【好評受付中!】 11/29(水)@渋谷

第1回 経理交流会「ちょっと早い、経理大忘年会!」

「中小企業」タグの記事

法定福利費とは何か?従業員の生活を支援する企業の義務

法定福利費とは何か?従業員の生活を支援する企業の義務

法定福利費に関して正しい運用を行うこと。それは適切な会計報告に不可欠な要素であるばかりでなく、従業員が働きやすい環境を作るための労務管理の観点からも重要な要素です。 本来的に福利厚生には、「法律が規定する法定福利厚生」と「法律が規定しているわけではない法定外福利厚生」の2種類があります。 会計上の表 […]

限界利益とは?固定費と変動費を区別する損益分岐点分析の有用性

限界利益とは?固定費と変動費を区別する損益分岐点分析の有用性

管理会計の代表的な分析手法の一つに、「損益分岐点分析」があります。 損益分岐点は、損失となるか利益となるかの分かれ目となる営業量(たとえば売上高や販売数量など)と言えますが、利益がゼロとなる営業量の採算点とも言えます。この損益分岐点の分析を行う上で重要になるのが、売上高から変動費を控除した、限界利益 […]

経理担当者が知っておきたい予実管理の重要性

経理担当者が知っておきたい予実管理の重要性

予実管理とは、予算と実際の実績を管理するものです。予算と実績を比較して、どれだけ達成できたか、達成率などを見ていきます。 目標に達していないのであれば、理由を明らかにし、新たな目標を設定して対策をとっていく必要があります。予実管理がなければ、営業支援を行うことができません。経理担当者として知っておき […]

信用調査依頼が来た際に注意すべきポイント

信用調査依頼が来た際に注意すべきポイント

企業間の取引が増えてくると、帝国データバンク等の信用調査会社からの取材依頼・書類依頼が来ることがあります。そういった問い合わせがあると、対応するのは経理や総務など、バックオフィス業務を担うスタッフです。今回は、いざ信用調査会社から連絡が来た際に、どう対応すべきかについて、具体的に解説します。 &nb […]

設備投資を行う上で経理担当が知っておきたい3つのポイント

設備投資を行う上で経理担当が知っておきたい3つのポイント

設備投資は一般的に大きな投資である場合が多く、会社の経営戦略に関わってくることがあります。しかし、設備投資を行う時に経理担当者がやるべきことを聞かれても、経験者でないとピンときませんよね? 実際は、設備投資によって生まれる収益から、材料費や減価償却費、支払利息などの増加する経費を長期間にわたってシミ […]

監査等委員会設置会社への移行手続き

監査等委員会設置会社への移行手続き

「多くの企業が移行を検討する『監査等委員会設置会社制度』とは?」、「監査等委員会設置会社への移行のメリットとデメリット」という記事にて監査等委員会設置会社制度についてご紹介いたしました。今回は、実際に監査等委員会設置会社への移行するための具体的な手続きをご紹介いたします。   移行手続きの […]

社会保険の適用拡大!経理担当者が把握すべきポイントをQ&Aでまとめました

社会保険の適用拡大!経理担当者が把握すべきポイントをQ&Aでまとめました

2016年10月から、パートタイマーの健康保険・厚生年金保険の適用拡大が行われます。これに伴い、従業員数501人以上の企業の場合は、パートタイマー職員への説明、対応が必要となります。今回は、近づいてきた制度実施に備え、制度概要や実務上の問題点を解説します。   社会保険の適用拡大で具体的に […]

監査等委員会設置会社への移行のメリットとデメリット

監査等委員会設置会社への移行のメリットとデメリット

前回「多くの企業が移行を検討する『監査等委員会設置会社制度』とは?」という記事にて監査等委員会設置会社制度の概要をご紹介いたしました。今回は、監査等委員会設置会社への移行を検討している方向けにメリットとデメリットをご紹介いたします。   監査等委員会設置会社のメリット 「従来のコーポレート […]

メインバンクはどうやって選ぶ?

メインバンクはどうやって選ぶ?

メインバンクとは? メインバンクとは、主力となる取引銀行のことですが、成文化された契約があるわけではなく、借入金、預金、取引先の紹介など密度の濃い取引実態から銀行と取引会社の双方の合意形成によって定着しています。 資本市場から資金を自由に調達ができる大企業では資金調達における銀行借入の比率は低下して […]

間もなくものづくり補助金の募集が始まります!

間もなくものづくり補助金の募集が始まります!

年明け1月8日に、中小企業庁より「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金(以下、ものづくり補助金)」の事前予告が行われました。 簡単に説明すると、補助金とは申請書を提出し、採択されると、国からお金がもらえるという制度です。 ものづくり補助金もその例外ではなく、金額も平成27年度補正予算では、上限 […]