「会計処理」タグの記事

簡易課税とは―事業区分を正しく知ろう!

簡易課税とは―事業区分を正しく知ろう!

消費税の簡易課税とは 消費税として税務署に納める金額は、次の計算方法で計算します(原則課税)。 課税売上に関して受け取った消費税額-課税仕入に関して支払った消費税額=納めるべき消費税額 例えば、売上よりも経費が多い場合や輸出取引を行っている場合などで、課税仕入に関して支払った消費税額が課税売上に関し […]

繰延税金資産を正しく計上するため税効果会計を理解しよう

繰延税金資産を正しく計上するため税効果会計を理解しよう

税効果会計と繰延税金資産とは 企業会計と税務会計では、収益や経費の考え方に違いがあります。例えば、経費に関して、税務会計で、何でもかんでも経費として認めてしまうと全体として徴収できる税額が減ってしまいます。そのため、税務会計上、経費(損金)として認められるためには要件が定められているものがあります。 […]

一括償却資産はどう扱う?償却資産税の取扱いは?

一括償却資産はどう扱う?償却資産税の取扱いは?

一括償却資産とは何か?少額減価償却資産との違い 一括償却資産とは、取得価額が10万円以上20万円未満の資産について、個別に減価償却をせずに、使用した年から3年間にわたって、その年に一括償却資産に計上した資産の取得価額の合計額の3分の1を必要経費に計上していくもののことをいいます。 これに対して少額減 […]

安全性分析とは?企業の倒産リスクを評価する手法

安全性分析とは?企業の倒産リスクを評価する手法

管理会計の代表的な分析手法の一つに、「安全性分析」があります。安全性分析とは、企業の倒産リスクを評価する手法の総称です。 今回はこの安全性分析の手法について、詳しく見ていきましょう。   安全性分析とは何か 安全性分析とは、企業の倒産リスクを評価する手法の総称です。 狭義には、企業の支払能 […]

管理会計の代表格「収益性分析」とは?

管理会計の代表格「収益性分析」とは?

管理会計の代表的な分析手法の一つに、「収益性分析」があります。収益性分析とは、企業の総合的な利益創出力を評価する手法の総称です。 管理会計の代表的な分析手法には、安全性分析や効率性分析などが挙げられますが、ある意味、これらの分析よりも重要なのが収益性分析です。その理由は、どれほど安全性が高く、効率性 […]

「企業会計原則」の基礎知識 7つの基本原則とは

「企業会計原則」の基礎知識 7つの基本原則とは

企業会計原則の基本知識 会社の決算書というのは、利害関係者にとってとても大事なものです。それを見て、お金を貸すかどうか、取引するかどうか、株を買うかどうか、などを利害関係者は判断します。このような決算書が何のルールもなく会社ごとにバラバラの基準で作成されていたとしたら、決算書を見た人はどう判断したら […]

法定福利費とは何か?従業員の生活を支援する企業の義務

法定福利費とは何か?従業員の生活を支援する企業の義務

法定福利費に関して正しい運用を行うこと。それは適切な会計報告に不可欠な要素であるばかりでなく、従業員が働きやすい環境を作るための労務管理の観点からも重要な要素です。 本来的に福利厚生には、「法律が規定する法定福利厚生」と「法律が規定しているわけではない法定外福利厚生」の2種類があります。 会計上の表 […]

租税公課とは?会計上と税務上の処理の違いに要注意

租税公課とは?会計上と税務上の処理の違いに要注意

当サイトをご覧になる皆さんでしたら、租税公課という勘定科目の存在はご存知かと思います。 しかしながら、正しい会計処理ができているか、正しい税務処理ができているかと言えば、しばしば不正確な処理がなされがちで、場合によっては、本来的には得られるはずの税務メリットをみすみす逃している場合も少なくないようで […]

長期前払費用を計上する時のポイント

長期前払費用を計上する時のポイント

長期前払費用とは? 前払費用とは、一定の契約に基づいて、継続的に役務の提供を受けるために支出した費用のうち、その事業年度終了時点で未だ役務の提供を受けていない部分に対応するもののことをいいます。長期前払費用も基本的には同じ考え方のものです。 例えば、3年分の損害保険料をまとめて支払った場合、支払時に […]

税効果会計の概要とメリット

税効果会計の概要とメリット

税効果会計とは何か? 企業会計において費用となるものと税務会計において損金となるものにはズレがあります。 このズレを調整し、企業会計において税金費用の額が適切に期間配分されるように行うのが税効果会計です。 たとえば、得意先に対する売掛金に貸倒れの懸念があるときには、企業会計上、貸倒引当金を計上します […]