類する行為のために要する費用(社内飲食費を除く)」である必要があります。このため、次のような費用については社内飲食費を除き、飲食費に該当します。

イ) 自己の従業員らが得意先を接待して飲食するための「飲食費」
ロ) 飲食等のために支払うテーブルチャージ料やサービス料等
ハ) 飲食等のために支払う会場費
ニ) 得意先等の業務の遂行や行事の開催に際いて、弁当の差し入れを行うための「弁当代」(得意先等において差し入れ後相談時間内に飲食されるようなもの)
ホ) 飲食店等での飲食後、その飲食店等で提供されている飲食物の持ち帰りに要する「お土産代」

また、これらの接待飲食費は、法人税法上で義務づけられている帳簿書類に次の事項を記載されて飲食費であることが明らかにする必要があります。
イ) 飲食等があった日付
ロ) 飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の氏名又は名称及びその関係
ハ) 飲食費の額並びにその飲食店等の名称及びその所在地
ニ) その他飲食費であることを明らかにするために必要な書類

今回の改正にあたっての接待飲食費の具体的な取扱いについては顧問税理士等にご確認ください。また、関連する国税庁のホームページは次の通りです。

●平成26年度交際費等損金不算入制度改正のあらまし
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/hojin/kousaihi.pdf
●接待飲食費に関するFAQ
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/hojin/settai_faq/01.htm
※なお、最新の動向等につきましては、顧問税理士等にご確認ください。
 

「経理プラス」メルマガでは、定期的に記事のランキングやおすすめ情報などをお届けしています。読み逃しがないよう是非ご登録ください!

 

「経理プラス」メルマガ登録は・・・ こちらから

この記事は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」汎用

URLをクリップボードにコピーしました

● 監修

中原 國尋 税理士・公認会計士 (株)レキシコム 代表取締役

中原 國尋 税理士・公認会計士 (株)レキシコム 代表取締役

中央大学大学院商学研究科博士前期課程修了。 大手監査法人にて銀行・商社・サービス業・製造業等の会計監査・システム監査・データ監査業務および米国企業改革法制度対応支援業務に従事。研修講師多数。現在は、会計・税務や情報システムに関するコンサルティング業 務を中心に幅広く展開している。 日本公認会計士協会IT委員会専門委員、 青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科客員教授、 中央大学商学部客員講師