「スキルアップ」カテゴリの記事:26件

注目されているBATICとは?取得のメリットや難易度を解説

注目されているBATICとは?取得のメリットや難易度を解説

BATICとは? BATICとは、東京商工会議所が主催する国際会計検定のことです。名称は「Bookkeeping and Accounting Test for International Communication」に由来します。このBATICは、IFRS(国際会計基準)による会計スキルとビジネス […]

経理担当者に英語スキルの習得が必要な3つの理由

経理担当者に英語スキルの習得が必要な3つの理由

なぜ経理担当者に英語力が問われるのか 近年、インターネット技術の発展とともに、ビジネスのグローバル化が進んでいます。今では国内に居ながら、海外企業との会議や取引までもリアルタイムでできてしまう時代です。 しかしそうは言っても、国内企業の経理担当者にとって恐らく英語ができないから困るという差し迫った危 […]

下町ロケットに学ぶ、経理が目指すべき「財務責任者」の役割とは

下町ロケットに学ぶ、経理が目指すべき「財務責任者」の役割とは

池井戸潤氏の人気小説で、ドラマ化もされている「下町ロケット」は、佃製作所という部品メーカーを舞台に、中小企業の実態をリアルに映し出しています。 原作によれば、佃製作所は資本金3,000万円、従業員は200人ほど、小型エンジンや特殊バルブの製造をしている中小企業です。 中小企業白書によると、国内の大企 […]

経理担当者に求められる管理会計の能力とは おすすめの資格も紹介

経理担当者に求められる管理会計の能力とは おすすめの資格も紹介

管理会計とは 管理会計とは、企業の経営者がその業績を知るためのものです。企業会計の原則は満たしながらも、経営分析に役立つよう数字を細分化・区分化し、その結果を内部に向けて明らかにします。内部への提示を目的としていることから、外部への報告を目的とする財務会計とは区別されるものです。   管理 […]

CFOは経営戦略を成功に導くヒーロー!?最高財務責任者とは

CFOは経営戦略を成功に導くヒーロー!?最高財務責任者とは

CFOとは CFOとは会社の「最高財務責任者」を表す役職のことで、「Chief Financial Officer」の略称になります。CFOは、経理や財務の視点から会社の経営戦略を考えていく経営陣の一員です。経理・財務部門の最高職であることから、経理職の憧れの地位でもあります。   企業に […]

USCPA(米国公認会計士)とは 経理担当者が取得するメリット

USCPA(米国公認会計士)とは 経理担当者が取得するメリット

USCPA(米国公認会計士)とは USCPAとはアメリカの公認会計士資格で、実施機関は全米州政府会計委員会(NASBA)になります。NASBA によると、USCPAのライセンス数は664,532人(2016年4月22日時点)です。 (参考)NASBAの「ライセンス」 USCPAの試験は東京や大阪でも […]

経理担当者がスキルアップするためのビジネス文書作成ポイント

経理担当者がスキルアップするためのビジネス文書作成ポイント

経理担当者に求められる文書とは 経理担当者には文書を作成する機会がたくさんあります。宛先は部内や取引先、官公庁、電力会社など多岐にわたるでしょう。また、作成する文書の種類も見積書から請求書、納品書の他、依頼文や通知文などさまざまです。 しかし、多くの文書を作成しても、その目的はすべて「会社の利益を正 […]

資格取得で経理のスキルアップ!おすすめの資格と活用方法

資格取得で経理のスキルアップ!おすすめの資格と活用方法

経理業務に関連する資格は数多く、選択に迷う人は多いでしょう。資格取得をきっかけに税理士として独立したり、社内で昇進したりする人は存在します。しかし一方、苦労して資格を取得しても選ぶ資格が適切ではなかった場合、それがすぐにスキルアップにつながらないこともあります。そこで、経理のスキルアップに役立つ資格 […]

経理担当者必見!情報収集に使える本・サイト・セミナーを紹介

経理担当者必見!情報収集に使える本・サイト・セミナーを紹介

経理担当者たるもの、常に現状の知識に満足せず、新しい情報を追いかけていきたいですよね。 新人経理担当者だけでなく、ベテラン担当者も積極的に情報収集することで、業務に役立つ知識・スキルを取り入れることができます。 今回は、情報収集に使える本・サイト・セミナーを紹介します。定期的にチェックしましょう。 […]

経理に求められるコミュニケーションスキル

経理に求められるコミュニケーションスキル

Fintechにより経理業務の質が変わる 経理はこれから「仕組みを利用する側」から「仕組みを構築する側」の役割が求められるようになります。 Fintech(以下フィンテック)というキーワードが経理の環境含め経営環境を騒がしています。finance(金融)とtechnology(技術)を組み合わせた造 […]