「経理部だけ昭和」 CM制作秘話!

「経理部だけ昭和」 CM制作秘話!

こんにちは。経理プラス編集部です。

「経理プラス」を運営するラクスでは、提供システムのCMを随時放映しております。
今回はその中から反響の大きい、経費精算システム「楽楽精算」 のTVCMの見どころと、作成背景をご説明します。

TVCM「経理部だけ昭和」編

「経理部だけ昭和」編制作背景

さまざまな働き方が選択されるようになった昨今、経理部においては、経費精算をはじめ紙で処理する業務がいまだ残っており、多くの経理担当者が「出社しなければならない」状況にあります。
紙ベースの経費精算は、働き方の選択肢が狭められてしまうだけでなく、ミスが起こりやすかったり、その確認や修正に時間がかかったりと、課題がつきまといます。「楽楽精算」 はそんな経費精算の課題を解決し、「出社しない」選択ができる状態を作ることができます。
「当たり前と思ってしまっていることや、それによって働き方が限定されてしまう状況は変えることができる」ということを、多くの方に知っていただきたい、そのような想いから今回のテレビCMの制作に至りました。

CMストーリー

経理部の滝藤さんと横澤さんは、他の部署がテレワークをしている中、出社を強制されています。その理由は経費精算業務にまつわる紙書類の対応!
オフィスに一歩足を踏み入れると、そこは、まるで昭和にタイムスリップしたかのように紙が積みあがっています。経費精算申請書の確認に領収書のファイリング、FAXで届いた請求書の処理と、滝藤さんから次から次へと紙書類の処理を頼まれた横澤さんは、滝藤さんがばらまいた紙に埋もれて「そんなバナナ…いまだに紙とかわけワカメ!意味フミ子!」と、つい不満も昭和のギャグになってしまいます。
最後は経費精算システム「楽楽精算」 を使ってペーパーレス化を実現した、滝藤さんと横澤さんの令和の働き方にも注目です。

昭和から令和の経理になるために

申請書の確認、領収書のファイリング、請求書の整理などCM内でも滝藤さんが叫んでいる通り、従来の経理業務は紙作業が多く存在していました。横澤さんのように「いまだに紙とかわけワカメ!意味フミ子!」と叫びたくなった経験がある方も多いのではないでしょうか。
テレワークを導入している企業の中でも、
経理部門で紙が残っている手続きの中には「経費精算」や「取引先への支払い」、「請求書などの帳票保存」があります。しかし、これらの処理は「楽楽精算」 を用いることで簡単にデジタル化することができます。
領収書やクレジットカードや電子マネーでの決済は、領収書の画像データをシステムへアップロードしたり、クレジットカードのWEBサイトとシステムを連携することで自動的に電子帳簿保存法対応の電子保存が可能になります。それにより、請求書等の電子取引と同様に扱うことが可能です。
経費精算システム「楽楽精算」 では、領収書をデータ化する際スマホのカメラで撮影し、写真をそのままアップロードすることで領収書の電子保存が完了し、精算金額を集計しネットバンクを通して振り込み手続きの準備まで行うことができます。さらに、できあがった経費のデータは会計ソフトと連動することで面倒な仕訳入力も自動化することができます。

>>「楽楽精算」の電子帳簿保存法対応機能について詳細を見る

また、受領した請求書については、メールに添付された電子請求書(PDF)のアップロードの自動化や、アップロードされた請求書の記載内容を自動で読み込んだ上で、経費精算を紐づけることが可能になります。経費精算業務における電子帳簿保存法のスキャナ保存においても同時に対応が可能なため、複数のシステムを用いることなく、一度にペーパーレス化を進めることができます。経費精算システム「楽楽精算」 を用いた場合には、受領請求書の処理業務において発生する、取引先や金額などの情報の手入力や、手入力により生じる入力ミスの確認・修正などの工数を約66%削減することができたというデータもでています。

>>電子帳簿保存法に対応!「楽楽精算」の「請求書処理支援機能」の詳細はこちら

もし今もっと楽に働けるようになりたい、ペーパーレス化を進めたいとお考えの方がいらっしゃれば、現在はオンラインでの勉強会も数多く行っておりますので、お気軽にご参加ください。

経理プラス:経理のテレワークで困る「紙」や「外部とのやりとり」を解決しよう

>>経費精算のペーパーレス化、電子帳簿保存法対応を検討しているなら、国内導入社数No.1※の経費精算システム「楽楽精算」

※デロイト トーマツ ミック経済研究所「電帳法対応進むクラウド型経費精算システム市場の実態と展望」(ミックITリポート2021年6月号: https://mic-r.co.jp/micit/)より

この内容は更新日時点の情報となります。掲載の情報は法改正などにより変更になっている可能性があります。

経費精算システム「楽楽精算」

著 者 経理プラス編集部

経理プラスは経理担当者様向けに日々の業務のプラスになるお役立ち情報をお届けします。