「経営」カテゴリの記事:34件

記事一覧

経営力向上計画とは?制度の概要とお得な特典

経営力向上計画とは?制度の概要とお得な特典

中小企業向けの経営支援制度としてはじまった経営力向上計画。今回はその概要について確認をしていきましょう。 経営力向上計画とは? 経営力向上計画とは、中小企業の人材育成やコスト管理、生産性向上など経営力向上を目指して策定される計画書のことです。この計画書について国からの認定を受けた事業者は、税制上の特 […]

認定経営革新等支援機関とは?概要と利用するメリット

認定経営革新等支援機関とは?概要と利用するメリット

「認定経営革新等支援機関」という組織があります。経理処理をした結果を経営に活かすための様々なお手伝いをしてくれるところです。どんなことが頼めるのか、簡単に内容を確認していきましょう。 認定経営革新等支援機関とは? 経済状況が劇的に変化する中、中小企業は様々な経営課題に関して、柔軟かつ速度感をもって対 […]

経理担当者必見!繰越利益剰余金とは?

経理担当者必見!繰越利益剰余金とは?

日常的な経理処理ではあまり出てこない繰越利益剰余金という会計用語があります。一体どのような項目で、そこから何がわかるのでしょうか?今回はその点について確認をしていきましょう。 会計の目的は「期間損益計算」である 会計について、あらためて大前提を確認します。現在の企業会計は「適正な期間損益計算」を基本 […]

損益分岐点分析を理解しよう!損益分岐点比率、安全余裕率とは?

損益分岐点分析を理解しよう!損益分岐点比率、安全余裕率とは?

損益分岐点分析で何がわかる? 財務分析の方法の1つに損益分岐点分析があります。損益分岐点分析(CVP分析ともいいます)を知るには、まず、損益分岐点が何かを知らなければなりません。損益分岐点とは、その名の通り、会社の損益がゼロになる状態のことです。会社の損益がゼロというのは、費用の合計と売上高の合計が […]

ストックオプションにかかる税金 税制適格ストックオプションの方が得する?

ストックオプションにかかる税金 税制適格ストックオプションの方が得する?

ストックオプションってなに? ストックオプション制度とは、会社や従業員などに対して、将来においてあらかじめ決められた金額(権利行使価額といいます)で、決められた株式数まで、株式を取得する権利を付与する制度のことをいいます。ストックオプションを受け取った従業員などからすると、将来、自社の株価が上昇して […]

限界利益率と変動費率 計算方法とシーン別活用方法

限界利益率と変動費率 計算方法とシーン別活用方法

「限界利益率」、「変動費率」、「損益分岐点分析」という言葉を聞いたことがありますか。 企業間の競争が激しさを増すなか、これらの経営分析手法の必要性が年々高まってきています。 ここでは「限界利益率」と「変動費率」、「損益分岐点分析」について基本的な知識とそれぞれの計算式を確認した上で、企業経営にどのよ […]

固定費と変動費――なぜ固定費の引き下げが重要なのか?

固定費と変動費――なぜ固定費の引き下げが重要なのか?

今日、日本では好景気が続いているといわれていますが、中小零細企業においては厳しい景況感が続いています。そんな中、あらためて「無駄な費用を削る」ことについて検討している企業も多いのではないかと思います。今回はその見直しの一大観点である「固定費と変動費」について学んでいきます。 何のために費用を2つに分 […]

注文請書の経理上の正しい取り扱い方法

注文請書の経理上の正しい取り扱い方法

税務調査では収入印紙は必ずチェックされます。もし、必要な収入印紙が貼られていない場合は、本来貼るべき金額とその2倍のペナルティーが科せられ、3倍の費用が発生します。しかも、そのペナルティーは税務上、損金にはなりません。そこで、今回は判断に迷いやすい注文請書に関する収入印紙、貼る金額について理解を深め […]

限界利益とは?固定費と変動費を区別する損益分岐点分析の有用性

限界利益とは?固定費と変動費を区別する損益分岐点分析の有用性

管理会計の代表的な分析手法の一つに、「損益分岐点分析」があります。 損益分岐点は、損失となるか利益となるかの分かれ目となる営業量(たとえば売上高や販売数量など)の採算点と言えます。この損益分岐点の分析を行う上で重要になるのが、売上高から変動費を控除した、「限界利益」です。 今回は 「限界利益」 と「 […]