「決算」タグの記事

今さら聞けない!経理担当者のための実地棚卸の基礎知識5選

今さら聞けない!経理担当者のための実地棚卸の基礎知識5選

多くの会社では、年に1度以上は在庫の実地棚卸を行います。 実地棚卸の精度が低ければ、決算数値が決算見込み額と大幅にかけ離れるといった、予想外の結果になる恐れがありますし、原材料が足りずに生産ができなくなることや、販売の機会を失ってしまうこともあります。 逆に、必要以上に在庫が積みあがり、本来は不要な […]

キャッシュフロー計算書の間接法での作り方!これで中小企業も簡単作成

キャッシュフロー計算書の間接法での作り方!これで中小企業も簡単作成

中小企業ではキャッシュ・フロー計算書の作成は義務付けられていません。しかし、頭の中で利益を追っていて、決算の段階になって、利益がたくさん出ているのに、現金が思ったより増えていないなあーなんて経験があるのではないでしょうか?そんな時に役立つのがキャッシュ・フロー計算書です。   キャッシュ・ […]

関連当事者取引の開示理由と開示上の留意点

関連当事者取引の開示理由と開示上の留意点

関連当事者取引を開示すべき理由、制度の趣旨 関連当事者取引を開示すべき理由は、財務諸表の内容を正しく把握するためです。関連当事者取引は、通常の第三者との取引条件とは異なった条件で行われ、直接の企業間の取引がない場合においても、関連当事者の存在が、会社の財務状況や業績を含めた経営全体に重要な影響を与え […]

決算修正について!前期損益修正損は、利益余剰金を使って今期で修正しよう

決算修正について!前期損益修正損は、利益余剰金を使って今期で修正しよう

株主総会で決定した前年度の決算に、誤りが見つかった場合、どうするべきでしょうか。もう覆せませんので、今期で修正しなくてはなりません。その修正を行う決算の処理が、前期損益修正損です。そして、前期損益修正損は、もう大企業では使えなくなっていますので、利益剰余金で処理することが大切になってきます。中小企業 […]

税理士が解説!月次決算のメリットと導入ステップ

税理士が解説!月次決算のメリットと導入ステップ

事業をしていれば最低でも年に1回は決算をしていると思います。年次で決算をすることで事業の状況を把握したり、それを株主などの外部利害関係者に伝えたりすることができます。もちろん、税務申告も年次決算を基にしているでしょう。 しかし、それとは別に月次で決算を組んでいる会社もあります。 これらの会社はなぜ月 […]

決算月の節税 ―経理担当者ならば知っておきたい節税テクニック―

決算月の節税 ―経理担当者ならば知っておきたい節税テクニック―

経理担当者として、決算月は腕の見せどころです。 棚卸表の作成や現金実査などの業務は当たり前。今回は、他の方よりも一歩進んだ経理担当者となれるよう、知っておきたい節税テクニックを紹介します。   決算月でのチェックリスト! まずは、下記のチェックリストで気になる内容、抜け漏れがある内容を確認 […]

決算前には必ずキャッチアップしておきたい、最近の税制改正5つ

決算前には必ずキャッチアップしておきたい、最近の税制改正5つ

毎年行われる税制改正ですが、近年は中小企業に影響が出る項目も多く経理担当者の皆様も注目しているところだと思います。 経理プラス:【経理ニュース速報】実効税率2.5%以上引き下げ!2015年度税制改正の方向性 定期的に知識のブラッシュアップが必要と分かっていても、経理の現場では日々のルーチンに加えて年 […]

【保存版】経理担当者が決算月に行わなければならない重要ポイント4つ

【保存版】経理担当者が決算月に行わなければならない重要ポイント4つ

日々のルーチン業務に追われる経理担当者の方にとっては、年に一度の決算は「忙しい」というだけのイメージをお持ちの方が多いと思います。 作業が多くなるという意味では忙しいのですが、年に一度の決算だからこそ重要な項目が多くあります。 今回は、決算を単なる作業として対応するのではなく、ワンランク上の経理担当 […]