【経理ニュース速報】来年から領収書はスキャン後即廃棄へ?電子帳簿の規制緩和方針を発表

先日、これまで3万円未満しか認められていなかった領収書の電子保存が、2015年以降3万円以上のものについても認める方針が政府より発表されました。

[引用]政府は税務調査の証拠となる領収書や契約書の原本を原則7年間保管するよう企業に義務付けた規制を2015年にも緩める方針だ。3万円以上の場合に紙のまま保管するよう求めていたが、スキャナーで読み取って画像データを保存すれば原本を捨てられるようにする。米国や韓国は税務関連の書類の電子保存を広く認めており「岩盤規制」の撤廃にようやく踏み出す。(2014年11月5日 日本経済新聞)

今回の電子帳簿保存法の緩和で、実際どう変わったのか?
解説させていただきます。
 

電子帳簿保存法緩和で「全ての領収書のスキャン保管・原本廃棄」が可能に

今回の法改正により、「全ての領収書をスキャンしPDFで保管することで原本が廃棄できる」ようになります。
これまでも3万円未満の領収書に限っては、スキャナーで読み取り原本を廃棄することが認められていましたが、実際のビジネスの現場では3万円未満の領収書と3万円以上の領収書を別々に処理する手間の方が面倒であるため、結局全てを紙のまま保管する企業が大半でした。
 

企業へのコスト削減効果はどれくらい?

経団連では、これまで大半の会社が強いられていた7年間の原本保存には約3千億円の保存コストがかかっていたと試算しています。
法改正によるペーパーレス化推進で保存コストをゼロにできれば、日本企業にとっては「実効税率が0.6%下がるのと同等のコスト削減」が見込まれます。

電子帳簿保存法の最新動向と、経費精算業務の未来像

 

解説Q&A.領収書保存時、スマホの撮影は認められる?

A.いいえ、スマホでの撮影保存は認められません。
電子保存ということで、レシートや領収書をその場で撮影してその場で捨てられると便利ですが、今後もスキャナーでの画像化でなければ認められない可能性が高いです。
国税庁HP
 

解説Q&A.過去分の領収書もスキャン保存していいの?

A.いいえ、認められません。
遡及立法は原則的に禁止されているため、過去分の領収書は原本で7年間保存しなければならないというのは変わらず、今後も数年間領収書を紙で取っておかなければなりません。
 

ペーパーレス社会に向けて意識すべきこと

書類を紙で発行してしまった場合、スキャンすることに加え電子署名やタイムスタンプなど電子データの作成者および作成日の証明が必要になるなど手間が発生します。
しかし、最初からPDFで帳票発行してメールで送信すれば、原本保存やスキャンといった手間はかかりません。ビジネスをされている方は、メール等で領収書を送れば、お客様の手間・コストの削減になると意識しておくとよいでしょう。

また、メールで送付した領収書は印紙税の対象から外れることも意識すべきです。
平成26年4月からは領収書に印紙税を貼るのは3万円から5万円以上へと引き上げられました。領収書をPDFファイルによりメールで発行する場合には、保存上の手間・コストの削減に加えて印紙税の節税にもなります。

PDF化した領収書を添付して精算できる経費精算システムなどにも注目が集まっています。
経費精算システム 楽楽精算

今回の発表で領収書の電子保存が可能になりましたので、手間削減、コスト削減、印紙税節税にために、社内のペーパーレス化を検討してみてはいかがでしょうか。
 

お知らせ

2016年7月22日(金)に新宿にて電子帳簿保存法の最新動向を解説する無料セミナーを開催します。

電子帳簿保存法の最新動向と、クラウドサービスの活用による業務プロセス改善や他社の効率化事例をご紹介します。

詳細は、こちらをご覧ください。
「電子帳簿保存法の最新動向と、経費精算業務の未来像」

 

「経理プラス」メルマガでは、定期的に記事のランキングやおすすめ情報などをお届けしています。読み逃しがないよう是非ご登録ください!

「経理プラス」メルマガ登録は・・・ こちらから

 



電子帳簿保存法の最新動向と、経費精算業務の未来像
● 著者
服部 峻介(セブンリッチ会計事務所)

服部 峻介(セブンリッチ会計事務所)

北海道大学経済学部卒。有限責任監査法人トーマツ入社後、上場企業の監査、内部統制、IPO支援、株価算定、M&A、不正調査等を実施。経営コンサルティング会社役員を経て、Seven Rich会計事務所を開業。スタートアップ企業を中心に、3年で160社以上の新規クライアントに対して会社の設立から会計税務、総務、ファイナンス、IPOコンサルなど幅広い支援を行っている。

セブンリッチ会計事務所

オススメコンテンツ

電子帳簿保存法とは?~保存できる書類と手続き方法~

電子帳簿保存法とは?~保存できる書類と手続き方法~

「電子帳簿保存法」という法律、聞いたことありますか? 多くの人には馴染みがない言葉だと思います。 しかし、資料保存を担当される経理の方にとっては知っておいたほうが良い法律です。 電子帳簿保存法は、1998年7月に制定された法律で、国税関係帳簿書類の全部又は一部を電子データによる保存を認めた法律です。 […]

経理書類電子化時代の必須知識 e-文書法のメリットと適用要件

経理書類電子化時代の必須知識 e-文書法のメリットと適用要件

「e-文書法」という言葉、多くの人に馴染みがない言葉だと思います。 では、「個人情報保護法」という法律はご存知ですか? こちらは、「e-文書法」よりは聞きなれた言葉ではないでしょうか。 この2つの法律は、平成17年4月1日に同時に施行されました。 「e-文書法」という言葉が聞きなれない人が多いのは、 […]

請求書電子化を検討するなら知っておきたい「e-文書法」の基礎

請求書電子化を検討するなら知っておきたい「e-文書法」の基礎

近年のITによる経理業務の自動化や社内業務定型化による経理事務の合理化は目覚ましいものがありますが、そのひとつに「請求書電子化」があります。 この記事では、 ・請求書電子化が、何なのか知らない方 ・請求書電子化を、検討中の方 のために、「請求書電子化についての基礎」と、知っておくべき「法律」をお伝え […]

経理業務の効率化を検討中のあなたに贈る!経費精算システムのまとめ

経理業務の効率化を検討中のあなたに贈る!経費精算システムのまとめ

経費精算と言えば、領収書の束、大量のエクセル入力、膨大な時間の掛かる作業・・・。 経理業務はルーティーン業務の繰り返し。 そんなイメージはありませんか? 経費精算システムを使用すればそんなイメージが払拭されます。 最近ではクラウド化したり、交通系ICカードから直接データを取り込んで交通費精算ができた […]