「電子帳簿保存法」カテゴリの記事:14件

記事一覧

【2020年度税制改正】電子帳簿保存制度の見直し 進むペーパーレス化

【2020年度税制改正】電子帳簿保存制度の見直し 進むペーパーレス化

2020年度税制改正では、電子帳簿保存制度の見直しも含まれています。電子帳簿保存制度については、2019年度の税制改正でも一部の特例が創設されるなど、段階的に実務レベルで効率的に活用できるように変化しています。ここでは、2020年度の税制改正の概要や今後の国の方針なども含めてお伝えしていきます。また […]

【経理ニュース速報】経費精算の紙領収書、保存不要へ! 政府・与党が2020年4月から実施目指す

【経理ニュース速報】経費精算の紙領収書、保存不要へ! 政府・与党が2020年4月から実施目指す

政府・与党は2020年4月からキャッシュレス決済による経費精算について、一定の条件を満たせば領収書の原本保存を不要にする方針を発表しました。 政府・与党はクレジットカードや電子マネーなど現金を使わないキャッシュレス決済による経費精算で一定の条件を満たせば、税務申告に必要な領収書を紙で保存しなくても良 […]

【経理ニュース速報】財務省がペーパーレス化を推進!2020年度税制改正大綱に電子帳簿保存法の緩和改正を盛り込む方針へ

【経理ニュース速報】財務省がペーパーレス化を推進!2020年度税制改正大綱に電子帳簿保存法の緩和改正を盛り込む方針へ

財務省は2020年度の税制改正大綱に企業の税務手続きに関して、ペーパーレス化(電子化)を推進するための改正方針を盛り込むことを発表しました。 税制は普及するクラウド上の会計サービスへの対応が後手に回っていた。財務省が改正を検討する電子帳簿保存法もその一つだ。11月から本格的に始まる与党の税制調査会で […]

実践!電子帳簿保存法!対象範囲の検討など効果の出る電帳法対応

実践!電子帳簿保存法!対象範囲の検討など効果の出る電帳法対応

電子帳簿保存法(以下、電帳法)が注目されている理由 昨今の労働力人口の減少に伴い、働き方改革に取り組んでいる企業は多いのではないでしょうか? この働き方改革において、「1.業務の生産性を高め、無駄な残業時間を削減すること」「2.リモートワークなど働き方の多様化を促進すること」の両面を実現できるのが紙 […]

【2019年度税制改正】電子帳簿保存法の規制緩和で何が変わる?

【2019年度税制改正】電子帳簿保存法の規制緩和で何が変わる?

電子帳簿保存法という法律をご存知でしょうか。なんとなく「帳簿を電子的に保存する」ということはわかるかと思いますが、実際に運用するには超えなければならない壁も存在します。その概略について学ぶとともに、2019年度の税制改正による影響についても確認しましょう。 電子帳簿保存法の大前提は「省力化」「省スペ […]

電子帳簿保存法のスキャナ保存要件となるタイムスタンプとは?

電子帳簿保存法のスキャナ保存要件となるタイムスタンプとは?

電子帳簿保存法により、契約書や領収書といった取引関係書類の電子データ保存、スキャナ保存が可能になりました。しかし、ただ単に保存しただけでは、税務上の正式書類として認められません。なぜなら、電子データは容易に改ざんできる可能性があると考えられているためです。 正式な書類として存在するため、たとえばスキ […]

電子帳簿保存法の申請方法とは

電子帳簿保存法の申請方法とは

電子帳簿保存法とは 国税に関係する帳簿書類は紙に印刷したものを定められた期間まで保存しておくことが原則です。電子帳簿保存法とは、国税関係帳簿書類の全部または一部について、自己が最初の記録段階から一貫して電子計算機を使用して作成している場合で、一定の要件を満たしているときに、電磁的記録の備付及び保存を […]

e-文書法と電子帳簿保存法 保存要件や対象文書から見る2つの違い

e-文書法と電子帳簿保存法 保存要件や対象文書から見る2つの違い

経理関係の文書を電子化しようとする場合、避けては通れないのが文書の電子化に関連する法律、「e-文書法」や「電子帳簿保存法」です。「e-文書法」と「電子帳簿保存法」には、細かい規定を定める法律が異なる等の違いがあり、電子化を検討している文書が法律で保存を義務化されている場合、e-文書法と電子帳簿保存法 […]

領収書等のスキャナ保存制度の規制緩和、平成28年度税制改正大綱を解説!

領収書等のスキャナ保存制度の規制緩和、平成28年度税制改正大綱を解説!

スキャナ保存制度について 企業等が作成、受領する国税に関する帳簿(仕訳帳など)や書類(決算書類や領収書・請求書など)については、法人税法等の規定により法定保存期間にわたり紙で保存することが義務付けられていますが、平成10年7月に国税関係帳簿書類の保存方法等の特例法として「電子帳簿保存法」が施行され、 […]

【経理ニュース速報】領収書の写真をスマホ撮影で原本破棄可能に!2017年から

【経理ニュース速報】領収書の写真をスマホ撮影で原本破棄可能に!2017年から

こんにちは、経理プラス編集部です。 領収書の電子保存について、2017年からスマートフォンやデジタルカメラで撮影したものを証跡として認める方向に入ったことが発表されました。 [引用] 政府・与党は従業員が経費精算のためにもらうタクシー代や飲食代などの領収書について、会社が保管する義務を2017年から […]