自己資本比率で分かること 企業の安全性はここで見極める

自己資本比率で分かること 企業の安全性はここで見極める

自己資本比率とは

自己資本比率は企業の安全性を測る数字の一つで、次の式で計算されます。

<計算式>

自己資本比率=自己資本/総資産×100

計算式のとおり、自己資本比率とは総資産のうち、自己資本の占める割合で計算されるものです。この総資産とは貸借対照表の負債・純資産の部の総額のことであり、言い換えると会社が事業のために集めたお金の合計になります。このうち、負債の部は借入金や買掛金など、いつか債権者に返済しなければならないお金です。

これに対し、純資産の部のメインは株主資本となります。株主資本は株主に帰属する権利のことで、株主から払い込まれたお金そのものを返済する必要はありません。

自己資本比率とは、事業のために集めたお金のうち、返済不要なものがどのくらいあるかの割合です。つまり、企業の安全性(つぶれにくさ)を表しています。

自己資本比率の「自己資本」とは

純資産の部は、以下によって構成されています。

  • 株主資本
  • 評価換算差額等
  • 新株予約権

このうち、自己資本比率の自己資本にあたるのは、一般的に新株予約権以外の合計です。新株予約権とは、特定の相手に株式を一定の価格で購入できる権利を与えたもので、株主資本とは区別されます。

自己資本比率の使い方

自己資本比率は、企業の財務分析に利用されます。自社が外部からどう見えるかを知るための数字となったり、競合他社との比較によって安全性確保の目安としたりすることも可能です。特に、同規模あるいは同業種の他社よりも自己資本比率が低い場合は、自社の借入と返済のバランスを見直すことで倒産リスクを回避することに繋がります。

自己資本比率の目安は何%?

自己資本比率の目安は、20%~50%あれば普通、50%を超えれば高いと考えてよいでしょう。シンプルに考えると、自己資本比率50%とは返さなければならないお金と返さなくて良いお金が半々の状態です。半々であれば、会社がつぶれることはありません。
ちなみに、中小企業実態基本調査によると、平成28年度決算から算出した中小企業の自己資本比率は40.08%(※)という結果でした。

(※)経済センサス基礎調査をもとに、合計11業種に属する中小企業から調査対象約11万社を抽出して実施された調査。

(参考)中小企業庁「平成29年中小企業実態基本調査速報(平成28年度決算実績)」より

交通費・経費精算システム「楽楽精算」 経理プラス メールマガジン登録

自己資本比率を見るときのポイント

会社の安全性は、自己資本比率に加えて資産と負債の内容から総合的に判断します。ここでは、自己資本比率が高いとき・低いときに、資産と負債について見るべきポイントをご紹介しましょう。

自己資本比率が高いとき

自己資本比率が50%を超えるような安全性の高い会社であっても、資産のうち現金や普通預金の額が少ない場合は注意が必要です。資産の多くが長期前払費用や長期貸付金のような現金化ができない(あるいはすぐにできない)資産だと、突発的な支払が発生したときに現金が不足してしまう可能性があるからです。現金が不足すれば、新たな借入を行うことになります。
また、自己資本比率が高いということは、事業で新規の投資を行っていないという見方もできます。売上高が安定していれば問題ありませんが、徐々に減少している場合は注意が必要です。

自己資本比率が低いとき

自己資本比率が低い会社は安全性に注意が必要ですが、負債の内容も確認しましょう。負債の多くが短期借入金(1年以内に返済が見込まれるもの)であれば、翌期には自己資本比率は上がるはずです。したがって、それほど問題視する必要はありません。

自己資本比率と他の指数との関係

自己資本比率は、自己資本/総資産の割合から計算されますが、この逆数を財務レバレッジといいます。

<計算式>

財務レバレッジ=総資産/自己資本

これは自己資本に対し、どのくらいのお金を事業に使っているかを表す指数です。自己資本比率が低い会社ほど、財務レバレッジは高くなります。「財務レバレッジは上げない方がいいのでは」と思うかもしれませんが、財務レバレッジが上昇することによって別の指数が上がります。それが、ROE(自己資本利益率)です。このROEは、自己資本に対してどれくらい効率的に利益を上げているかを測る指数、つまり会社の収益性をみる指数になります。

<計算式>

ROE=当期純利益/自己資本×100

これを分解すると、以下のような計算式になります。

ROE=財務レバレッジ×ROA(※)

(※)ROA(総資産利益率)・・・当期純利益/総資産×100

ROEやROAがどのような指数かは、こちらの記事をご覧ください。

経理プラス:ROEとROAとは 収益性分析の指標を確認しよう

<自己資本比率と自己資本利益率の関係>

自己資本比率とROEは、トレードオフの関係にあります。
例えば以下のような会社では、自己資本比率が25%と50%の場合、ROEは次のように変化します。

  • 総資産が80万円
  • 当期純利益10万円

<自己資本比率が25%の場合>
総資産80万円(うち自己資本20万円)、当期純利益10万円

  • 自己資本比率・・・25%(20万円/80万円×100)
  • ROE・・・50%(10万円/20万円×100)

<自己資本比率が50%の場合>
総資産80万円(うち自己資本40万円)、当期純利益10万円

  • 自己資本比率・・・50%(40万円/80万円×100)
  • ROE・・・25%(10万円/40万円×100)

まとめ

自己資本比率は高いほど安全性が高まりますが、会社が効率よく稼げているかどうかを表す指数は下がります。自己資本比率が高いことは良いことですが、自己資本比率が高くて会社の売上高の減少が続いている場合は、事業拡大や販路開拓の分岐点にきているのかもしれません。

「経理プラス」無料メルマガ会員登録はこちら

この記事は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

WEB帳票発行システム「楽楽明細」

URLをクリップボードにコピーしました

● 著者

石田 夏

石田 夏

税理士事務所、上場企業の経理職を経てフリーライターに転身。 簿記やファイナンシャルプランナー資格を活かして、 税務・会計に関する企業向けコンテンツを中心に執筆中。 ポリシーは、「知りたいをわかりやすく」。