経費精算システムとAmazonビジネスで、物品購入&精算を効率化!

面倒な精算作業というと交通費の精算、間違いやすい精算作業というと交際費や出張費の精算というイメージがあります。しかし会社の備品を購入した際などの経費精算も面倒で間違いやすい作業ではないでしょうか。今回は、そんな物品購入の経費精算を効率化する方法をご紹介します。

意外と面倒な物品購入の経費精算

物品購入の経費精算というと、 購入した物品についての領収書を取得し、その内容を精算書に転記して領収書原本と合わせて申請する、という方法が一般的かと思います。人によって頻度はまちまちですが、交通費や交際費の精算と同じ程度に気をつけなくてはならないことも多く、ストレスも発生します。例えば、こんなことにストレスを感じたことはないでしょうか。

申請者

自費で立替購入をする場合、精算されるまで費用を負担しなくてはならない。
領収書を見ながら購入場所や金額を申請書に転記することが面倒くさい。
精算申請をするまで、領収書をなくさないようにしなくてはならない。

経理担当者

購入したものの金額が妥当なのか、調べるのが大変。
どこのお店で、何を購入したのか、領収書と申請内容の突合せが面倒。

ひとつひとつはとても細かいものの、このちょっとした手間も積もれば面倒な業務となります。申請者、経理担当者、それぞれの手間をラクにする方法はないのでしょうか。

企業の物品購買に便利な「Amazonビジネス」

企業の物品購買を便利にする「Amazonビジネス」というサービスをご存じでしょうか。プライベートで利用したことがある方も多いでしょう、ECサイト「Amazon.co.jp」の法人向けサービスです。
「Amazonビジネス」には、法人向けサービスならではのメリットが多数備わっています。 例えば、前段で申請者のストレスとして「自費で立替購入をしなくてはならない」というものがありましたが、 「Amazonビジネス」 の場合コーポレートカード払いはもちろん、請求書払いにも対応しているため、個人で立替えて購入する必要がありません。また、法人向けの割引価格が設定されていたり、 「Amazonビジネス」 内で商品の比較もできたりするため、価格の妥当性をチェックすることも簡単です。

購買プロセスの見直しで9,000時間の工数削減に成功

ここで「Amazonビジネス」を活用して企業の現場の購買プロセスを大きく変えた事例をひとつご紹介します。

全国で高齢者向けの介護事業を展開している企業様では全国のデイサービス施設などで毎月利用者向けの様々なレクリエーションやイベントを企画し、その備品を個人で立替購入したり、月に何度か買い出しを行ったりしていました。年間で換算すると買い出しに約6,000時間、その後の精算業務に約3,000時間も費やしていたといいます。

しかし、 「Amazonビジネス」 導入後は毎月の買い出しの時間が削減されたことはもちろん、キッチンペーパーや水のペットボトルなど、緊急性が高いもの、重いものも気軽に購買できるようになり、大きく負担が減ったそうです。

現場にはITリテラシーの高くないスタッフの方もいたそうですが、実際の画面はプライベートでも利用する「Amazon.co.jp」と同じ流れで購入できるため、すぐに使いこなすことができたそうです。

>>経費精算にお悩みの経理の方へ、日本一選ばれている「経費精算システム」

「Amazonビジネス」×「楽楽精算」でさらに経費精算を効率化

企業にとってメリットが多い「Amazonビジネス」ですが、経費精算システムの「楽楽精算」と連携することで、さらに業務を効率化することができます。

申請者・経理担当者共に感じるストレスの中に、「購入したものの金額などを転記すること」、そして「そのチェックをすること」がありました。

「Amazonビジネス」 の場合は、管理画面から購入履歴データをCSVでダウンロードすることができるので、そのデータを「楽楽精算」に取り込むだけで経費精算の申請データを簡単に作成することができます。申請者は領収書を見ながら精算データを作成するといった面倒な作業をなくすことができ、さらに経理担当者も金額の入力ミスなどをチェックする手間が大幅に削減されます。

今後はCSVデータを介さずに購入データを連携することも予定されており、より物品購入の経費精算が楽になることが期待されます。

>>「楽楽精算」Amazonビジネス連携機能の詳細はこちら

それだけじゃない「楽楽精算」で経費精算全体を効率化

経費精算システム「楽楽精算」は「Amazonビジネス」との連携以外にも、経費精算業務全体をラクにする機能が備わっています。

クレジットカード連携機能

あらかじめ登録されたコーポレートカードの利用明細を自動で取り込み、そのまま精算データを作成することができます。

申請者は手入力の手間をなくすことができますし、明細データの連携は通常の紙の明細の発行よりも早く届くため、経理担当者にとっては精算業務の早期化をすることもできます。 経費精算システムを導入するタイミングでコーポレートカードを導入し、仮払金の廃止や内部統制の強化を図る企業も少なくありません。

>>経費精算システム「楽楽精算」のクレジットカード連携に関する機能について詳細を見る

領収書読み取り機能

経費精算で面倒といえば領収書の管理ですが、「楽楽精算」はOCR機能(領収書読み取り機能)を搭載しています。OCR機能はパソコン、スマートフォンに対応しています。

スマートフォンの場合、専用アプリをインストールしてカメラで撮影するだけで内容を読み取ってデータ化することができます。

パソコンの場合は請求書のPDFデータを「楽楽精算」にアップロードすると、金額や発行元などを読み取ることができます。 これにより申請者の領収書の転記作業を効率化することができますし、「楽楽精算」は電子帳簿保存法にも対応しているので、将来的にペーパーレス化にも対応することができます。

経理プラス:税率の違う領収書も自動読取り!軽減税率で複雑化した経費精算をラクに!

>>経費精算システム「楽楽精算」の機能について詳細を見る

まとめ

作業が細かく面倒な物品購入の経費精算を効率化する方法をご紹介しました。「Amazonビジネス」で購入したものはもちろん、経費精算全体も効率化できる経費精算システムは、昨今の経理の働き方改革にも有効です。この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

>>経費精算にお悩みの経理の方へ、日本一選ばれている「経費精算システム」

「経理プラス」ではメルマガを定期的に配信しています。記事のランキングやおすすめ情報など読者に好評です。読み逃しがないよう是非ご登録ください!

 

経理担当者必見!無料のメルマガ登録はこちらから

この記事は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」

URLをクリップボードにコピーしました

● 著者

経理プラス編集部

経理プラス編集部

経理プラス編集部です!経理担当者の皆さまの日々の業務にプラスとなる記事をお届けしていきます。