「法令」タグの記事

全ての事業者に必須!消費税軽減税率対策

全ての事業者に必須!消費税軽減税率対策

消費税引き上げの延期が発表され数ヶ月が経ちました。平成31年10月より10%に引き上げられる消費税。それに伴い一定の品目の消費税については軽減税率である8%が適用されます。 本稿では、消費税の軽減税率制度を概説した後、事業者の方がどのような対策をすれば良いかについて説明したいと思います。 消費税軽減 […]

消費税の簡易課税と原則課税、どっちがお得?事業区分に注意して賢く節税

消費税の簡易課税と原則課税、どっちがお得?事業区分に注意して賢く節税

消費税の納付額は通常、 課税売上等に係る消費税額(預かり消費税)-課税仕入れ等に係る消費税額(支払消費税) で計算されます(原則課税)。 しかし、基準期間の課税売上高が5,000万円以下であれば、原則課税か簡易課税か事業者がお得な方を選べますし、簡易課税を選択すれば、支払消費税にかかる帳簿付けも必要 […]

移転価格税制について経理が知っておくべきポイント

移転価格税制について経理が知っておくべきポイント

移転価格税制とは ベンチャー企業でそろそろ海外進出も視野に入れ始めている、という会社に勤めている方は、経理として移転価格税制に関する知識を付けておいた方がいいかもしれません。移転価格税制とは、海外に設立した子会社との取引について生じる価格を操作し、海外に所得を移転してしまうことを取り締まるための税制 […]

平成28年度の税制改正で経理担当者が知るべき5つの要点

平成28年度の税制改正で経理担当者が知るべき5つの要点

平成28年度の税制改正の要点は、すでに理解していますか? 経理担当者であれば、最低限の知識は得ていることと思います。 しかし、税制改正について詳しく知りたいけど、時間がなくて情報収集する時間がないといった方も中にはいるのではないでしょうか? すこしだけ補足すると、たとえば法人税については、法人実効税 […]

2016年10月開始!社会保険の適用拡大に伴う想定QA集

2016年10月開始!社会保険の適用拡大に伴う想定QA集

2016年10月から、パートタイマーの健康保険・厚生年金保険の適用拡大が行われます。これに伴い、従業員数501人以上の企業の場合は、パートタイマー職員への説明、対応が必要となります。今回は、近づいてきた制度実施に備え、制度概要や実務上の問題点を解説します。   社会保険の適用拡大で具体的に […]

e-文書法における電子署名やタイムスタンプの役割とは

e-文書法における電子署名やタイムスタンプの役割とは

「e-文書法」という言葉をご存知でしょうか。これは、法的保存が義務とされている文書をすべて電子化保存してもよいと認めた法律です。電子文書での保存によるメリットも有りますが、「誰が作ったかわからない」「改ざんの可能性がある」等の問題点も抱えています。電子文書が本物であることを立証するための技術が、「電 […]

【セミナーレポート】電子帳簿保存法の最新動向と、経費精算業務の未来像 -スキャナ保存申請に対応した経費精算の運用事例をご紹介―

【セミナーレポート】電子帳簿保存法の最新動向と、経費精算業務の未来像 -スキャナ保存申請に対応した経費精算の運用事例をご紹介―

こんにちは。経理プラス編集部です。 7月22日(金)に「電子帳簿保存法の最新動向と、経費精算業務の未来像 -スキャナ保存申請に対応した経費精算の運用事例をご紹介―」というセミナーを開催いたしました。 「経理プラス」が主催する初めてのセミナー。今回はその様子をレポートさせていただきます。   […]

ケース別、連結納税制度の導入事例

ケース別、連結納税制度の導入事例

新日本有限責任監査法人 ナレッジセンター・リサーチが、平成24年4月~平成25年3月期の有価証券報告書を対象に、連結財務諸表の作成のための基本となる重要な事項、重要な会計方針、追加情報の中から連結納税制度を採用している会社を調べ、【一覧】連結納税制度採用会社調査を2013年12月4日付で公表しました […]

「e-文書法」と「電子帳簿保存法」の違いとは?文書のスキャナ保存、電子化について

「e-文書法」と「電子帳簿保存法」の違いとは?文書のスキャナ保存、電子化について

経理関係の文書を電子化しようとする場合、避けては通れないのが文書の電子化に関連する法律です。電子化を検討している文書が法律で保存を義務化されている場合、その規定を頭に入れておくことで、より具体的に計画をすすめることができます。今回は、「e-文書法」と「電子帳簿保存法」を、その違いに触れながら紹介しま […]

法人税実効税率の推移と展望。平成28年度の変更で20%台に!

法人税実効税率の推移と展望。平成28年度の変更で20%台に!

平成28年度の税制改正では、法人税率がさらに引き下げられます。実効税率も、とうとう20%台になることが判明しました。平成28年度の税制改正の要点と合わせて、これまで日本の法人税はどのように変動してきたのか、その推移を解説します。   安倍首相が目指す「法人税 実効税率20%台」 法人が負担 […]