バランススコアカード(BSC)とは 経営戦略作りに役立つ活用を知ろう

バランススコアカード(BSC)とは 経営戦略作りに役立つ活用を知ろう

会社の業績向上のためには何をどのように改善していくべきかを、分類された視点から数値化分析することにより客観的に判断できるものとして、バランススコアカード(BSC)の活用があります。今回は、バランススコアカード(BSC)の概要や4つの視点と活用方法などについてお伝えしていきます。

バランススコアカード(BSC)とは

バランススコアカード(BSC)とは、「財務」「顧客」「業績プロセス」「成長・学習」の4つの視点で、それぞれが会社の業績や将来性などにどのように働いているかを把握するフレームワークのことです。

会社組織が業績向上を目指して戦略的に行動するため、4つの視点を数値化し、それぞれの視点から達成状況を見極めます。
バランススコアカード(BSC)を利用することで、目標を達成するためには、どの視点を強化していけばよいかのバランスを客観的に判断することが可能です

バランススコアカード(BSC)の効果

バランススコアカード(BSC)を導入することで得られる効果としては、「売上・収益向上」「顧客満足度の向上」「業務改善で生産性向上」「人材育成で組織強化」などです。

売上・収益向上

バランススコアカード(BSC)の4つの視点を評価し、各視点の因果関係や相互関係を客観的に把握できることで、経営の問題点などを見出し売上・収益向上の戦略ができます。

顧客満足度の向上

顧客の視点から、顧客に対する有益な製品・サービスが提供できているか客観的に判断すること、会社の視点から、顧客満足度と収益のバランスを把握することで、現場レベルでの対策、方向性を考えることができます。

業務改善で生産性向上

業務フローの改善やコストダウンの見直しなどそれぞれの関係性を把握して、生産性を向上するためにはどのような業務改善をすべきかについて客観的な視点から対策を講じることができます。

人材育成で組織強化

バランススコアカード(BSC)を活用することで、人材採用、研修、能力開発、リーダーシップ育成などの会社の経営戦略にプラスに働く人材育成方法を客観的に判断できます。
 

バランススコアカード(BSC)は、基本的に会社の売上・収益向上のための戦略作りに活用されるものですが、経理担当者がバランススコアカード(BSC)の財務視点について学ぶことで、会社の経営戦略により積極的に貢献できる人材になれるでしょう。

バランススコアカード(BSC)の視点

バランススコアカード(BSC)には、4つの視点があることを上述でお伝えしました。ここでは、それぞれの視点を詳しく紹介していきます。

財務の視点

財務の視点は、財務の業績を向上させるための行動を把握します。業績評価をするにあたり、会社の運営を「成長期」「維持期」「収穫期」の3つに分け、どの時期に該当するかによって評価内容を変えます。

成長期は、将来の発展のために設備や人材などに投資して、どれだけ売り上げや収益を伸ばせるかを重視し、収益や売上高の成長率を指標とします。

また、維持期では、投資した資本からの利益の最大化を重視し、経営利益率を指標とします。さらに収穫期は、新たな投資は控えて資金の回収を重視し、自己資本比率やキャッシュフローを指標とします。このように、会社運営の時期によって、求められる評価は変わります。
 

顧客の視点

顧客の視点は、製品やサービスの品質、価格、デザインや生産サイクルなど顧客満足度の評価と、製品の収益性、効率などの財務的な要素を含めた会社側からの顧客収益性の評価があります。

顧客満足度を高めつつ、会社の売上や収益をどのように達成するか、そのためにはどのように行動すればよいかを評価します。

業務プロセスの視点

業務プロセスの視点は、「イノベーション・プロセス」「オペレーション・プロセス」「アフターサービス」の3つの視点で、ライバル社よりも優れたものを作り出すプロセスについての行動を把握します。

イノベーション・プロセスは、市場や顧客のニーズに合う製品・サービスを開発するプロセスで、オペレーション・プロセスは、製品や顧客ニーズの充足のための提供プロセスです。また、アフターサービスは、製品・サービスを提供した後のアフター対応です。

学習・成長の視点

学習・成長の視点は、「社員の意義」「能力開発」「ナレッジマネジメント」の3つの視点から、人材育成や組織の活性化などに対して投資することによる、目的の達成度を把握します。

「社員の意義」は、社員の視点から見た会社に対する評価や働く環境などです。「能力開発」は、社員の能力を判断したうえでの適正の見極めと、新たな能力の開発についてです。「ナレッジマネジメント」は、個人のアイデアなどを活かし会社の業績向上につなげることなどです。

交通費・経費精算システム「楽楽精算」 経理プラス メールマガジン登録

バランススコアカード導入事例と課題

バランススコアカード(BSC)は、運送、電気、人材派遣など様々な業種で導入されています。

例えば一部の企業は、以下のような動機でバランススコアカード(BSC)を導入しました。

  1. (電機)事業計画を会社に落とし込むためのツールとした。
  2. (IT)会社の10年後の経営を考えて導入した。

バランススコアカード(BSC)を導入したことで、「戦略作成のツールとして役立った」「人材育成に貢献した」などの効果がでている企業があります。

あるソフトウェア開発の中小企業(社員数:15名)は、商工会議所からの勧めにより、バランススコアカード(BSC)を導入。その策定では、経営者をはじめ全社員と中小企業診断士が参加したことによって、経営者が意図した内容と異なるといった心配はなかったと言います。そして、約7ヶ月後に運用を開始し、運用後は月次のミーティングにて数値担当者が進捗を発表。達成した目標については適時変更させ、その進化を記録していると言います。

一方、バランススコアカード(BSC)導入の障害となった例としては、「多くの時間を要する」「社内査定チェックに時間がかかる」などがありました。日常業務の中でバランススコアカード(BSC)を活用するためには、ある程度の時間が必要になってしまうのです。

せっかくバランススコアカード(BSC)を導入しても、利用する時間を確保できないことが想定されるなら、外部専門家への相談も選択肢として考慮しておく必要があるでしょう。

まとめ

今回は、バランススコアカード(BSC)について、概要や活用方法、課題、また4つの視点を数値化する ことによってどの視点を強化すべきかが把握できることについてご紹介しました。
会社の成長には、目的に向かって戦略を立て、絶えず改善しながら進んでいくための経営戦略が必要です。しかし、場合によっては問題点を見失うこともあります。そこでバランススコアカード(BSC)により4つの視点からバランスよく可視化することによって、気付きが生まれ、より早く戦略的な実践へとつなげていくことが期待できます。目標達成のために貢献できるよう、経理担当者もバランススコアカード(BSC)の在り方をしっかりと理解しておきたいですね。

「経理プラス」無料メルマガ会員登録はこちら

この記事は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」汎用

URLをクリップボードにコピーしました

● 著者

渡部 彩子

渡部 彩子

自動車関連の社団法人にて10年以上に渡り管理部門を経験。この経験を活かし、経理・総務・人事をテ ーマとしたコンテンツ制作を幅広く執筆。