ROEとは?計算方法から改善方法、ROAとの違いについても徹底解説!

ROEとは?計算方法から改善方法、ROAとの違いについても徹底解説!

「会社は株主のもの」という意識の高まりに合わせて、株主目線の指標であるROE(株主資本利益率)を重要指標としてかかげる会社が増えてきました。しかしROEについて、実際のところ正しく理解できている方は少ないかもしれません。ここではROEの計算方法、目安、改善方法、またROAとの違いなど網羅的に解説します。

ROEの概要

ROEとは「リターンオンエクイティ」(Return On Equity)の略称。日本語では自己資本利益率(株主資本利益率)と訳され、以下のように算出されます。

ROE(%)= 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100

当期純利益

当期純利益とは、法人税まで支払った後の最終利益です。これを自己資本(≒株主が出資したお金)で割ることによって、株主目線からすると「投資したお金で、どれだけ効率的にお金を稼げたのか」を表す指標になります。

損益計算書には営業利益や経常利益もありますが、ROEで使われるのは必ず当期純利益です。お金を出資している株主は、当然ながらリターンを期待するでしょう。リターンの一つである「配当」の原資は当期の最終利益ですので、分子は当期純利益となります。

自己資本

自己資本は、おおよそ純資産とイコールで考えても良いでしょう。正確には、下記の通り算出されます。

自己資本 = 純資産の部 - 新株予約権 - 非支配株主持分

未来の株主(新株予約権)や保有する子会社の少数株主(非支配株主持分)が記載されていることがありますが、これらは現在の株主とは言えません。そのため、自己資本からは控除します。

ROAとの違い

ROEと同じく収益性を表す指標に、ROA「リターンオンアセット」(Return On Assets)があります。ROAを求める計算式は以下の通りです。

ROA(%)= 当期純利益 ÷ 総資産 × 100

分母が総資産なので、「会社の資産を使って、どれだけ効率的にお金を稼いだか?」を表します。株主だけではなく、利害関係者すべてが利用する指標です。なお、ROAとROEの比較は以下リンクの記事も参考にしてください。

経理プラス:ROEとROAとは 収益性分析の指標を確認しよう

ROEの計算方法

ROE(%)
=当期純利益 ÷ 自己資本×100
=売上高利益率(当期純利益 ÷ 売上高)× 総資産回転率(売上高 ÷ 総資産)× 財務レバレッジ(総資産 ÷ 自己資本)× 100

言葉で説明すると、「利益率を高め」「少ない資産で多く売り上げ」「借金を多くする」になります。また、売上高利益率×総資産回転率は、分母と分子の売上高が打ち消しあって当期純利益÷総資産になりますので、ROAと同じ式です。そのため、以下の式でROEを表すこともできます。

ROE(%)=ROA ×(総資産 ÷ 自己資本)× 100
経費精算システム「楽楽精算」汎用

● 著者

柴藤唯人

柴藤唯人

大手製造業(鉄鋼メーカー)の経理財務担当として勤務。財務系は固定資産管理、棚卸資産管理、一般会計を担当。また、原価系は原価計算、月次、半期予算、中期計画、コスト分析、損益分析を経験する。管理職昇進後は会計実務からは離れて、公認会計士対応や内部統制、原価は全体のコスト総括や損益総括を担当。工場だけではなく営業へも情報を提供するなど、販売戦略にもかかわる。日商簿記1・2級保有。