「税金」カテゴリの記事:73件

消費税や地方法人税、固定資産税など、経理担当者が把握しておくべき税金に関する情報をご紹介しています。また、課税対象になる場合とならない場合の違いや、税率や売り上げの計算方法、それぞれの申告先や赤字だった場合の対処法についてなど、さまざまな情報をお届けします。また、複雑化する経理業務を効率化するための経費精算システムもご提案しています。

記事一覧

テレワーク導入時の経費は課税?非課税?区分を確認しておこう

テレワーク導入時の経費は課税?非課税?区分を確認しておこう

テレワーク導入を検討しているものの、導入のための設備や従業員への手当などをどのように扱えば良いか、不安に感じている企業も多いのではないでしょうか。 今回は、テレワーク導入する場合のパソコン等のハードウエアの課税区分や、手当を支給したときの課税区分について詳しく解説していきます。導入前にきちんと理解し […]
収入印紙が必要な契約書とは?税額一覧と手続き完全ガイド

収入印紙が必要な契約書とは?税額一覧と手続き完全ガイド

領収書には印紙が必要、ということをご存知の方は多いかと思います。では、契約書についてはいかがでしょうか。実は契約書の中にも印紙税の課税対象となる文書があります。今回はその概要について確認していきましょう。 印紙税とは 印紙税とは、法律で定められた課税文書に対して課される国の税金です。課税文書には各種 […]
収入印紙とは?購入場所と金額、基本のルールを徹底解説!

収入印紙とは?購入場所と金額、基本のルールを徹底解説!

金額が5万円以上の領収書や手形などに貼る「収入印紙」。いざというとき購入場所や、実務上の手続きに迷ってしまわないよう、今回は収入印紙についての基本を確認していきましょう。 収入印紙とは? 収入印紙は印紙税などの徴収のため、政府が発行する証票を指します。印紙税とは国税の一つで、契約書や領収書など発行を […]
法定調書の超基本!作成時に気をつけたい3つの注意点

法定調書の超基本!作成時に気をつけたい3つの注意点

企業が税務署に提出する書類のひとつに「法定調書」というものがあります。法人であれば、一般的に毎年のように作成されるものですから、経理担当者であれば耳にする機会も多いでしょう。しかし、法定調書の目的や種類、記載する内容について詳しく理解できていない方も少なくありません。 今回は、法定調書の概要や記載の […]
消費税中間申告の延長の要件や手続き方法 ポイントをしっかり解説

消費税中間申告の延長の要件や手続き方法 ポイントをしっかり解説

消費税の課税額によっては、納付を複数回に分納できる中間申告が認められています。この中間申告が、2020年に広がった新型コロナウイルス感染症の影響で期限延長が可能になっています。予定納税として中間申告をしている企業も多数あると思われますので、今回は、消費税の中間申告の延長とはどのような制度か、手続きの […]
車通勤の交通費精算方法は?非課税限度額などの注意点を解説

車通勤の交通費精算方法は?非課税限度額などの注意点を解説

通勤手当は社員の通勤費用を補助するもので、会社で働く社員にとって支給の有無は給与所得にも影響するものです。ただ、通勤手当といっても、個人それぞれの通勤手段は異なりますし、計算も違ってきます。また、非課税部分もあるなど細かな決まりごともあるため、しっかりと把握しておかなくてはなりません。 そのため、今 […]
消費税還付を受けられる条件とは 仕組みや仕訳方法を学んで賢く節税

消費税還付を受けられる条件とは 仕組みや仕訳方法を学んで賢く節税

消費税還付とは 消費税の課税事業者は、課税売上や課税仕入によって受け払いする消費税から納付税額を計算し、期限内に消費税の確定申告と納税を行わなければなりません。納付税額は、課税売上から計算した消費税額と、課税仕入にかかる消費税額から計算した仕入控除税額との差額のこと。この額は概ねおおむね、受け取った […]
収入印紙の勘定科目は購入時と決算時で違う!?正しい選び方とは

収入印紙の勘定科目は購入時と決算時で違う!?正しい選び方とは

収入印紙とは 収入印紙はどんなときに使うの? 収入印紙は、主に印紙税を納税するタイミングで用いられます。この印紙税は、日常の経済取引に伴って作成される文書に課税されるもの。国税庁では収入印紙税額表に、20種の印紙税がかかる文書(以下、課税文書)を記載しています。なお、必要な印紙税額も添付すべき文書の […]
圧縮記帳で課税所得を相殺!適用できるケースや処理方法を解説

圧縮記帳で課税所得を相殺!適用できるケースや処理方法を解説

圧縮記帳とは 圧縮記帳とは、一定要件を満たす資産の取得があった場合にその政策的背景から一時に課税することが適当でないものについて圧縮損を計上し、課税所得を相殺する処理をいいます。圧縮損は圧縮記帳を適用した後の減価償却費を減少させるため、トータルの課税所得は同じです。したがって、圧縮記帳とは課税の繰り […]
収入印紙は課税取引?非課税取引? 仕訳と勘定科目の見極め方

収入印紙は課税取引?非課税取引? 仕訳と勘定科目の見極め方

収入印紙の勘定科目 収入印紙とは、文書に対して発生する「印紙税」という税金を納める手段などに使われるもの。印紙税は課税対象となる文書の作成時に、その文書に収入印紙を貼付することで納税となります。 収入印紙は郵便局や法務局などで購入できますが、その購入代金の全額を経費にすることはできません。そのため、 […]