ROEとROAとは 収益性分析の指標を確認しよう

ROE、ROAという言葉を聞いたことはあるでしょうか。
ROE、ROAの指標は経営上でとても重要な指標です。聞いたことはあるけど、詳しくはわからない、どのように使ったらいいかわからないという方は、しっかりと確認しておきましょう。

 

ROE(自己資本利益率)とはどんな経営指標?どのように使えばいい?

ROE(Return On Equity)とは、自己資本利益率を指し、株主が拠出した資本(自己資本)を利用して、どの程度の利益を上げているかを示す指標です。
この自己資本利益率は次の計算式で算定します。

自己資本利益率(ROE)=当期純利益/自己資本×100

会社は、株主が出資した資本を元手にして事業を行います。株主からすると、出資した資本を効率的に使って、たくさん利益を稼いでくれた方がよいわけです。ROEを会社間で比較することによって、どちらが効率的に利益を稼ぐことができているかが見えてきます。

例えば、次の2社でROEを見ていきましょう。

A社 当期純利益10億円 自己資本100億円
B社 当期純利益2億円 自己資本10億円

A社のROEは、10%(計算式:10億円÷100億円)となります。
B社のROEは、20%(計算式:2億円÷10億円)となります。

A社とB社を利益だけで単純に比較すると、A社の方が当期純利益を多く計上しているため、A社の方が良いとも思えます。しかし、ROEで見るとB社の方が高く、効率的に利益を稼いでいる(資本効率が良い)ということがわかります。同じ金額を投資するのであれば、B社に投資した方がリターンは大きいということが判断できます。

ROEはこのように利益が多い少ないだけではわからない効率性を判断するための経営指標です。当然、自己資本利益率が高いほど株主からの評価は高くなります。

日本企業はROEが低いと言われていましたが、近年は株主を重視した経営が要求されることもあり改善が進み、平均が10%を超えるようになってきました。この10%が一つの目安で、15%あれば優良であると言えるでしょう。

 

交通費・経費精算システム「楽楽精算」 経理プラス メールマガジン登録

 

ROA(総資本利益率)とはどんな経営指標?どのように使えばいい?

ROA(Return On Assets)とは、総資産利益率のことを指し、会社が持っている資産を利用して、どの程度の利益を上げているかを示す指標です。総資産利益率は次の計算式で算定します。

総資産利益率(ROA)=当期純利益/総資産×100

例えば、次の2社でROAを見ていきましょう。

A社 当期純利益10億円 総資産200億円
B社 当期純利益15億円 総資産250億円

A社のROAは、5%(計算式:10億円÷200億円)となります。
B社のROAは、6%(計算式:15億円÷250億円)となります。

このA社とB社がどちらも同じ業種だったとすると、ROAの高いB社の方が資産を効率的に活用して利益を稼ぐことができている、と言えます。このようにROAも利益獲得の効率性を判断するための指標で、高いほど良いと考えられています。
目安となるROAの水準は業種によっても異なりますが、一般的には5%が一つの目安であると言われています。業種により目安が異なるため、ROAは異業種間での比較には適していません。

工場など大きな設備が必要となる業種では総資産も大きくなります。一方、IT産業のように大きな設備投資の必要がなければ総資産はそれほど大きくならないでしょう。これらを比較すると、設備投資を必要とする業種の方がROAは低くなりますが、だからといって、そのような業種の投資はダメで、IT産業に投資すべき、ということにはなりません。

ROAは同業他社と比較して優劣を判断したり、同じ会社の年度別の推移を見るなどして、改善の状況を確認する、といった使い方をするとよいでしょう。

 

ROA、ROEを改善するにはどうすればいい?

ROAとROEの違い

ROAとROEはよく似ていますが、計算式の分母に違いがあります。分母に自己資本を用いたものがROEで、分母に総資産を用いたものがROAです。

ROEは出資に対するリターンですので、異業種間で比較する際にも用いることができます。一方、ROAは総資産に対するリターンですので、上記の通り異業種間での比較には適していません。

ROEを改善するには

ROEを改善するためには、分子である当期純利益を増やすか、分母である自己資本を減らすことが必要です。例えば、余剰資金がたくさん残っているのであれば、減資や自社株買いをすれば自己資本を減らすことができます。また、無借金経営をしているのであれば、運転借入をして、必要のない資金は同じように減資や自社株買いをして自己資本を減らすとよいでしょう。借入金をすることには抵抗があるかもしれませんが、株主のお金を有効に活用するという観点からは、借入をすることも一つの方法です。

ROAを改善するには

ROAを改善するためには、分子である当期純利益を増やすか、分母である総資産を減らすことが必要です。利益を増やす方法は会社によって様々な方法が考えられます。総資産を減らすためには、在庫を減らす、滞留債権を処理する、不要な設備を売却する、業務とは関係のない投資は解約する、など不要不急の資産を現金化し、借入金を返済するなどして、資産規模を圧縮することが考えられます。

 

まとめ

重要な経営指標でもあるROEとROAについて解説しました。近年は、単純に利益を多くあげるだけではなく、資本や資産の効率性を高める経営を行うことが求められてきています。ROE、ROAが低いと、自社の株価にも影響してくる可能性があります。ROEやROAを活用して、資本や資産の効率性を意識した経営を心掛けていきましょう。

 

「経理プラス」メルマガでは、定期的に記事のランキングやおすすめ情報などをお届けしています。読み逃しがないよう是非ご登録ください!

「経理プラス」メルマガ登録は・・・ こちらから

 

経費精算システム「楽楽精算」導入事例

● 著者

松本 佳之

松本 佳之

税理士・公認会計士・行政書士 1980年兵庫県に生まれる。2001年公認会計士二次試験合格。2002年関西学院大学商学部卒業、朝日監査法人(現あずさ監査法人)入所。2005年公認会計士三次試験合格、公認会計士登録。2007年税理士登録後独立し、北浜総合会計事務所を開設。監査法人勤務時代は企業公開部門に所属し、さまざまな実績を重ねる。