「その他」カテゴリの記事:91件

記事一覧

予実管理の基本 予算の立て方やポイント、効率化の方法を徹底解説

予実管理の基本 予算の立て方やポイント、効率化の方法を徹底解説

予算と実績を管理する「予実管理」を行っている企業は多いでしょう。しかし、そのすべての企業が達成に向けて予実を日々注意深く意識できているとは限りません。いつも作成しているからという理由で、なんとなく向き合っている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、企業が予実管理を行う上で注意すべきポイントや、 […]

融資を受けやすくなる?経営力向上計画認定による金融支援策

融資を受けやすくなる?経営力向上計画認定による金融支援策

様々な特典が用意されている経営力向上計画。今回は認定を受けた事業者に対して用意されている金融支援策について確認をしていきます。 経営力向上計画認定で受けられる支援 計画の認定を受けた事業者には、次のような支援策が用意されています。 日本政策金融公庫による低利融資 経営力向上計画の認定を受けた事業者が […]

バランススコアカード(BSC)とは 経営戦略作りに役立つ活用を知ろう

バランススコアカード(BSC)とは 経営戦略作りに役立つ活用を知ろう

会社の業績向上のためには何をどのように改善していくべきかを、分類された視点から数値化分析することにより客観的に判断できるものとして、バランススコアカード(BSC)の活用があります。今回は、バランススコアカード(BSC)の概要や4つの視点と活用方法などについてお伝えしていきます。 バランススコアカード […]

自社の配当性向を知っていますか?株式から見た企業の財務体制

自社の配当性向を知っていますか?株式から見た企業の財務体制

株式投資の世界において評価軸の一つとなるのが配当です。その株式を保有していることで「どれくらいの配当がもらえるのか」というのはとても重要な情報です。今回は配当に関する指標の一つ「配当性向」について学んでいきます。  配当性向の計算式 配当性向は、以下の算式により計算できます。 配当性向(% […]

棚卸資産の評価方法をマスター! その8:最終仕入原価法

棚卸資産の評価方法をマスター! その8:最終仕入原価法

最終仕入原価法とは 最終仕入原価法とは、原価法による棚卸資産の期末評価方法の1つです。最終仕入原価法では事業年度の最終の仕入価格、つまり決算日に最も近い仕入価格を1単位あたりの取得原価とし、すべての期末棚卸資産を評価する方法になります。 例えばある商品について、1事業年度での仕入価格が 1回目は@1 […]

デューデリジェンスが決める企業価値 経理が読み取るべきこととは

デューデリジェンスが決める企業価値 経理が読み取るべきこととは

投資機関の業界やM&Aの世界でよく使われるデューデリジェンスという言葉。その概要だけでなく、特に経理や税務の分野における関わりについて確認していきましょう。   入念な事前調査 デューデリジェンスとは「投資活動を行う前の事前調査」のことです。ここでいう投資活動とは、非常に […]

棚卸資産の評価方法をマスター! その7:売価還元法

棚卸資産の評価方法をマスター! その7:売価還元法

売価還元法とは 売価還元法は原価法による棚卸資産の評価方法の1つで、会計基準、税法ともに認められた評価方法です。売価還元法には「売価」を使った評価方法であること、そして商品グループごとに棚卸資産の期末評価を行えるという2つの特徴があります。 経理プラス:棚卸資産の評価方法をマスター! その1:原価法 […]

重加算税の適用要件とは 仕組を学んで回避しよう

重加算税の適用要件とは 仕組を学んで回避しよう

税務調査があったときに、注意しておかなければならないのが追加で納めなければならない税金です。追加の税金は過去の期間に遡るため、納税額が膨らんでしまうケースもあって頭を悩ますこともあるでしょう。そこで今回は、追加で税金を求められたときに加えられる附帯税の概要や、税率がもっとも高い重加算税について詳しく […]

棚卸資産の評価方法をマスター! その6:移動平均法

棚卸資産の評価方法をマスター! その6:移動平均法

棚卸資産の評価で、平均原価法のひとつに移動平均法があります。期中での棚卸資産の把握ができるため、会社の業績をリアルタイムに知れる方法となりますが、どのような処理方法なのかは、知らないという人も多いでしょう。今回は、移動平均法とは何か、移動平均法のメリット・デメリットの他に実際の計算方法などの実務内容 […]