移転価格税制について経理が知っておくべきポイント

移転価格税制とは

ベンチャー企業でそろそろ海外進出も視野に入れ始めている、という会社に勤めている方は、経理として移転価格税制に関する知識を付けておいた方がいいかもしれません。移転価格税制とは、海外に設立した子会社との取引について生じる価格を操作し、海外に所得を移転してしまうことを取り締まるための税制です。具体的な作業としては、海外子会社との取引価格を、まったく関連性のない企業との取引した場合の価格(独立企業間価格)を基準として計算し直す必要があります。日本では、独立企業間価格の算定方法としては、OECD移転価格ガイドラインにおいて国際的に認められた方法を取っています。

 

経理が知っておくポイント1:独立企業間価格の算定方法

まず1つ目として、先に述べました独立企業間価格の算定方法について知っておきましょう。法令上では、

  • 独立価格比準法
  • 再販売価格基準法
  • 原価基準法
  • 利益分割法

以上があります。詳細な内容については、財務省のHPなどで調べるといいでしょう。まずは、上記の種類があることを認識しておきましょう。
また、算定方法の選定に関しては、優先順位に関しては特につけられていません。発生している事案のケースに合わせて最適な方法を選定されることが求められます。

 

経理が知っておくべきポイント2:役員陣への説明

移転価格税制については、役員陣も知見がないところです。私の経験で、役員陣に移転価格税制についての理解がなく、税金を追加でとられるのは納得がいかないということを言われ、説明するのに苦労しました。その際は、私の力量も不足していたため外部のコンサルタントの方を入れ、役員陣への説明と、今後の対応策について策定してもらい、なんとか鎮めることができました。経理スタッフとして、海外子会社を出す際の税務上の注意として、早期に役員陣に説明しておく必要があります。

 

経理プラス_メルマガ登録

 

経理が知っておくべきポイント3:移転価格文書化制度

移転価格税制に関連して、移転価格文書化制度についても知っておきましょう。この制度についても、実務面に関しては経験値がないところだと思いますので、実際は税理士などを頼るべきですが、どのような書類が必要なのかを知っておくことは必要です。大きくは、国外関連取引の内容が記載された書類と国外関連取引について法人が算定した独立企業間価格に係る書類に分かれます。それぞれに関して以下が具体的な例としてあげられます。

国外関連取引の内容が記載された書類

  • 資産の明細・役務の内容
  • 取引において双方が果たす機能・負担するリスクに係る事項
  • 取引において使用した無形資産の内容
  • 取引に係る契約書又は契約の内容
  • 取引の対価の額の設定方法、設定に係る交渉の内容
  • 取引に係る損益の明細

国外関連取引について法人が算定した独立企業間価格に係る書類

  • 選定した移転価格算定方法、選定理由、その他独立企業間価格を算定するに当たり作成した書類
  • 採用した比較対象取引等の選定に係る事項、比較対象取引等の明細

経理として認識すべきなのは、文書化することはもちろんですが、文書作成に関するポリシーやガイドラインをしっかりと構築するところも重要であることを知っておきましょう。これが、3つ目のポイントです。

 

経理が知っておくべきポイント4:英語の経理書類に慣れる

移転価格税制に特化したポイントというと若干異なるかもしれませんが、私の経験からおススメするのは「英語」です。英語をしゃべれるようになるというのではなく、英語の経理書類に慣れることが必要です。海外と接点を持っていく中で、あなたが会社から必要とされる経理スタッフとして重要なポジションを担っていきたいのであれば必要となります。作成までできるといいのでしょうが、必要スキルとしては、確認ができるレベルまででいいでしょう。

 

まとめ

今回は、移転価格税制について知っておくべきポイントを4つご紹介しました。会社が将来的に海外を視野に入れているのであれば深く知っていく必要があるでしょう。さらに、経理として会社の成長に合わせ自身が習得すべきスキルも考えていきましょう。

 

「経理プラス」メルマガでは、定期的に記事のランキングやおすすめ情報などをお届けしています。読み逃しがないよう是非ご登録ください!

「経理プラス」メルマガ登録は・・・ こちらから

 

WEB帳票発行システム「楽楽明細」
● 著者
矢田 裕実

矢田 裕実

マスコミ、商社、IT、小売、メーカーなどの異なる業種において、また、外資、内資、中堅規模やベンチャーなど幅広い規模の企業にて経理財務を中心に経験。管理部門長や取締役も務め、経営再建、事業計画作成や資金調達、IPO前後の制度作り、内部統制の整備などを実行。現在は、ベンチャー企業の経営アドバイザーとして活躍。



オススメコンテンツ

領収書等のスキャナ保存制度の規制緩和、平成28年度税制改正大綱を解説!

領収書等のスキャナ保存制度の規制緩和、平成28年度税制改正大綱を解説!

スキャナ保存制度について 企業等が作成、受領する国税に関する帳簿(仕訳帳など)や書類(決算書類や領収書・請求書など)については、法人税法等の規定により法定保存期間にわたり紙で保存することが義務付けられていますが、平成10年7月に国税関係帳簿書類の保存方法等の特例法として「電子帳簿保存法」が施行され、 […]

グループ会社があるなら検討すべき「連結納税制度」とは?

グループ会社があるなら検討すべき「連結納税制度」とは?

連結納税制度は、平成14年度税制改正にて設けられ平成22年度税制改正で抜本的な見直しが行われ今日に至っている法人税法の制度です。この制度の基本的考え方は、平成13年10月税制調査会法人課税小委員会によれば、「・・企業グループをあたかも一つの法人であるかのように捉え法人税を課税する仕組み・・」というも […]

消費税のリバースチャージ-国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直しについて-

消費税のリバースチャージ-国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税の見直しについて-

今回は、平成27年10月1日より見直しが行われた「国境を越えた役務の提供に係る消費税」についてお話し致します。   概要 平成27年10月1日以後の国境を越えて行われるデジタルコンテンツの配信等の役務の提供に関して、消費税の課税関係が変更となります。   内容 改正の概要は、下記 […]

年末調整の失敗事例集−押さえておきたい重要ポイント—

年末調整の失敗事例集−押さえておきたい重要ポイント—

年末調整の作業はしっかり進んでいますか? 年末調整が予定通り進まなかった例を見てみると、ボトルネックとなる項目は限られた一部であるケースがほとんどです。 本来ならば、資料が揃い、毎年と同じ処理を行い、予定通りスムーズに終わるはずなのですが、実際には全体のうち限られた一部の項目のせいで年末調整全体に悪 […]