退職給付引当金

退職給付引当金の英語表記

provision for retirement benefits
 

退職給付引当金勘定の定義・意味・意義

将来、従業員が退職するときに支払われる退職給付金のうち、当期に負担すべき金額を見積もり、将来支払う退職金に備えて、引き当てた金額を計上し、管理するための勘定科目である。
退職給付引当金の対象は、退職時に一時金で支払う「退職金」と退職後数年異常に分割して支払う「企業年金」である。また、これらを合わせて退職給付という。

 

退職給付引当金勘定の決算書における位置づけ等

貸借対照表>負債>固定負債>退職給付引当金
長期の負債性引当金として取り扱われる。

 

退職給付引当金でよくあるQ&A

退職給付制度について教えて下さい

退職給付制度には「確定給付型退職給付制度」と「確定拠出型退職給付制度」の2つがあります。確定給付型退職給付制度を採用している場合には、会社は従業員に対して法的債務を負っていることになるため、退職給付引当金を計上しなくてはなりません。給付額または給付額の算定方法があらかじめ定められており、年金資産の運用によって拠出額が変動します。確定拠出型退職給付制度をとっている場合には、拠出した加入者自身が自ら選択した保険会社等の運用機関に運用の指示をし、運用実績次第で受け取る年金額が変動します。企業は拠出義務を負いません。この場合退職給付費用として即座に費用計上をするため、退職給付引当金は計上されないこととなります。

退職給付引当金は損金になりますか?

退職給付引当金は損金不算入です。ただし、所得税法で、一定の限度額の範囲内で必要経費に算入できる制度があります。事業を営む青色申告者であること、所定の退職給付規定を定めていることが条件となります。

 

この記事は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」汎用

URLをクリップボードにコピーしました