12月10日(火)開催
経理プラスサミット 2019Winter
~2020年こそバックオフィス改革!~

概要

日程 2019年12月10日(火)14:00~17:30(開場:13:30)
場所 ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター
東京都港区六本木3-2-1住友不動産六本木グランドタワー9階[MAP]

※ベルサール六本木とは違う会場になりますのでご注意ください。
対象者 経理業務を効率化したいとお考えの方
定員 150名
参加費 無料

プログラム

14:00~15:00
経費精算の面倒から経理を開放!
~面倒な手作業や確認を1/4に削減した方法とは!?事例企業がセキララにトーク~

経理担当者がもっともムダやストレスを感じる業務=経費精算。
仕訳や会計ソフトへの入力、振込データの作成も含めると、その処理件数は膨大なものに・・・。
迫る期限、繰り返されるミス、面倒な確認や差し戻しの数々…。その気持ち、痛いほど分かります!

そこで本セミナーでは、経理を悩ませる経費精算業務にスポットを当て、システム化により作業工数を1/4にまで劇的に効率化させる方法をたっぷりと紹介します。
2020年に向け経理が知らなきゃ損をする、面倒な作業から解放されるためのヒントを今こそ掴んでみませんか?

【スペシャルゲスト・事例企業担当者様がご登壇!】

当日は経費精算の超効率化に成功した企業の担当者様が特別にご登壇!
導入前の課題やシステム化によって実感できた効果、社内調整や導入設定時のエピソード、苦労したことやコスパにまつわる話題まで普段はなかなか聞けない経験者の“生の声”をお届けします!

15:15~15:45
“脱手作業”で経理の生産性を20倍にした事例をご紹介

2019年4月より有給休暇の取得が義務化されたり、残業時間の罰則付き上限制限が設けられたりとますます進む働き方改革ですが、みなさんの経理部門ではどのような取り組みを行っていらっしゃるでしょうか。

請求書や納品書、支払明細といった帳票にまつわる業務においては、システム化が進んでいる企業であっても、経理担当が印刷し、封筒に入れ、発送する・・・このような手作業が残り続けています。

本講演では、帳票のWEB発行・発送サービスを利用し手作業を廃止したことで、 当該業務の生産性を20倍以上に改善し、大幅なコスト削減を実現した、業務改善事例をご紹介いたします。

15:45~16:15
いまさら聞けない電子申請義務化 ~社会保険手続きは紙から電子へ~

厚生労働省が定めた、社会保険手続きの電子申請義務化は、バックオフィス業務における業務改善の大きな後押し!

社会保険手続き業務は、手作業が多く、面倒でミスも発生しやすい業務です。
そんな行政や年金事務所、ハローワークとのやり取りを電子化することで、手間なくミスなく簡単に手続きを行うことができます。

本セミナーでは、

・なぜ、電子申請が義務化されるのか?
・義務化対象となる企業や範囲は?
・電子申請の概要
・システム導入で得られるメリット

など、どの企業でも必ず発生する社会保険手続きや、関連する社員情報の収集や管理などを効率化する方法を伝授します!

16:15~17:00
無料相談会

画面を直接ご覧いただきながら、スタッフが様々なお役立ち機能をご案内するデモンストレーションや、個別の無料相談会も行います。
講義で気になったことや自社でのお悩み事などございましたら、この機会にぜひご相談ください!

お申し込みフォーム

※ 同業・営業目的の方はご参加をお断りさせていただきます。
※ 応募者多数の場合、抽選となる場合がございますのでご了承ください。