ROEとは?計算方法から改善方法、ROAとの違いについても徹底解説!

ROEとは?計算方法から改善方法、ROAとの違いについても徹底解説!

「会社は株主のもの」という意識の高まりに合わせて、株主目線の指標であるROE(株主資本利益率)を重要指標としてかかげる会社が増えてきました。しかしROEについて、実際のところ正しく理解できている方は少ないかもしれません。ここではROEの計算方法、目安、改善方法、またROAとの違いなど網羅的に解説します。

ROEの概要

ROEとは「リターンオンエクイティ」(Return On Equity)の略称。日本語では自己資本利益率(株主資本利益率)と訳され、以下のように算出されます。

ROE(%)= 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100

当期純利益

当期純利益とは、法人税まで支払った後の最終利益です。これを自己資本(≒株主が出資したお金)で割ることによって、株主目線からすると「投資したお金で、どれだけ効率的にお金を稼げたのか」を表す指標になります。

損益計算書には営業利益や経常利益もありますが、ROEで使われるのは必ず当期純利益です。お金を出資している株主は、当然ながらリターンを期待するでしょう。リターンの一つである「配当」の原資は当期の最終利益ですので、分子は当期純利益となります。

自己資本

自己資本は、おおよそ純資産とイコールで考えても良いでしょう。正確には、下記の通り算出されます。

自己資本 = 純資産の部 - 新株予約権 - 非支配株主持分

未来の株主(新株予約権)や保有する子会社の少数株主(非支配株主持分)が記載されていることがありますが、これらは現在の株主とは言えません。そのため、自己資本からは控除します。

ROAとの違い

ROEと同じく収益性を表す指標に、ROA「リターンオンアセット」(Return On Assets)があります。ROAを求める計算式は以下の通りです。

ROA(%)= 当期純利益 ÷ 総資産 × 100

分母が総資産なので、「会社の資産を使って、どれだけ効率的にお金を稼いだか?」を表します。株主だけではなく、利害関係者すべてが利用する指標です。なお、ROAとROEの比較は以下リンクの記事も参考にしてください。

経理プラス:ROEとROAの違いとは 計算方法と収益性分析の指標を確認しよう

ROEの計算方法

ROE(%)
=当期純利益 ÷ 自己資本×100
=売上高利益率(当期純利益 ÷ 売上高)× 総資産回転率(売上高 ÷ 総資産)× 財務レバレッジ(総資産 ÷ 自己資本)× 100

言葉で説明すると、「利益率を高め」「少ない資産で多く売り上げ」「借金を多くする」になります。また、売上高利益率×総資産回転率は、分母と分子の売上高が打ち消しあって当期純利益÷総資産になりますので、ROAと同じ式です。そのため、以下の式でROEを表すこともできます。

ROE(%)=ROA ×(総資産 ÷ 自己資本)× 100

ROEの意味合い、目安の値

次に、ROEの意味合いと目安の値について考えてみましょう。ROEは売上高利益率と総資産回転率、財務レバレッジの掛け算だと前述しました。一般的に薄利多売の商売(例:100円ショップ等)では利益率は低いですが、その分たくさん売り上げますので回転率は高くなります。一方、利幅の大きな商売では利益率が高いものの、回転率は低くなる傾向があります。

<参考(2018年度決算より)>
・某小売業(100円ショップ)
純利益率1.1%、総資産回転率2.7回、ROE6.5%
・某サービス業(テーマパーク運営)
純利益率17.2%、総資産回転率0.5回、ROE11.2%

経済産業省のデータによると、日米欧の2018年ROE平均値は下記の通りです。

  • 日本9.4%
  • 米国18.4%
  • 欧州11.9%

日本の企業では、ROEの目標値に10%を上げるところが多く見られます。こうしたことから、8~10%であれば概ね優良企業と判断しても良いでしょう。なお、ROEの目安については下記記事も参照にしてください。

経理プラス:ROEの目安とは?押さえておきたい計算方法と分析方法

財務レバレッジについて

利益率や回転率に比べ、財務レバレッジは少し理解しにくいかもしれません。算出方法は以下の通りとなります。

財務レバレッジ(倍)= 総資産 ÷ 自己資本

例えば無借金経営の場合は「総資産=自己資本」ですので、財務レバレッジは1倍です。外部資本である借入や社債発行を多くすると、財務レバレッジは2倍、3倍と増えていきます。

財務レバレッジとは、自己資本ではなく借入や社債発行などの外部資本を利用して総資産を増やし、ビジネスを大きくしているかを表す指標です。株主のメリットとして、追加でお金を投入しなくてもビジネスが大きくなることが挙げられます。なお、財務レバレッジの平均は約2倍(自己資本、外部資本が半々の状態)です。3倍、4倍になればROEは向上しますが、これは借金が増えていくことを意味するため企業の安全性は低下します。
また、総資産を変えずに財務レバレッジを高める方法として、「自社株買い」があります。自社株買いは会社が株券を買い戻すことですので、貸借対照表(B/S)上、純資産の部にマイナスとして計上されます。

ROEの評価は利益率や総資産回転率、財務レバレッジを競合他社や時系列に並べて、総合的に判断していくことが大切です。

ROEの改善方法

ROEは、利益率か総資産回転率、財務レバレッジのいずれかが上がると改善します。所属する業界や創業年数(スタートアップか、老舗か)などによっても異なりますが、資産回転率は1倍、財務レバレッジは2倍強が概ね日本企業の平均値。この値は欧米の企業もほぼ同じです。

日本企業のROEが低い理由の一つは、利益率の低さと言えるでしょう。利益率の改善は一朝一夕にはいきませんが、大きく分けて2つの方法があります。

付加価値をつけ販売価格を上げる

利益率を改善するためには販売価格を上げることで実現できます。代表的な方法を3つ掲載します。

  • マーケティングによる顧客ニーズにあった商品の企画、開発
  • 研究開発費の投入による新商品の開発
  • 商品構成を利益率の高い商品に注力

コストを下げる

2つ目はコストを下げることです。具体的には以下の通りです。

  • 技術力向上による歩留、原単位の改善
  • 競争化や発注の集中化による仕入れコストの低減
  • 機械化による要員合理化

純利益率が5%あり、他指標(回転率、財務レバレッジ)が平均であればROE10%となります。

まとめ

持ち合い株の解消や物言う株主の出現により、今後も上場企業はROEを意識した経営を行うことが必要です。ROEについては、以下の内容について頭に入れておきましょう。

  • 10%を目標とする企業が多い
  • 利益率、総資産回転率、財務レバレッジの3要素を分析、比較
  • 財務レバレッジの目安は2倍。安全性とのバランスが重要
  • 王道は利益率の改善

ROEの改善を担当者レベルで考える場合は、「販売価格を上げる」「コストを下げる」に読み替えて説明すると自分事として理解できるのではないでしょうか。

「経理プラス」無料メルマガ会員登録はこちら

この内容は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」汎用

● 著者

柴藤唯人

柴藤唯人

大手製造業(鉄鋼メーカー)の経理財務担当として勤務。財務系は固定資産管理、棚卸資産管理、一般会計を担当。また、原価系は原価計算、月次、半期予算、中期計画、コスト分析、損益分析を経験する。管理職昇進後は会計実務からは離れて、公認会計士対応や内部統制、原価は全体のコスト総括や損益総括を担当。工場だけではなく営業へも情報を提供するなど、販売戦略にもかかわる。日商簿記1・2級保有。