IFRS(国際会計基準)とは?いまさら聞けない概要と導入のメリット・デメリット

最近、IFRS(アイファース、イファース)という言葉をよく耳にしますが、IFRSとはなんなのでしょうか。世界共通の会計基準が存在するとどんなメリットがあるのでしょうか。IFRSの現在の我が国の動向とともにメリット・デメリットについて考えたいと思います。

 

国際会計基準(IFRS)とは

国際会計基準(International Financial Reporting Standards、IFRS)は、ロンドンを拠点とする民間団体である国際会計基準審議会(International Accounting Standards Board、IASB)が設定する会計基準のことです。
「世界共通の会計基準」づくりを目指して始まり、2005年にはEU域内上場企業に適用義務化され、現在は110以上の国と地域で採用されており、今後も広がっていくといわれています。現在、大きな資本市場の国では米国と日本だけ導入されていないので、世界中からこの動向が注目されています。日本も当初は2015年に上場企業にIFRSを強制適用する予定でしたが、震災の影響や米国の対応遅れ(重要論点が最終化に至らない)などから2015年の強制適用はなくなり、強制適用時期が不透明な状況になりました。現在は、適用企業を増やすことを目標に普及促進を図っています。

IFRSには3つの特徴があります。
1つは原則主義です。原則主義とは解釈指針の他には、詳細な規定や数値基準がほとんど示されていない会計主義のことであり、その分、自由度が高くなります。このため、解釈の根拠を外部に明確に示す必要性があるため、大量の注記がなされます。これに対して、日本基準は細則主義で、会計基準や解釈指針、実務指針等々、細かく規定が定められています。
2つ目は貸借対照表重視です。IFRSでは、投資家や債権者が必要としている資産価値を評価する情報として、将来キャッシュフローの現在価値を重視する考えですが、日本では期間損益を重視する損益計算書重視の考え方です。
3つ目はグローバル基準です。各国の独自性(例えば税務上問題など)も加味せず、議論や定義も英語で行い、言語差異を防ぐ工夫をしています。IFRSの3つの特徴がメリット・デメリットにもつながります。

 

第8回経理勉強会  経理部マネージャーのための財務諸表分析入門 第1回経理交流会 ちょっと早い、経理大忘年会!

 

IFRS導入のメリット

日本でIFRSを導入している会社は、上場会社の一部にとどまりますが、IFRS導入にどのようなメリットがあると考えられるのでしょうか。

経営管理への寄与

海外子会社が多い場合、すべての子会社がIFRSを採用していると、会社間指標が同じになるので管理が容易になり、経営管理に役立ちます。

比較可能性の向上

業績の「ものさし」が一つになったので、子会社の業績がより正確に把握できるほか、業績面での子会社との認識相違も避けられます。

業績の適切な反映

のれん、収益認識及び有給休暇引当金など、日本の会計基準よりIFRSのほうが自社の実態を適切に表現できる場合があります。

海外投資家への説明の容易さ

海外投資家がいる場合、日本の会計基準とIFRSの差異を説明する必要がありましたが、それに時間を費やす必要がなります。

海外での資金調達の円滑化

海外における資金調達において、財務諸表がそのまま使うことができるので、資金調達の選択肢が拡大すると考えられます。

このように、グローバル展開している会社にとって、IFRS適用は大きなメリットがあると考えられます。

 

IFRS導入のデメリット

一方、IFRS適用にあたってのデメリットとはなんでしょうか。

事務負担の増加

会社法上では、依然として日本基準での開示が求められるので、複数帳簿(IFRS用と日本の会計基準用)の完備する必要があり、また、特徴で述べた通り、注記情報が多大になるため開示コストが増加するなど、経理面でも事務負担が増します。

コストの増加

IFRSへの移行に関する外部のアドバイザー費用、追加的な監査報酬、システム対応のコストの増加など、IFRSの導入に当たっては多額な費用が必要となります。

適用の困難さ

会計基準が難解であることや頻繁に改正されるので適用が困難を極めます。

現状、採用している企業が少ないため、情報が少ないなどのデメリットもあるようです。

 

IFRS導入を検討する際に気を付けるポイント

IFRSは上記のように日本の会計基準とかなり異なるため、適用に当たっては綿密な計画が必要となります。例えば、企業の要である売上の計上基準一つをとっても、出荷基準が認められず、すべて検収基準となりますので、会計財務部門に限らず、関係各部署の従業員への教育も必要となってきます。また、IFRSに適用するにあたっては、システムの変更も必至です。このように、IFRSを適用するにあたっては、会社に大きく影響を与えますから、金銭、人的コストの増大も勘案し、メリット・デメリットを総合的に判断して、綿密な計画で進めていくことが肝要です。

 

最後に

いかがでしたか。
日本では現状、上場会社でも強制適用されていないIFRSですので、すぐにIFRSの影響を受けるという事業者は少ないかもしれません。しかし、世界はグローバル化が進み、会計においても世界的に統一するニーズも少しずつ高まっています。現在、グローバル展開されている事業者、また将来グローバル展開を考えている事業者は特に、世界共通の会計基準であるIFRSに興味を持っていただきたいと思います。

 

「経理プラス」メルマガでは、定期的に記事のランキングやおすすめ情報などをお届けしています。読み逃しがないよう是非ご登録ください!

「経理プラス」メルマガ登録は・・・ こちらから

 

経費精算システム「楽楽精算」

● 著者

経理プラス編集部

経理プラス編集部

経理プラス編集部です。経理担当者様の日々の業務にプラスとなるお役立ち情報をお届けしていきます!