商品券

商品券の英語表記

gift certificate
 

商品券勘定の定義・意味・意義

商品券とは、デパート・百貨店、チェーン店、大手スーパーなどが販売促進を目的として発行するものをいう。
デパートなど商品券を発行した場合など、商品の代金として商品券を受け取ることが多いときに商品券を区別して処理するための科目である。お歳暮などで購入した商品券などは交際費として処理すればよい。

 

商品券勘定の決算書における位置づけ等

商品券の財務諸表における表示区分と表示科目
貸借対照表>負債>流動負債>商品券
商品券は、後日商品を引き渡す債務であるので発行した場合には債務、受け取った場合には商品を受け取ることができる債権なので資産となる。前受金と同じ考え方・処理をする。

 

商品券でよくあるQ&A

商品券は自店で発行したものだけですか?

そうです。他店が発行した商品券は他店商品券として処理し、商品券代を後日発行店に請求することになります。

 

この記事は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」汎用

URLをクリップボードにコピーしました