「法令」タグの記事

e-文書法と導入における電子署名・タイムスタンプの役割とは

e-文書法と導入における電子署名・タイムスタンプの役割とは

「e-文書法」という言葉をご存知でしょうか。これは、法的保存が義務とされている文書をすべて電子化保存してもよいと認めた法律です。電子文書での保存によるメリットも有りますが、「誰が作ったかわからない」「改ざんの可能性がある」等の問題点も抱えています。電子文書が本物であることを立証するための技術が、「電 […]

【セミナーレポート】電子帳簿保存法の最新動向と、経費精算業務の未来像 -スキャナ保存申請に対応した経費精算の運用事例をご紹介―

【セミナーレポート】電子帳簿保存法の最新動向と、経費精算業務の未来像 -スキャナ保存申請に対応した経費精算の運用事例をご紹介―

こんにちは。経理プラス編集部です。 7月22日(金)に「電子帳簿保存法の最新動向と、経費精算業務の未来像 -スキャナ保存申請に対応した経費精算の運用事例をご紹介―」というセミナーを開催いたしました。 「経理プラス」が主催する初めてのセミナー。今回はその様子をレポートさせていただきます。   […]

ケース別、連結納税制度の導入事例

ケース別、連結納税制度の導入事例

新日本有限責任監査法人 ナレッジセンター・リサーチが、平成24年4月~平成25年3月期の有価証券報告書を対象に、連結財務諸表の作成のための基本となる重要な事項、重要な会計方針、追加情報の中から連結納税制度を採用している会社を調べ、【一覧】連結納税制度採用会社調査を2013年12月4日付で公表しました […]

「e-文書法」と「電子帳簿保存法」の違いとは?文書のスキャナ保存、電子化について

「e-文書法」と「電子帳簿保存法」の違いとは?文書のスキャナ保存、電子化について

経理関係の文書を電子化しようとする場合、避けては通れないのが文書の電子化に関連する法律です。電子化を検討している文書が法律で保存を義務化されている場合、その規定を頭に入れておくことで、より具体的に計画をすすめることができます。今回は、「e-文書法」と「電子帳簿保存法」を、その違いに触れながら紹介しま […]

法人税実効税率の推移と展望。平成28年度の変更で20%台に!

法人税実効税率の推移と展望。平成28年度の変更で20%台に!

平成28年度の税制改正では、法人税率がさらに引き下げられます。実効税率も、とうとう20%台になることが判明しました。平成28年度の税制改正の要点と合わせて、これまで日本の法人税はどのように変動してきたのか、その推移を解説します。   安倍首相が目指す「法人税 実効税率20%台」 法人が負担 […]

連結納税制度を導入すべき会社とは

連結納税制度を導入すべき会社とは

連結納税制度導入のメリットとデメリットは、制度に加入する連結親法人と連結子法人がそれぞれ個別に法人税の申告を行う場合と連結納税制度を導入すべき会社は、換言すれば、それによりメリットを受けることができる会社ということです。先に見た連結納税制度のメリットがデメリットを上回るのみならず、経営上もメリットと […]

IFRS(国際会計基準)とは?いまさら聞けない概要と導入のメリット・デメリット

IFRS(国際会計基準)とは?いまさら聞けない概要と導入のメリット・デメリット

最近、IFRS(アイファース、イファース)という言葉をよく耳にしますが、IFRSとはなんなのでしょうか。世界共通の会計基準が存在するとどんなメリットがあるのでしょうか。IFRSの現在の我が国の動向とともにメリット・デメリットについて考えたいと思います。   国際会計基準(IFRS)とは 国 […]

マイナス金利が銀行融資に与える影響とは?

マイナス金利が銀行融資に与える影響とは?

日銀がマイナス金利を導入 日銀は2月16日から金融機関が日銀に預けるお金の一部にマイナスの金利をつける「マイナス金利政策」を始めました。日銀の政策目標は〝”物価の安定との2%の「物価安定の目標」”となっています。しかるに、昨今の一段の原油安に加え、中国をはじめとする新興国・資源経済に対する先行き不透 […]

連結納税制度導入のメリットとデメリット

連結納税制度導入のメリットとデメリット

連結納税制度導入のメリットとデメリットは、制度に加入する連結親法人と連結子法人がそれぞれ個別に法人税の申告を行う場合と比べて検討すると判り易いでしょう。次に示すように、明らかなメリット、明らかなデメリット、そしてメリットにもデメリットにもなり得るグレーなものが存在します。   連結納税制度 […]

平成28年度税制改正情報 -法人税・欠損金編-

平成28年度税制改正情報 -法人税・欠損金編-

平成28年度の税制改正大綱が平成27年12月に公表されました。 今回は法人実効税率を20%台にするということと引き替えに課税ベースの拡大が実施されました。その中でも実務上大きな影響を及ぼすのが欠損金の制限です。 今回は、繰越欠損金の控除上限の段階的縮減を中心にお話しをしたいと思います。   […]