「減価償却」カテゴリの記事:15件

企業の会計処理上で重要なキーワードとなる、固定資産や減価償却について詳しく解説しています。難解かつ複雑なルールを正確に把握し、正しく申請できるように必要な処理方法や、計算する際に気をつけた方が良いポイントと、取り扱い方についてご紹介しています。また、資産ごとに定められている耐用年数に関する情報もお届けします。

記事一覧

一括償却資産とは?償却方法と少額減価償却資産との違いを解説

一括償却資産とは?償却方法と少額減価償却資産との違いを解説

一括償却資産とは何か?少額減価償却資産との違い 一括償却資産とは、取得価額が10万円以上20万円未満の資産について、個別に減価償却をせずに、使用した年から3年間にわたって、その年に一括償却資産に計上した資産の取得価額の合計額の3分の1を必要経費に計上していくもののことをいいます。 これに対して少額減 […]
減価償却を完全マスター 計算する際に気を付けたいポイント3つ

減価償却を完全マスター 計算する際に気を付けたいポイント3つ

建物や機械装置などの有形償却資産は、原則として代金を支払ったときに費用計上するわけではありません。 なぜなら、それら有形償却資産を使って生み出される商品やサービスを販売したときの売上は、有形償却資産を購入した期だけではなく、その翌期も翌々期もずっと発生するためです。会計上は費用収益対応の原則というも […]
減価償却の定率法ほか、固定資産取得に関する償却や会計処理について

減価償却の定率法ほか、固定資産取得に関する償却や会計処理について

固定資産は購入した期に全額費用化できるわけではありません。一般的に使用期間が長期にわたるため(1年超)、耐用年数に応じて、毎年少しずつ費用化していきます。これが、減価償却です。減価償却を伴う固定資産に係る会計処理は、会計独自の思想を含みますので最初は難しいのですが、できるだけ簡単に説明していきたいと […]
ルールが細かい減価償却費!税務調査で指摘されやすいポイントと対策

ルールが細かい減価償却費!税務調査で指摘されやすいポイントと対策

減価償却費はルールが複雑です。そのため、税務調査で「知識不足による誤った判断」を指摘されることが多いので注意が必要です。 今回の記事では、税務調査で指摘されやすいポイントについて、前提となるルール、経理担当者が気を付けなければならないポイントについてお伝えします。 税務調査の実態 ―減価償却費のミス […]
少額減価償却資産の基本と応用 ―決算月の節税も!日常の経理処理も!―

少額減価償却資産の基本と応用 ―決算月の節税も!日常の経理処理も!―

税務に関わっている経理担当者の方であれば、大まかに「30万円未満ならば全額費用にできる」ことはご存知かと思います。「少額減価償却資産」は日々の経理処理を簡単にしてくれる経理担当者の味方ですが、上手に活用することで節税の味方にもなります。 今回は、少額減価償却資産の基礎的な説明と、実務で注意したいポイ […]