損益分岐点分析を理解しよう!損益分岐点比率、安全余裕率とは?

損益分岐点分析で何がわかる?

財務分析の方法の1つに損益分岐点分析があります。
損益分岐点分析(CVP分析ともいいます)を知るには、まず、損益分岐点が何かを知らなければなりません。
損益分岐点とは、その名の通り、会社の損益がゼロになる状態のことです。会社の損益がゼロというのは、費用の合計と売上高の合計が同じ金額の状態です。損益分岐点売上高といって、損益分岐点の状態のときの売上高を主に用います。
後に解説しますが、費用は変動費と固定費に分けられます。そのため、損益分岐点売上高は次の計算式で計算されます。

損益分岐点売上高 = 変動費 + 固定費

さらにこの式を展開すると以下のようになります。

損益分岐点売上高=固定費 / (1-変動費)

例えば、損益分岐点売上高6,000万円=変動費3,000万円(変動費率50%)+固定費3,000万円の状況があったとします。その状況で、売上高が20%増えると利益はどれくらい増えるでしょうか?

答えは、
売上高7,200万円 - 変動費3,600万円 - 固定費3,000万円 = 利益600万円
となります。

次に、損益分岐点売上高6,000万円=変動費4,500万円(変動費率75%)+固定費1,500万円というケースで600万円の利益を出そうとすると、いくらの売上高が必要となるでしょうか?

答えは、
(目標利益600万円+固定費1,500万円) / (1-変動費率75%)=8,400万円
となります。

このように固定費や変動費の状況によっては、売上高を少し増やせば利益が大きく増えるようなこともあり、利益を大きく増やすには、売上高も相当増やさないといけないようなケースも考えられます。損益分岐点分析を行い、売上高、費用と利益の関係を理解することによって、さまざまなシミュレーションをすることができ、経営施策を講じることができます。このように経営を行う上で必ず必要となってくるのが損益分岐点分析なのです。

 

固定費・変動費とは?

損益分岐点分析を行うためには、まず、費用を固定費と変動費に分解する必要があります。
固定費とは売上や生産量に左右されず発生する費用、変動費とは売上や生産量に応じて発生する費用となります。固定費の主なものとしては、地代家賃や人件費などとなります。
例えば、売上や生産量が減ったとしても、すぐに地代家賃や人件費を減らすことはできません。そのような費用が固定費です。変動費は材料費や加工の外注費などとなります。材料費や外注費は売上や生産量の増減に応じて変動させることができます。どちらとも区別できないようなものもありますが、そこは経費の発生態様を見て、どちらかに区分していきます。

 

交通費・経費精算システム「楽楽精算」 交通費・経費精算システム「楽楽精算」

 

損益分岐点比率、安全余裕率とは?

損益分岐点分析をするには、損益分岐点比率や安全余裕率を用います。
損益分岐点比率は、損益分岐点売上高/売上高×100で計算され、ある期における実際の売上高と損益分岐点売上高との関係を測る指標です。

例えば、損益分岐点売上高が6,000万円で、実際の売上高が8,000万円だったとします。
このときの損益分岐点比率は75%となります。これは仮に実際の売上高が25%下回った売上高が損益分岐点売上高と同じであったということを示しています。これからすると、損益分岐点比率は低い方がよく、もし100%を超えていれば赤字であったということとなります。
安全余裕率は、損益分岐点比率の裏返しで、(売上高-損益分岐点売上高)/売上高×100で計算します。つまり、先ほどの事例であれば、25%が安全余裕率となります。これは売上高がどの程度変動すれば損益分岐点売上高となるかを見る指標です。そのため、安全余裕率は高い方が経営は安定することとなります。
損益分岐点比率が高いのと安全余裕率が低いことは同じことを指しますが、そのような状況では売上が少し下回ると赤字になってしまう可能性があるため、景気変動などに弱い状態であることを示します。

 

損益分岐点分析で気を付けなければならないこと

損益分岐点分析をして、損益分岐点比率や安全余裕率を見て、それで終わりということではありません。肝心なのは分析の結果を活用することです。業種や業態、事業規模などによって損益分岐点比率などの適正な水準というのは様々ですが、いずれにしても損益分岐点比率は低い方がよいでしょう。そのため、固定費を削減したり、変動費率を低くしたりするなど損益分岐点比率を低くするための改善を日々考えていくことが大切です。
また、固定費や変動費というのは一度決めたらそれで終わりではなく、事業活動を行っていく中で変わっていくものです。そのため、一度、損益分岐点分析をしたら終わりなのではなく、常に最新の情報で分析を続けることが必要です。

 

まとめ

財務分析の基本の損益分岐点分析について解説しました。損益分岐点分析は、それほど複雑なものではないですが、売上、費用、利益の関係を表すものであり、利益をあげなければならない会社にとって、とても重要なことを明らかにするものです。目標利益をあげるためには売上をどうすればいいのか、費用をどうすればいいのか、これをもとに考えることができることがたくさんあるので、ぜひ活用してください。

 

「経理プラス」メルマガでは、定期的に記事のランキングやおすすめ情報などをお届けしています。読み逃しがないよう是非ご登録ください!「経理プラス」メルマガ登録は・・・ こちらから

 

経費精算システム「楽楽精算」

● 著者

松本 佳之

松本 佳之

税理士・公認会計士・行政書士 1980年兵庫県に生まれる。2001年公認会計士二次試験合格。2002年関西学院大学商学部卒業、朝日監査法人(現あずさ監査法人)入所。2005年公認会計士三次試験合格、公認会計士登録。2007年税理士登録後独立し、北浜総合会計事務所を開設。監査法人勤務時代は企業公開部門に所属し、さまざまな実績を重ねる。