「財務」カテゴリの記事:65件

記事一覧

経営の「コスパ」を測る効率性分析!気になる投下資本の回転率は?

経営の「コスパ」を測る効率性分析!気になる投下資本の回転率は?

管理会計の代表的な分析手法の一つに、「効率性分析」があります。 効率性分析とは、事業の元手である投下資本(資産・負債)をどのくらい効率的に活用して、売上高や利益を生み出しているかを分析する手法の総称です。 小さい投下資本で大きな利益を生む事業の効率性は高く、大きな投下資本で小さな利益しか生まない事業 […]
安全性分析とは?企業の倒産リスクを評価する手法

安全性分析とは?企業の倒産リスクを評価する手法

管理会計の代表的な分析手法の一つに、「安全性分析」があります。安全性分析とは、企業の倒産リスクを評価する手法の総称です。 今回はこの安全性分析の手法について、詳しく見ていきましょう。 安全性分析とは何か 安全性分析とは、企業の倒産リスクを評価する手法の総称です。狭義には、企業の支払能力(solven […]
管理会計の代表格「収益性分析」とは?

管理会計の代表格「収益性分析」とは?

管理会計の代表的な分析手法の一つに、「収益性分析」があります。収益性分析とは、企業の総合的な利益創出力を評価する手法の総称です。 管理会計の代表的な分析手法には、安全性分析や効率性分析などが挙げられますが、ある意味、これらの分析よりも重要なのが収益性分析です。その理由は、どれほど安全性が高く、効率性 […]
資本金の増資って?概要とメリット・デメリット

資本金の増資って?概要とメリット・デメリット

資本金と資本準備金 資本金とは 会社法第445条第1項では、「株式会社の資本金の額は、設立又は株式の発行に際して株主となる者が、当該株式会社に対して払込み又は給付をした財産の額とする」と定義されています。会社が事業を進めるうえでは、事業の元手が必要となります。元手は外部から借りることもできますが、そ […]
信用調査依頼が来た際に注意すべきポイント

信用調査依頼が来た際に注意すべきポイント

企業間の取引が増えてくると、帝国データバンク等の信用調査会社からの取材依頼・書類依頼が来ることがあります。そういった問い合わせがあると、対応するのは経理や総務など、バックオフィス業務を担うスタッフです。今回は、いざ信用調査会社から連絡が来た際に、どう対応すべきかについて、具体的に解説します。 信用調 […]
財務分析の全体像財務分析によって明らかになる企業の収益性・安全性・効率性

財務分析の全体像財務分析によって明らかになる企業の収益性・安全性・効率性

これからの会計に求められていることは、企業の経営に対しての貢献です。税務申告のための会計は、IT化が進んでおり、人間が行う必要はなくなってきます。そこで、今回は、会計を企業経営に役立てるための財務分析について紹介していきます。 企業に必要とされる財務分析とは 会計のIT化が進む中で、会計自体の価値が […]
設備投資を行う上で経理担当が知っておきたい3つのポイント

設備投資を行う上で経理担当が知っておきたい3つのポイント

設備投資は一般的に大きな投資である場合が多く、会社の経営戦略に関わってくることがあります。しかし、設備投資を行う時に経理担当者がやるべきことを聞かれても、経験者でないとピンときませんよね? 実際は、設備投資によって生まれる収益から、材料費や減価償却費、支払利息などの増加する経費を長期間にわたってシミ […]
有償減資のみなし配当 計算方法とその手続きまとめ

有償減資のみなし配当 計算方法とその手続きまとめ

減資は有償であれ無償であれ会社法上の手続きです。企業会計も会社法も元手とその成果を明確に区分するという立場を取り、法人税法も基本的に同じ立場です。しかし、企業会計や会社法にない「みなし配当」という概念が法人税法にはあります。この「みなし配当」は、有償減資で金銭などを受け取る側である株主が納めるべき税 […]
ポイント解説!減資時の仕訳(会計処理)方法

ポイント解説!減資時の仕訳(会計処理)方法

会社法が施行された2006年より様々な目的での減資手続きが認められるようになり、これに伴い多くの会社が複雑なスキームの減資を行うようになりました。一方、減資の会計処理のパターンは増えているものの、きちんと整理することができれば簡単に理解することができます。本稿では、減資のパターン別にその仕訳(会計処 […]
経理担当者の出世スキルとしての財務分析

経理担当者の出世スキルとしての財務分析

経理部門の仕事は、財務諸表(P/L,B/S)を作ることです。経営者は、その財務諸表を閲覧し、経営上の課題を発見し、経営活動に活かすことが求められます。しかしながら、経営者は必ずしも財務の専門家ではないため、自社の財務諸表から経営上の課題を発見できるとは限りません。そこで経理担当者に求められることは、 […]