「年末調整」カテゴリの記事:19件

会社員の簡易確定申告である年末調整に関する情報をお届けしています。経理担当者の年末年始の業務である法定調書合計表、償却資産税申告書、給与支払報告書を作成する際の注意点、押さえておきたいポイントについてご紹介します。また、源泉徴収の仕組みやマイナンバー制度がもたらす影響についても解説しています。

その他に、こんなカテゴリがあります

記事一覧

2019年度の年末調整はどう変わる?電子化などおさえるべき最新情報!

2019年度の年末調整はどう変わる?電子化などおさえるべき最新情報!

毎年、11月から12月にかけて企業から従業員に対して「年末調整関係の資料」が配布されます。今回はそんな年末調整について、その意義と近年の注目点について取り上げていきます。2020年には、所得金額に応じた基礎控除額の変更や、電子化などといった大きな変化がある予定です。経理担当者が押さえておくべきポイン […]

源泉徴収税額表とは?その見方と注意点を解説

源泉徴収税額表とは?その見方と注意点を解説

>>国内No.1の経費精算システム「楽楽精算」について詳しくはこちらから 【メルマガ登録して経理情報をチェック!】 税理士による、年度末に知りたい経理情報や新着情報等を毎週お届けします! >>メルマガ登録はコチラから(無料) 「源泉徴収税額表」という言葉を聞いたことはありますか。源泉徴収や源泉徴収税 […]

年末調整の仕訳と勘定科目 還付あり・追加徴収の2パターンで解説

年末調整の仕訳と勘定科目 還付あり・追加徴収の2パターンで解説

年末調整とは 年末調整とは給与所得者の確定申告を勤務先が代行し、所得税の精算を行う制度です。具体的には年間の課税支給額から所得税額を計算して、その所得税額とそれまで天引きした源泉所得税額の差額を還付、あるいは追加徴収で調整します。 中には還付金が受け取れる制度として、ボーナスの一部のように感じている […]

2018年 平成最後の年末調整で確認すべき変更点

2018年 平成最後の年末調整で確認すべき変更点

年末が近づくと、経理担当者の大事な業務である年末調整の話題がでてきます。年末調整は、社員一人ひとりの1年を締めくくる重要な業務です。特に2018年から申告書の書類が変更になるなど、事前に確認しておくことが多くあります。 そのため今回は、平成最後の年末調整をスムーズに進めることができるように、年末調整 […]

平成30年分から源泉徴収票が変更!年末に向け変更点を確認しよう

平成30年分から源泉徴収票が変更!年末に向け変更点を確認しよう

平成30年分から、源泉徴収票が変更になることをご存知でしょうか。今回の源泉徴収票の変更は、配偶者控除・配偶者特別控除の改正にともなった様式の変更が中心となります。今回は、源泉徴収票の変更点や注意点などについてご紹介しますので、年末調整に向けてしっかりと確認しておきましょう。   源泉徴収票 […]

支払調書とマイナンバーの関係とは 規制強化の実態と留意点

支払調書とマイナンバーの関係とは 規制強化の実態と留意点

支払調書は、事業者が納税義務を果たしていることを監視チェックするための書類です。 マイナンバー制度の導入により、この支払調書の重要性が将来的に増していくのはご存知でしょうか。今回は、支払調書の概要を確認したあと、マイナンバー制度導入による支払調書の取り扱い時の留意点を整理していきます。   […]

2017年 年末調整の進め方、注意しなければならないこと

2017年 年末調整の進め方、注意しなければならないこと

年末調整とは何か?実施時期は? 従業員がいて、給与を支払っている場合には年末調整をしなければなりません。 従業員がいると毎月、給与から源泉所得税などを天引きして、支給しているはずです。このときに天引きしている源泉所得税はあくまでその時点での扶養親族の数などをもとにした概算のもので、年間の所得税額はそ […]

支払調書とは?マイナンバー制度導入の影響

支払調書とは?マイナンバー制度導入の影響

支払調書という言葉を聞いたことがありますか。マイナンバー制度の導入に伴い、支払調書の重要性は今後増していくと言われています。なぜ増していくのか、マイナンバー制度とどのような関連性があるのか。 今回はこの支払調書について、基本的な理解をみていきましょう。   支払調書とは何か 支払調書とは、 […]

法定調書合計表の書き方!年末調整前必見のチェックポイント!

法定調書合計表の書き方!年末調整前必見のチェックポイント!

年末調整関係の事務は、11月ごろから始まり、非常に慌ただしいものです。資料のとりまとめ等の準備から、年末の給与における精算、年明けからの法定調書作成や提出まで多くの作業をこなしていかなければなりません。どんな業務でもそうですが、失敗しないためには、ポイントを押さえておくことが大事です。 今回は法定調 […]