経理担当者が考えるキャリアプランは?目指していきたい未来像は?

経理担当者が考えるキャリアプランは?目指していきたい未来像は?

経理の皆さんは、将来に向けてどのようなキャリアプランを思い描いているのでしょうか。

この記事では、「経理プラス」の運営元である株式会社ラクスが全国の経理担当者852名を対象に行ったキャリアに関する調査から、経理として働く方の考えるキャリアプランをまとめ、その実現についてを考えていきます。

経理職を突き詰めていくのか、培った力を他の分野に広げるのか、キャリアプランは人それぞれですが、キャリアプランを考える参考になればと思います。

調査概要

調査名称     :楽楽精算「経理担当者のキャリアに関する意識調査」
調査目的     :経理担当者のキャリアに関するを考えを把握する
調査対象     :経理担当の会社員
調査地域     :47都道府県
調査方法     :インターネット
リサーチ調査時期 :2020年3月11日~12日
有効回答数    :852サンプル

経理担当者の仕事への肯定感は?

まず、経理の方が、現在「経理の仕事」に対してどう感じているのかを調査しました。

  • 経理として働く自分に誇りを持っているか
  • 経理として働く自分が好きか

という質問をしました。

結果、経理として働く自分に誇りを持っている、経理として働く自分が好きと回答した経理の方はどちらも7割以上に上り、多くの方が経理職に対してポジティブに考えて働かれていました。
皆さん、経理の仕事に対して肯定的に向き合っていて、経理プラス編集部としては安心した気持ちです。

経理担当者が最も自信を持つビジネススキルは?

経理の方が、最も自信を持っているビジネススキルについても聞いてみました。

結果は、1位「事務処理能力」、2位「コミュニケーション能力」、3位「実行力」という結果に。
1位の「事務処理能力」に自信のある方が圧倒的に多い結果となりましたが、経理職のキャリア形成においての魅力的に感じる点としても「事務処理スキルが身につく」という点が1位となっており、日々の業務の中で能力を高めながら、その能力を生かして仕事をしていることが伺えます。

交通費・経費精算システム「楽楽精算」 経理プラス メールマガジン登録

経理担当者が目指したいキャリアプラン、未来像は?

そして、目指していきたい未来像は、という問いには、41.2%の方が「ある」と回答しました。あると回答した人の目指す姿は以下のようになりました。

最も多かったのは経理部長としてキャリアで、現在の経理職を突き詰めていきながら延長上にあるプランを描いている方が多かったです。

一方で、2位は他職種へのキャリアチェンジと、領域を変えるプランを考えている方も多くみられました。

経理に関連したおすすめの資格

日商簿記

経理の方が取得する最も一般的な資格と言えば日商簿記でしょう。日本商工会議所が実施しているこの資格は経理求人の応募条件にしている企業もあるほど知名度、実用度が高い資格です。すでに多くの方が取得しているかもしれませんが、取得しておくことでキャリアプランの選択肢は広がりますし、スキルの証明になりますので、まずは2,3級の取得を目指しましょう。
1級ですと合格率10%前後と難関資格になりますが、経理職としてとことん突き詰めていくのであればいずれは取得を目指してはいかがでしょうか。

FASS(経理・財務スキル検定)

経済産業省発案で始まったこの検定は、簿記ではカバーできない「税務」や「賃金」も対象分野としており、より実践的な知識を測る検定です。実務能力の証明になるこのスキルも 経理としてのキャリアを深めていきたい方にはおすすめです。

BATIC(国際会計検定)

外資系の企業やグローバル企業でのキャリアを積むのであれば、海外基準の会計知識を証明できる資格を取得するといいでしょう。BATICは出題も英語ですので、当然一定以上の英語力も求められ、国際基準の知識が必要になります。海外進出を進める企業の経理の方もスキルアップに取得を目指してはどうでしょうか。

経理プラス:注目されているBATICとは?取得のメリットや難易度を解説

経理のスキルを活かせるキャリアチェンジ先

経営企画

経理の経験の中で経営的視点を伸ばしていくことができれば、より広い観点から経営をサポートする経営企画へのキャリアチェンジも選択肢に入ってくると思います。より上流から会社を見たいという希望があるのであれば、経営的視点を持って業務にあたると良いと思います。

IR

IRは、「投資家向けの広報」という役割なので、経理と広報の中間のような仕事です。投資家向けに財務状況や業績を開示するための資料作成を行うので経理知識も必要ですし、適切に情報発信を行うための広報としてのスキルも求められます。投資家からの資金を得るための基盤づくりという経理とはまた違うやりがいのある仕事です。

公認会計士・税理士

会計系の資格の中で、最も難易度が高い国家資格が必要ですが、取得すれば監査法人や税理士法人など専門職としてのキャリアチェンジや独立の道も開けます。かなりの難しい資格ですが、それだけのキャリアアップにつながる資格です。

過去に経理プラスでもいくつか記事を掲載しているので合わせてご覧ください。

経理プラス:社内税理士であなたも一段上の経理へ! 経理担当者のキャリアアップ

まとめ

経理のキャリアプランについて、調査結果を踏まえて考えてきました。キャリアプランは人それぞれで、正解はありません。上述したような経理スキルを活かすキャリアだけでなく、全く違う職種への転職も新しい道だと思います。まだキャリアプランを描いていないという方に、少し先を考えるきっかけにしてもらえれば幸いです。

「経理プラス」無料メルマガ会員登録はこちら

この記事は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」汎用

URLをクリップボードにコピーしました

● 著者

経理プラス編集部

経理プラス編集部

経理プラス編集部です!経理担当者の皆さまの日々の業務にプラスとなる記事をお届けしていきます。