立替金

立替金の英語表記

advances

 

立替金勘定の定義・意味・意義

立替金とは、取引先、役員、従業員、会計会社などが負担すべき金銭を会社・事業主が一時的に立て替えたときに使う勘定科目である。従業員が負担すべき雇用保険料などの社会保険料を立替え払いした場合にも、立替金勘定を用いて処理をする。

 

立替金勘定の決算書における位置づけ等

立替金の財務諸表における表示区分と表示科目
貸借対照表>資産>流動資産>立替金
立替金は通常の取引では金額が少ないため、実務上は貸借対照表には表示せず、他の小額の流動資産とあわせて「その他流動資産」として表示するのが一般的である。

 

立替金勘定の範囲・具体例

  • 役員の旅費
  • 従業員に給料の前貸し
  • 関係会社への立て替え
  • 取引先の負担すべき手数料
  • 保険料の立て替え
  • 雇用保険料は1年分の概算保険料を事業者はまとめて納める。その中に従業員が将来負担すべき金額も含まれていて月々の給与から天引きしていくが、その際に「立替金」を使って処理する。

     

    立替金の会計・簿記・経理上の取り扱い

    立替金の回収

    立替金は翌月中の回収が望ましいとされているが、その回収方法としては、現金や手形などによる回収や、買掛金などとの相殺がある。長期間回収されないと「貸付金」となることもある。役員や従業員の立替金であっても、長期間に及ぶ場合は、「貸付金」に振り替えられる。

    処理上注意すべき点

    貸付金勘定や未収金、未収入金、仮払金と混同されやすいので、それらの勘定とはきちんと区別して管理する必要がある。また、役員・従業員に対するものと取引先に対するものとを区別するため、役員・従業員に対する立替金を「役員従業員立替金」として区別することもある。

    取引と仕訳の具体例・事例

    -取引 労働保険の概算保険料600,000円を現金で支払った。本人負担は100,000円。
    -仕訳

    借方科目金額貸方科目金額
    法定福利費500,000現金600,000
    立替金100,000

    -取引 立替金で処理した保険料10,000円を給与から天引きした。
    -仕訳

    借方科目金額貸方科目金額
    給与500,000立替金10,000
    現金499,000

    -取引 役員への立替金500,000円を、短期の貸付金に振り替えた

    借方科目金額貸方科目金額
    役員短期貸付金500,000立替金500,000

    貸倒引当金について

    立替金は、金銭によって回収されるべき債権である。したがって立替金については、売掛金や貸付金と同様に回収可能性により評価を行い、問題のあるものについては貸倒引当金を設定する必要がある。つまり、他人のために立て替えた立替金が貸倒引当金を設定する対象になるといえる。しかし、実務上では金額の大きいもの以外には貸倒引当金を設定しないことが多い。立替金は小額のものが多いため、貸倒引当金が設定されることは多いとはいえない。

     

    立替金でよくあるQ&A

    立替金と仮払金では何が異なるのですか?

    立替金は先述の通り、会社・事業主が一時的に金銭を立て替えたときに使う勘定科目です。一方、仮払金は現金や小切手、預金等の実際の支払額を、一時的に処理するために使われる勘定科目です。つまり、一定金額を概算で先に支払い、実際の取引の内容や金額が確定したら本来の勘定科目に振り替え、精算を行います。立替金は確定した金額の立替を行い、仮払金は事前に予想される金銭を受け取る実費がわからない段階で一時的に処理する勘定科目であるという違いがあるといえます。混同しやすいので注意してください。

    立替金に利息は付きますか?

    付きません。立替金は金銭の貸し付けではなく、一時的な金銭の融通に過ぎないため、利息が付くことは通常ありません。ただし、長期間立替金の回収が行われず貸付金となった場合には利息が付くことがあります。

     



    この記事は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」汎用

URLをクリップボードにコピーしました