短期借入金とは?長期借入金との違いや会計処理方法を徹底解説

短期借入金とは?長期借入金との違いや会計処理方法を徹底解説

企業経営において自己資金で資金繰りができない場合、金融機関から借り入れることがあり、これを借入金と言います。借入金には短期借入金と長期借入金の2種類があり、今回の記事では短期借入金と長期借入金の違いやそれぞれのメリットなどについて解説していきます。

短期借入金とは

短期借入金とは、返済期限が1年以内に設定された借入金のことです。例えば、返済期限が3カ月の借入を行った場合、借入金に分類されます。金融機関からの借入を筆頭に、関係会社からの借入や個人からの借入も返済期限が1年以内の場合は短期借入金に含まれます。

長期借入金との違い

長期借入金とは、返済期限が1年を超えて設定された借入金のことを示します。つまり返済期限が1年を超えるか否かで、貸借対照表において短期借入金か長期借入金か区分が変わります。この1年を超えるか否かで、処理が変わることを「ワンイヤールール」と呼びます。

短期借入金、長期借入金の種類

借入金には4つの種類があります。それぞれ借り入れの仕方が異なりますので、1つずつ見ていきましょう。

証書借入

証書借入は金銭貸借契約証書を用いるもので、借入においてもっともポピュラーな方法です。企業は借入時に、金融機関と金銭消費貸借契約書を締結します。当該契約書をもとに借用証書が作成され、借入が実行されます。

手形借入

手形借入とは企業が融資を受ける際、先述の借用証書を発行する代わりに企業が振出人となり、受取人を金融機関とする約束手形を振り出す取引形態です。手形の満期が到来するに伴い、借入額を返済する必要があります。

ファクタリング

ファクタリングは売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらい、即時資金化を行う形で資金調達を行う形で資金調達を行う方法です。通常、資金に困窮している会社が利用するケースが多く、利率や手数料は高く設定されることになります。

当座貸越

当座貸越とは、小切手を振り出す手法の1つです。通常、当座預金残高を超える小切手発行を行うと不渡りになってしまいますが、金融機関と当座貸越契約を結ぶと、当座預金残高を超える額で小切手を発行することができるのです(限度額は契約内で定めます)。

なお、証書貸付・手形貸付・当座貸越については以下ページで詳細を取り上げていますので、合わせてご参照ください。

経理プラス:融資は企業の原動力 賢く使いわける証書貸付・手形貸付・当座貸越

経費精算システム「楽楽精算」汎用

URLをクリップボードにコピーしました