「中小企業の会計に関する指針」 かんたん解説 -収益・費用の計上編-

sample画像

「中小企業の会計に関する指針」は、日本税理士会連合会、日本公認会計士協会、日本商工会議所及び企業会計基準委員会の4団体が、法務省、金融庁及び中小企業庁の協力のもと、中小企業が計算関係書類を作成するに当たって拠るべき指針を明確化するために作成したものです。

その中でも「収益・費用」は企業がこの1年間の企業活動の成績を適正に評価するために、しっかりとした「認識」基準と「測定」基準をもつことが重要なポイントとなります。それぞれの基準を定めるためのポイントをわかりやすく説明いたします。

お役立ち資料無料ダウンロード