経理豆知識

経理業務にまつわる豆知識をご紹介しています。軽減税率や重加算税、法律など、経理の実務を進める上で担当者が知っておくべき制度のほか、仕訳処理の方法や経理業務を効率化するためのコツ、基礎知識、ステップアップするための情報もお届けします。最新の情報をピックアップしていくので、日々の情報収集にお役立てください。

経理豆知識 カテゴリ一覧

新着記事一覧

年末調整の失敗事例集−押さえておきたい重要ポイント—

年末調整の失敗事例集−押さえておきたい重要ポイント—

年末調整の作業はしっかり進んでいますか?年末調整が予定通り進まなかった例を見てみると、ボトルネックとなる項目は限られた一部であるケースがほとんどです。本来ならば、資料が揃い、毎年と同じ処理を行い、予定通りスムーズに終わるはずなのですが、実際には全体のうち限られた一部の項目のせいで年末調整全体に悪影響 […]
今年も年末調整がやってくる —概要のおさらいと、押さえておきたいポイント—

今年も年末調整がやってくる —概要のおさらいと、押さえておきたいポイント—

毎年10月を過ぎると、会社員にとっては還付が楽しみな年末調整の時期が近づいてきます。 一方で、経理担当者にとっては日常業務に加えて年末調整業務が加わる、決算期並に忙しい時期かと思います。 今回の記事では、年末調整には重要な意味があることを改めて認識して頂き、スムーズに終わらせるために今から押さえてお […]
【経理ニュース速報】オリックスが会計ソフト「弥生」を800億円で買収−背景とその狙いとは?—

【経理ニュース速報】オリックスが会計ソフト「弥生」を800億円で買収−背景とその狙いとは?—

総合リース業で国内首位の売上を誇るオリックスは11月13日、会計ソフト大手の弥生を買収すると発表しました。買収金額は約800億円。年内でMBKパートナーズより弥生の株式99.9%を取得し、顧客基盤の拡大と非金融分野の事業拡大を狙います。 [引用]オリックスは小規模事業者向け業務ソフトウエア大手の弥生 […]
【経理ニュース速報】実効税率2.5%以上引き下げ!2015年度税制改正の方向性

【経理ニュース速報】実効税率2.5%以上引き下げ!2015年度税制改正の方向性

先日、2015年度の税制改正で、実効税率を2.5%以上は引き下げることを目指すという方針が表明されました。 [引用]宮沢洋一経済産業相は10日、経団連の榊原定征会長ら幹部との会談で、2015年度税制改正の焦点となっている法人税について「来年度から少なくとも2.5%以上は実効税率を下げることを目指し、 […]
【経理ニュース速報】来年から領収書はスキャン後即廃棄へ?電子帳簿の規制緩和方針を発表

【経理ニュース速報】来年から領収書はスキャン後即廃棄へ?電子帳簿の規制緩和方針を発表

先日、これまで3万円未満しか認められていなかった領収書の電子保存が、2015年以降3万円以上のものについても認める方針が政府より発表されました。 [引用]政府は税務調査の証拠となる領収書や契約書の原本を原則7年間保管するよう企業に義務付けた規制を2015年にも緩める方針だ。3万円以上の場合に紙のまま […]
経理コストは3%以内が常識!?適切な経理コストの考え方とは

経理コストは3%以内が常識!?適切な経理コストの考え方とは

みなさんは会社の経理コストがどれくらいかかっているかご存知ですか?計算されてみたことはありますか?恐らく計算されたことがない方々がほとんどだと思います。 今回は「経理担当者がどんな業務をしていて、そのコストはどれくらいかかっているのか?」、「どれくらいのコストが適切なのか?」を把握することで、今後の […]
5分で分かる!損益分岐点分析(CVP分析)の基本知識

5分で分かる!損益分岐点分析(CVP分析)の基本知識

適切な業績評価は、会社が成長するために不可欠なことですが、「業績」とは一体どのような概念なのでしょうか?ここでは、業績の意味について考え、会社の成長に役立つような業績評価の方法の一つである「損益分岐点分析(CVP分析)」について紹介します。 会社の「業績」とは 「業績」は、「企業活動により如何に効率 […]
上乗せ措置とは?知っておきたい中小企業投資促進税制のキホン

上乗せ措置とは?知っておきたい中小企業投資促進税制のキホン

中小企業投資促進税制とは中小企業の生産性向上のための設備投資を即時償却や税額控除で支援する税制措置です。設備投資金額を早期に損金とできるため、設備投資時点の資金負担を実質的に軽減させる効果が期待されます。 「中小企業投資促進税制」とは? 「中小企業投資促進税制」の対象企業であれば、下記のような「特別 […]
交際費等の損金不算入制度改正による影響とは?

交際費等の損金不算入制度改正による影響とは?

従来、一定の場合を除き損金不算入だった交際費に関する税制が、2014年(平成26年)の所得税法等の一部改正により消費促進のために緩和されました。ここでは改正のポイントについて解説します。なお、損金不算入制度は2020年(令和2年)3月31日まで適用期間が延長されており、以降の期間についても2年延長さ […]