「損益」カテゴリの記事:17件

記事一覧

経営分析の要!損益分岐点比率の目安と計算方法

経営分析の要!損益分岐点比率の目安と計算方法

経営分析の常套手段である「損益分岐点分析」。今回はその損益分岐点と実際の売上高との関連を分析するための損益分岐点比率や比率の目安を学ぶとともに、損益分岐点分析のもう一つのポイントである操業停止点について総論を確認していきましょう。 損益分岐点とは 損益分岐点とは、企業が利益をあげられるようになるため […]
経理担当者必見!繰越利益剰余金とは?

経理担当者必見!繰越利益剰余金とは?

日常的な経理処理ではあまり出てこない繰越利益剰余金という会計用語があります。一体どのような項目で、そこから何がわかるのでしょうか?今回はその点について確認をしていきましょう。 会計の目的は「期間損益計算」である 会計について、あらためて大前提を確認します。現在の企業会計は「適正な期間損益計算」を基本 […]
損益分岐点分析を理解しよう!損益分岐点比率、安全余裕率とは?

損益分岐点分析を理解しよう!損益分岐点比率、安全余裕率とは?

損益分岐点分析で何がわかる? 財務分析の方法の1つに損益分岐点分析があります。損益分岐点分析(CVP分析ともいいます)を知るには、まず、損益分岐点が何かを知らなければなりません。損益分岐点とは、その名の通り、会社の損益がゼロになる状態のことです。会社の損益がゼロというのは、費用の合計と売上高の合計が […]
固定費と変動費――なぜ固定費の引き下げが重要なのか?

固定費と変動費――なぜ固定費の引き下げが重要なのか?

今日、日本では好景気が続いているといわれていますが、中小零細企業においては厳しい景況感が続いています。そんな中、あらためて「無駄な費用を削る」ことについて検討している企業も多いのではないかと思います。今回はその見直しの一大観点である「固定費と変動費」について学んでいきます。 何のために費用を2つに分 […]
費用収益用対応の原則とは?例外はある?

費用収益用対応の原則とは?例外はある?

企業会計原則とは? 会社が自社の会計処理を行うにあたっては、公正な会計慣行を斟酌しなければならない、とされています。これは会社法や金融商品取引法といった法律でも定められています。公正な会計慣行によらず、会社が独自の考え方で会計処理をしてしまうと会社間で処理が統一されず、利害関係者が混乱してしまうため […]
限界利益とは?初心者でも分かる計算方法を分かりやすく解説

限界利益とは?初心者でも分かる計算方法を分かりやすく解説

管理会計の代表的な分析手法の一つに、「損益分岐点分析」があります。 損益分岐点は、損失となるか利益となるかの分かれ目となる営業量(たとえば売上高や販売数量など)の採算点と言えます。この損益分岐点の分析を行う上で重要になるのが、売上高から変動費を控除した、「限界利益」です。 今回は 「限界利益」 と「 […]
5分でわかる!損益分岐点分析(CVP分析)の基本知識

5分でわかる!損益分岐点分析(CVP分析)の基本知識

適切な業績評価は、会社が成長するために不可欠なことですが、「業績」とは一体どのような概念なのでしょうか?ここでは、業績の意味について考え、会社の成長に役立つような業績評価の方法の一つである「損益分岐点分析(CVP分析)」について紹介します。 会社の「業績」とは 「業績」は、「企業活動により如何に効率 […]