経理業務の効率化を検討中のあなたに贈る!経費精算システムのまとめ

経費精算と言えば、領収書の束、大量のエクセル入力、膨大な時間の掛かる作業・・・。
経理業務はルーティーン業務の繰り返し。
そんなイメージはありませんか?

経費精算システムを使用すればそんなイメージが払拭されます。
最近ではクラウド化したり、交通系ICカードから直接データを取り込んで交通費精算ができたり、会計ソフトと連動したりとサービスが充実し、時間やコストを大幅に削減できるのです。

では、どの経費精算システムがいいのか?経費精算システムを導入することによりもたらされる効果を紹介しながら、経理部目線でお勧めの経費精算サービスをまとめてみました。

 

経費精算システム導入の効果

経費精算システムを導入すると主に下記3点の効果が期待されます。

  1. 申請・承認が電子化→作業が簡略化されスピーディーに!
  2. 自動仕訳・自動集計等で時間短縮→人件費分のコストカット!
  3. 自動集計→人為的ミスによる無駄な作業、余計な支出がなくなります!

 

交通費・経費精算システム「楽楽精算」 交通費・経費精算システム「楽楽精算」

 

オススメの経費精算システムはどれ!?

今回は多くの経費精算システムの中から、タイプ別にオススメのサービスを3つほど紹介させて頂きます。各社トライアルができますので、気になったサービスがあればまずは利用してみてください。

1.eValue NS ワークフローBS経費精算テンプレート/株式会社大塚商会

「eValue NS シリーズ」製品ページ

事務用品で有名な大塚商会が提供しているパッケージソフトです。
eValueという総合管理システムのワークフローシステムで経費精算が行えます。同社のSMILE BS 会計という別のシステムを導入していることを前提としていますので、まだ会計ソフトを導入していない企業が「この機会に会計システム含め会社の管理業務をIT化する」といった場合に適しています。
経費精算や勤怠報告のテンプレートがあるので、一括で様々な管理が可能となります。
スマホやタブレット端末からも申請可能なのも魅力です。
パッケージソフトなので、カスタマイズはしやすいですが、費用は他サービスより高めです。
 

2.駅すぱあと旅費交通費精算Web/株式会社ヴァル研究所

「駅すぱあと旅費交通費精算Web」製品ページ

経路探索「駅すぱあと」を活用した旅費交通費精算クラウドービスです。
「シンプルにかんたんに」をコンセプトとしており、サービスも「旅費交通費のみの精算に対応」と、非常にシンプルな内容となっています。また、価格も1人あたり年額2,592円とお手頃です。
こちらは、路線バスの情報が特に充実しており、関東の他、関西地区の路線バスも網羅していますので、「経費精算のほとんどが旅費交通費でバス料金の精算が多い」といった場合に適しています。
こちらも携帯端末からの申請が可能で、ICカードから直接データの取り込みもできます。
クラウドサービスなので、費用は安いのですが、カスタマイズが出来ないといった点が不便です。
 

3.楽楽精算/株式会社ラクス

「楽楽精算」製品ページ

最後に、クラウド型経費精算システム導入社数No.1の楽楽精算を紹介させて頂きます。(経理プラスを運営しているラクスが提供しています!)
こちらは、交通費精算だけでなく、その他の経費精算にも対応しています。「乗換案内」を内蔵しているので、他サービス同様に手間なく費用算出できます。
また、自動仕訳、クレジットカードや会計ソフトとの連携もできるので、「経理部門の業務効率改善のため、IT化と自動化をそろそろ検討したい」といった場合に適しています。
費用がかけずに申請書の入力フォームや精算書等の様式、各種手当の自動計算の設計などが自由に設定出来るようになっており、導入しやすいと言えます。
クラウドサービスであるため、外出や出張先でもスマートフォン、タブレット、モバイルPCからも申請・承認ができます。
 

まとめ

いかがでしょうか?それぞれのサービスに特色があり、自社に合うものを利用すれば間違いなく経費削減につながります。
この機会に経費削減の一つとして精算作業のIT化を検討してみてはいかがでしょうか。

 

「経理プラス」メルマガでは、定期的に記事のランキングやおすすめ情報などをお届けしています。読み逃しがないよう是非ご登録ください!

「経理プラス」メルマガ登録は・・・ こちらから

 

経費精算システム「楽楽精算」

● 著者

服部 峻介(セブンリッチ会計事務所)

服部 峻介(セブンリッチ会計事務所)

北海道大学経済学部卒。有限責任監査法人トーマツ入社後、上場企業の監査、内部統制、IPO支援、株価算定、M&A、不正調査等を実施。経営コンサルティング会社役員を経て、Seven Rich会計事務所を開業。スタートアップ企業を中心に、3年で160社以上の新規クライアントに対して会社の設立から会計税務、総務、ファイナンス、IPOコンサルなど幅広い支援を行っている。

セブンリッチ会計事務所